記事

「汚染水」と闘って逝った福島「漁協組合長」が残した「宿題」 - 寺島英弥

1/3

水揚げされたコウナゴに安堵の笑顔を浮かべるありし日の佐藤さん(筆者撮影、以下同)

 東京電力福島第1原子力発電所事故から6年を過ぎた今年5月20日、1人の海の男が逝った。福島県内で3年続けて漁獲1位になった底引き漁船長から、原発事故後は被災地となった相馬・双葉地方の漁協組合長に。海の汚染のため操業自粛を強いられた仲間を引っ張り、再生の希望を懸けた「試験操業」を進めてきた。原発からの度重なる汚染水流出、風評問題に苦悩。がんを抱えて東京電力、政府との交渉に心労を重ねた。「身体の不調を隠し、余命を測りながら最後の日々を生きた」と周囲は語る。

 悲願であった福島の漁業の復興へと闘い抜いたのが、佐藤弘行さん(61)だ。

「非常時」を終わらせる

 筆者が最後に取材したのは、東日本大震災から7年目を迎えたばかりの今年3月13日朝。「春告魚」であるコウナゴ(小女子)の試験操業が初日を迎えて、早朝から漁場に出た小型漁船団が相馬市・松川浦漁港に帰り、体長4、5センチの透明な小魚がいっぱいの箱を続々と水揚げした。津波で全壊し、昨年9月に再建がなった4800平方メートルの荷さばき場(相馬原釜地方卸売市場)で、初物のコウナゴは地元の仲買業者たちの競り入札に掛けられた。大震災、原発事故前から6年ぶりの競りだった。威勢の良い掛け合いの復活を、佐藤さんは笑顔を浮かべて見守った。

「競りは市場の当たり前の営み。地元の海の魚が競り合いで買われれば、相馬の魚が安全、安心であると消費者にも伝わる。試験操業という形で水揚げは少ないが、6年間の『非常時』を終わらせ、福島の漁業を正常化させる節目だ。国の復興支援でようやく再建した魚市場を生かしていかねばならない。何よりも漁業者、地元の仲買人たちが活気づくよ」

 試験操業は原発事故後、同漁協が漁業再開を目指して検討委員会を結成。福島県水産試験場と協力してのモニタリング捕獲調査で「放射性物質が3回続けて不検出」の魚種に限り、同県の監督機関の下で「本操業に向けた試験」として限られた漁獲を、2012年6月、ミズダコ、ヤナギダコなど3魚種から始めた(いわき市漁協も2013年10月から)。継続調査で「安全」を確認できた魚介類を漁獲対象に加え、現在は97魚種まで増やした。震災前に獲れた魚種のほぼ9割まで回復し、悲願とする本操業へと、漁師たちの思いは募る。

 試験操業で獲れた魚介類は、福島県産のコメなどと同様に厳しい放射性物質検査を経て、福島県内の鮮魚店やスーパーをはじめ、東京以遠にも出荷されているが、実情は「試験流通」。通常の競り入札ではなく、漁協が各地の仲買業者に売り込み、「買ってもらう」ための相対取引だった。

「相馬のカレイ、ヒラメ、カニ」などは全国ブランドだったが、品質や安全性には「風評」を織り込んだ値付けが定着し、「県外では福島産というだけで相場より安く買われる」という憤りや諦めが漁師たちにあった。「『非常時』を終わらせ、福島の漁業を正常化させていく」という佐藤さんの強い決意が、競り入札の復活に込められていた。

「俺たちは目の前の試験操業に懸命で、誰も競り入札なんて考えつかなかった。組合長だけが一歩先を見て決断したんだ」。コウナゴ漁を担った原釜小型船主会会長の今野智光さん(58)はこう語った。「試験操業も原発事故の後、組合長が先頭に立って漁師たちを引っ張って始めた。あんにゃ(兄貴)がいなきゃ、何も始まらなかった」。

