記事

高校時代の交友関係は広さよりも深さが重要 その後の精神衛生に影響 研究結果

1/2

PORTRAIT IMAGES ASIA BY NONWARIT / shutterstock.com

 高校時代、誰からも愛されるクラスの人気者をよそに、友達の少なさに引け目を感じた人は多いかもしれない。だが、必ずしもがっかりする必要はなかったようだ。最新の研究によると、広く浅い交友関係よりも、親しい少数の友人を持つことが人生を豊かにする秘訣だと分かってきた。

◆質の高い友情が人生を幸せにする

 ABCニュースによると、この調査は米バージニア大学の研究者らにより、10年という年月を費やして実施された。15歳の生徒たちに交友関係について聞き取り調査を行い、その後彼らが25歳になるまで友人関係や精神面でのストレスなどを継続的に分析した。結果、15歳の時に親友と深い友情を築いていた集団の方が、25歳の時点でも周囲からのストレスに対処しやすいなど、精神衛生面で優れた特徴を見せたという。

 この研究はUPI通信社でも取り上げられている。15歳の時点で親友との関係構築を重視した生徒たちは、25歳になっても社会不安の傾向が少なく、自己評価が高いほか、うつ病の症状も見られにくかったということだ。研究者は、親友と深い友情を育むことは10代で最も大切なことの一つだとコメントしている。

 ニュースサイト『クォーツ』では、関係構築は「スキル」のように高めることができるとしている。親友との友情を重視することで、こうしたスキルが身に付いてゆく。結果、やがて迎える青年期にも恋人との信頼関係を築きやすいなど、人生の質に寄与するようだ。

あわせて読みたい

「幸福度」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  2. 2

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  3. 3

    共産と協力へ 前原氏は支離滅裂

    和田政宗

  4. 4

    核放棄で北に6兆円 報道の思惑

    NEWSポストセブン

  5. 5

    小池新党は選挙対策「互助会」か

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    正恩氏声明が「読めない」と話題

    ロイター

  7. 7

    iPhone iOS更新で使える11の裏技

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  8. 8

    フジ「ENGEI」 古臭い設定の謎

    メディアゴン

  9. 9

    難民「射殺か」 武器使用は可能

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。