記事

アプリでキャッシュレス「割り勘」が世界で浸透中 細かくてもけち臭くならないと好評

1/2

Amekop / shutterstock.com

 飲み会で清算する際、現金のやり取りに時間がかかっていないだろうか。近頃は割り勘に特化した便利なアプリが出てきている。幹事がアプリを使ってメンバーに請求すると、各人はアプリに登録されたクレジットカードを使って支払いができるというものだ。各人はキャッシュレスで支払いができるだけでなく、それぞれクレジットカードのポイントが付与される仕組みである。

 幹事側にもメリットがある。今まではカードで支払いをし、メンバーから集めた現金で財布が重くなっていたが、アプリを使えばそれもない。人によってはアプリのダウンロードは敷居が高いかもしれないが、ウェブ上で対応できるものも出てきている。

 このように割り勘を端末間決済で行うことが、海外で浸透しつつある。キャッシュレスの割り勘がスマートいうのが世界的なトレンドのようだ。

◆自分の分は自分で支払うべきという考え

 割り勘という言葉には、同等割で支払うという意味と、自分の分は自分で支払うという2つの意味がある。現金で割り勘を行うと、お金のやり取りが煩雑にならないように、ざっくりとしたやり取りになることが多いだろう。

 CNNは、勘定のわずらわしさをアプリが解決してくれると報じている。例えば今までは、自分がオーダーしていないのに他人のドリンクの分まで支払うことや、チップや税金は誰が支払うかといった気がかりな点があった。各人がオーダーした分をメニューごとに請求できるアプリを使えば、セントの単位まできっちり請求することができる。これまで細かい請求はけち臭くて難しかったが、アプリを使えばそのプレシャーが軽減されるとしている。

 割り勘アプリ『Tab』のCEOゲイヴ・サビット氏は、人々がどのように支払いをしたかというデータから、人々がいかに可能な限り細かく支払いをしたいと考えていることがよく分かると述べる(CNN)。

◆端末間決済はアメリカで一般的になりつつある

 ニューヨーク・タイムズ紙は、電子ウォレットやスマホ等の端末間決済P2Pのアプリが仲間内でのお金のやりとりを簡単にしていると述べる。既存のものに加え、今後iOS11のアップグレードでiPhone間がメッセージ機能で決済できるようになるなど、日常生活の一部になりつつあるとしている。

 アプリの『Plates』と『Tab』によれば、若者と都市に偏る傾向があるものの、あらゆる年齢と地域でアプリが使われるようになってきているという(CNN)。

 2017年のバンク・オブ・アメリカのレポートには、P2Pは新常識であるという表現が見られる。ミレニアル世代(1980年前後から2005年ごろにかけて生まれた世代)の62%が、ジェネレーションX (1960年代半ばから1970年代半ばに生まれた世代)の34%が使用しているというデータがあるからだ。

 実際、ポピュラーなアプリの一つであるペイパル社の『Venmo』は総支払額が80億ドル以上となり、これは前年同期の2倍以上である。Venmoは徐々に収益を上げており、現在ペイパル全体の総支払額の7.5%のシェアを占めていることから、将来の収益機会の源泉であるとされる(The Motley Fool)。

あわせて読みたい

「決済」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内閣改造で消えた小池・野田新党

    PRESIDENT Online

  2. 2

    朝日が仏大統領発言でっち上げか

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    米国が12月以降に北朝鮮を攻撃か

    高英起

  4. 4

    核武装した北との共存ありえない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    日本人の稼ぐ力 今や他国の7割に

    THE PAGE

  6. 6

    アラフィフの後悔 1位は「勉強」

    キャリコネニュース

  7. 7

    iPhone X購入の前にWi-Fi導入を

    永江一石

  8. 8

    温泉更衣室の防犯カメラは違法か

    花水木法律事務所

  9. 9

    よしのり氏 小池新党はいらない

    小林よしのり

  10. 10

    小林麻耶が海老蔵の家を出た事情

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。