記事

明治維新・廃仏毀釈で日本の貴重な文化財が流出、もう戻らない


【鹿児島県日置市の園林寺跡には廃仏毀釈の傷跡が今も残されている 写真提供:日置市教育委員会】

 日本の歴史が大きな転換点を迎えようとしていた中、数多くの西洋文化が流入する一方、日本から貴重な文化が失われた。特に深刻な傷を残したのが、明治新政府が国家神道を柱に据えた裏で起きた「廃仏毀釈」運動だった。

 米ニューヨークで2014年に開かれた世界的オークション会社クリスティーズの美術オークション。そこで1体の仏像が出品され、日本の仏教美術関係者の度肝を抜いた。

 その仏像とは、「乾漆十大弟子立像」の1体だった。十大弟子とは、仏教の教祖・釈迦の下にいた10人の高弟のことで、その像は本来、奈良県・興福寺にその弟子たちの姿を模した10体の仏像として安置されていた。しかし現在、興福寺に残存するものは、そのうちの6体のみで、すべて国宝指定を受けている。ほか4体は歴史の経過の中で寺外へ流出したとされていた。

 それが突然21世紀になって、アメリカでの美術オークションに出現したのである。このオークションに出品された像の真贋は、調査によって興福寺から明治時代に流出したものであるということが判った。それが約150年を経て人前に現れたのだ。

 なぜ国宝級の文化財がはるか海外に流出してしまったのか、貴重な仏像が行方不明・消失の憂き目にあった背景には、明治維新が深く関わっている。「廃仏毀釈」と呼ばれる明治期に吹き荒れた大規模な仏教弾圧運動が、日本の文化を壊した面があるのだ。

◆五重塔が25円で売りに出された

 明治維新は単に江戸幕府から薩摩・長州勢力への権力移動という観点のみで語れるものではない。維新とは「王政復古」の事業であった。「王」とは天皇のことであり、天皇は日本古来の宗教・神道の祭祀王である。

 維新の時代には天皇のさらなる神格化、神道の権威強化策が進められ、後の国家神道の成立へとつながっていく。その裏返しとして、仏教の地位を意図的に低下させようとする明治新政府側の意図が存在していた。

 もともと神道は江戸時代まで仏教と渾然一体となっていた面があり、ほとんどの神社は仏教寺院とセットで運営されていた。多くの民衆にとって、仏教と神道の境目は極めて曖昧であり、その状況は「神仏習合」と呼ばれる。

 しかし神道の権威強化を目指す大日本帝国の成立後、それまでの神社と寺のあり方は許されざるものとなる。1868年(明治元年)、成立したての明治新政府は「神仏分離令」を発布。前述した寺と神社の「セット運営」を、改めるよう指示を出す。

 興福寺は江戸時代末期まで、すぐそばにある春日大社とほぼ一体の運営が行われていた。しかし神仏分離令によって両者は分割を強制される。事実上、春日大社の権威強化のための施策によって、興福寺の運営基盤はガタガタになった。門主(住職)は還俗(僧籍を離れ俗人に還ること)させられ、寺に付随していた広大な領地も取り上げられた。

 興福寺は廃寺同然となり、今では多くの観光客を集める国宝・五重塔も一時売りに出されるほどだった。その額はたった25円(現在の価値で約100万円ほど)という。しかも、購入しようとした者は当初、解体費用がないので塔に火を点けて燃やし、焼け残った金属を取ろうとしたという。これは採算が合わず諦めたとも、類焼を恐れる周辺からの反対で諦めたとも言われている。そして、この興福寺のエピソードは決して特殊な例ではない。

 三重県・伊勢神宮と密接な関係にあった慶光院は1869年に廃寺に。京都市内の愛宕山にあった白雲寺も廃絶させられ、「愛宕神社」に変えられた。全国各地の寺院で存亡の受難があり、その際、破壊や流出などで失われた仏像や経典などは膨大な数に上る。

 京都観光の中心地にあり、鴨川にかかる四条大橋は、1874年にそれまでの石造りから鉄製のものへ造り替えられた。使用された金属は廃絶させられた寺院の仏具を溶かした金属を材料に建設されたものだった。

 さらに尊皇攘夷思想が盛んだった地域では、廃仏毀釈の勢いは苛烈だった。薩摩藩・島津家の菩提寺である福昌寺は、最盛期に千数百人の僧侶がいた大寺院だったが、明治維新とともに、島津家の同意のもとに廃絶。そのほか薩摩藩内ではほとんどすべての寺院・仏像が破壊され、一時は僧侶と寺院の数がゼロになった。長州藩でも暴風は吹き荒れた。山口県内のある寺院の住職が語る。

「明治維新とともに近くの神社の神主が『お前の寺の檀家を、うちの神社の氏子としてよこせ』とやってきて、実際にかなりの檀家さんがいなくなったという記録が残っています。寺の経済基盤もガタガタになり、いろいろな文化財も散逸しました」

 山口県在住の郷土史家で作家の堀雅昭氏もこう解説する。

「長州では明治維新前夜から廃仏毀釈的な風潮があり、高杉晋作らが結成した奇兵隊の隊士に刀で首を切られた地蔵なども残っています。また『神罰』だといって殺された僧侶もいる。ただ、現代の視点から見れば『ひどい宗教弾圧だ』と感じるかもしれませんが、江戸時代の仏教は幕府権力と結びつきが強すぎたため、『廃仏毀釈は新時代建設のための反体制運動だった』という視点から見る必要もある」

 江戸時代の長く続いた平和の中で仏教界の規律は緩み、幕末ともなると飲酒や女性交際、各種の豪遊を行う僧侶も珍しい存在ではなくなっていた事実がある。明治新政府の神仏分離令は決して寺院の破壊を命じるようなものではなく、仏教界の腐敗に反感を持つ民衆の怒りが、結果的に廃仏毀釈運動の暴走を招いたとも言われている。

 しかし廃仏毀釈によって失われた幾多の文化財は戻ってこない。明治新政府樹立の立役者である小松帯刀は、鹿児島県日置市の廃寺となった園林寺跡に今も眠っている。そこには破壊されたままの仏像が当時の激しさを静かに物語っている。

 有名無名を問わず失われてしまった仏教文化財の多くを我々は目にすることはできないだろう。明治維新の意義はあるとしても、この時期に仏教美術、文化財が永劫に失われてしまったのも事実なのである。冒頭に記した、アメリカのオークションに出された興福寺の仏像は、匿名の外国人によって約6700万円で落札され、現在も日本には戻っていない。

※SAPIO2017年9月号

あわせて読みたい

「日本文化」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内閣改造で消えた小池・野田新党

    PRESIDENT Online

  2. 2

    信用なくてもツキはある安倍首相

    文春オンライン

  3. 3

    議員秘書が明かす蓮舫氏の悪評

    fujipon

  4. 4

    「米軍に勝てない」北幹部が動揺

    高英起

  5. 5

    姜尚中氏語る「戦争回避」の道筋

    亀松太郎

  6. 6

    米国が12月以降に北朝鮮を攻撃か

    高英起

  7. 7

    朝日が仏大統領発言でっち上げか

    西村博之/ひろゆき

  8. 8

    安室奈美恵の引退に衝撃受けるな

    常見陽平

  9. 9

    アラフィフの後悔 1位は「勉強」

    キャリコネニュース

  10. 10

    小林麻耶が海老蔵の家を出た事情

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。