記事

「差別的投稿で学生が訓告処分」がはらむ深刻な問題

【評論家の呉智英氏】

 愛知県の男子学生がツイッターに書き込んだ投稿内容が差別的だとして、大学は学生を訓告処分にしたという。評論家の呉智英氏は、「大学の理念と内面の自由を認めない処分」として疑問を呈する。

 * * *
 七月十九日付朝日新聞(名古屋本社版)が異様な事件を報じている。見出しは「男子学生 差別的投稿で『訓告』処分」。記者名は黄澈(こうてつ)とある(原文にルビはない。あるいは読みは「きい・きよし」かもしれない)。

 記事によると、愛知淑徳大学の学生がツイッターに「朝鮮人を皆殺しにしろ」と書き込んだ。北朝鮮のミサイル発射の報に接し、実名で投稿したものである。

 これを指摘する電話があり、大学が調査。学生が事実を認めたため「学則で定めた訓告〔処分〕とし、反省文の提出を求めること」にした。同大は「違いを共に生きる」を基本理念に掲げており、「深刻な問題と受け止めた」という。

 確かに、別の意味で深刻な問題である。学生運動が盛んだった一九六〇年代・七〇年代だったら、こんな事件は起きなかった。

 一九六〇年の「安保闘争」では、全学連が「岸(首相)を殺せ」と叫んでデモ行進したが、これによって処分された学生は日本中の大学で一人もいない。まして良心の自由を踏みにじる反省文強制など大学で起きるはずはなかった。

 明確に刑法に触れて有罪判決を受けた場合は、退学など「外形的処分」もありえたが、内面の自由を抑圧する反省文強制は大学ではない。それどころか、前にも触れたことがある平岡正明は学生時代に犯罪者同盟を結成し、万引き闘争に決起して逮捕されているが、この件で退学にはなっていない。もちろん、反省文強制などない。

 大学ではそれほど思想の自由・研究の自由・学問の自由が保証されている。義務教育・準義務教育で反省文強制があるのは、それが国家にとっての「期待される人間像」の育成機関だからだ。教科書検定があるのもそれ故である。大学では教科書も講義も全く自由であり、教師は教員免許も必要なく、学歴さえ不要である。牧野富太郎は小卒で東大講師だったし、安藤忠雄は高卒で東大教授だった。

 大学では国家理念を揺るがすほどの自由が認められている。しかし、愛知淑徳大学では「大学の基本理念」に抵触する程度の自由さえ認めないらしい。

 奇しくも同じこの七月、中村禎里『日本のルィセンコ論争』(みすず書房)の新版が刊行された。米本昌平の行き届いた巻頭解説も付載され、本書の重要性がよく理解できるようになっている。

 ルィセンコ論争があぶり出したのは「良いイデオロギー」による学問の抑圧の問題と言えようか。二十世紀初めのソ連で、生物は遺伝で決定されるのではなく、後天的な要因(環境・教育)によって決まるという生物学が生まれた。これはナチスの「人種生物学」に対抗する武器である。

 ソ連には「人民を殺し、全民族を破滅におちいらせるような自由はない」としてルィセンコ説が強制され、それが日本の学者世界にも甚大な影響を与えた。「良いイデオロギー」と闘う強靱な知性の重要性が分かる。むろん、オッチョコ学生には望むべくもないのだが。

●くれ・ともふさ/1946年生まれ。日本マンガ学会前会長。著書に『バカにつける薬』『つぎはぎ仏教入門』など多数。

※週刊ポスト2017年9月8日号

あわせて読みたい

「差別」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    デリヘルに素人専門が増えた理由

    PRESIDENT Online

  2. 2

    質問力なし 報道のTBSは死んだ

    和田政宗

  3. 3

    小池氏会見まるでイキった大学生

    キャリコネニュース

  4. 4

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  5. 5

    橋下氏 解散批判する野党に苦言

    橋下徹

  6. 6

    小池氏登場で自民圧勝は不確実に

    近藤駿介

  7. 7

    北外相「米爆撃機撃墜の権利も」

    ロイター

  8. 8

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  9. 9

    自民は本気の小池氏を甘く見るな

    安倍宏行

  10. 10

    宣戦布告発言は米と北の戦争抑止

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。