実力トップの漁師

 今野さんにとって、佐藤さんは年上のいとこ。同じ浜で家も近く、昔から「あんにゃ」と呼ぶ頼りになる存在だった。漁港の奥に広がる景勝地・松川浦(汽水の潟)の外れに、佐藤さんの弟で沖合底引き船長の幸司さん(58)の家があり、8月上旬、今野さんと一緒に話をしてもらった。「昭和62年度 3年連続優勝 宝精丸 相馬原釜漁業協同組合」。

紫紺の優勝旗の傍らに集う家族写真が、家の居間に飾ってある。宝精丸は佐藤家が船主の底引き船。優勝者である佐藤さんが若々しく誇らしげに、幸司さんら2人の弟や奥さんたち、父親の弘さん(故人)ら両親と並ぶ。弘さんも元漁船長で、旧相馬原釜漁協組合長(2003年に近隣6漁協と合併し相馬双葉漁協に)を3期務めたリーダーだった。


佐藤さんの思い出を語る弟の幸司さん(左)と今野さん

「漁師の長男は船に乗るのが当たり前の環境だった」と今野さんは言うが、佐藤さんは中学の担任から進学を勧められ、宮古市の宮古海員学校(現国立宮古海上技術短期大学校)に入った。が、1年で中退して帰ってきた。「後継者になるという自負が、兄は大きかったのだろう。16歳で父の船に乗った」と幸司さん。当時の底引き船は10キロほどの沖合でアイナメ、メバルなど近海ものを獲ったが、1980年代から漁船の機械化、大型化が進んで茨城県沖まで漁場が広がり、魚種もマツバガニや毛ガニ、メヒカリなどが増えて、漁協全体の漁獲高も総額60億円を超えた。

「資源量の豊かさに加えて、相馬の漁師は漁の仕方がうまかった。網1つ取っても、専門業者から買っている他県の浜と違い、経験上の工夫を入れて自分で編んだ。船に泊まり込んで仕掛け作りに没頭した」と今野さんは言う。

 その旗頭が宝精丸の佐藤さんだった。2年遅れて同じ船に乗った幸司さんは甲板長として兄を助けた。「漁に関して、兄はがむしゃらだった。寝る時間を惜しんで船で1日を過ごし、道具を手作りしていた」と言う。若いころ、大しけに3回も遭ったという。「他の船が帰港していく中、金華山の沖に頑張って網を流していたら、強風が吹いて海が真っ白に波立った。網をパラシュートのように広げて漂いながらしのぎ、無事に帰った。クリスマス台風(1980年)では、大しけの海上で30時間をしのいだ。

それらの経験から、兄は天気を読む名人になり、危険を避ける勘が誰よりも働いた」。船長の判断1つに乗組員の命、家族の暮らしが懸かった。海底の見えない岩礁に網を引っかければ、そこの海域の地形を忘れず、次には巧みに岩礁を避けながら網を引いて大漁をやり遂げた。

「漁師は実力の世界。漁ができない者は相手にしてもらえず、言葉も聞いてもらえない。あんにゃはトップの人。とても怖い存在で、笑った顔をめったに見たことがない。もの言えば、ひっぱたかれるのではないかと思ったほど。だが、あれほど責任感の厳しい人はいなかった。だからこそ原発事故のさなか、組合長を引き受けたのだ」。今野さんは語った。

あわせて読みたい

「福島第一原発事故」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    水原希子「日本人」発言は捏造

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    解散を要求していたのは野党側

    和田政宗

  3. 3

    豊田議員糾弾は大衆によるリンチ

    小林よしのり

  4. 4

    iPhoneXで生活は全く変わらない

    永江一石

  5. 5

    国民に刺さるのは左翼でない野党

    AbemaTIMES

  6. 6

    水原希子ヘイト騒動 本人も問題?

    メディアゴン

  7. 7

    都知事 秘書の異常待遇言及せず

    週刊金曜日編集部

  8. 8

    車道ベビーカーなら「日本死ね」

    花水木法律事務所

  9. 9

    10月解散総選挙なら自民の不戦勝

    NEWSポストセブン

  10. 10

    河村市長は衆院選出馬やめるべき

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。