記事

「真のクソリプをお前は知らないな」倉持由香"例のプール"でBLOGOS初グラビア

1/3
撮影:駒井夕香
BLOGOS読者の皆様、こんにちは!尻職人こと倉持由香です。

前回の「クソリプおじさん」の記事はすごい反響でびっくりしました!(前回のコラムはコチラ)私のツイートも約6000RTされまして、なんと60万ページビューだそうです。

【関連記事】「おっぱい見せて」クソリプおじさんに悩まされ続ける26万フォロワーの尻職人

Twitterでそれだけ反響があるってことは、クソリプについてみんなも悩んでたり思うところがあるからこれだけ伸びたんだと思うんですよ。

フォロワー数も一気に4000人ぐらい増えましたね。嬉しかったのはあの有吉弘行さんまでリツイートしてくださって。有吉さんもBLOGOSを!私のクソリプおじさん図鑑を見てくださっている!と興奮しました(笑)。

他にもホリエモンさんとかはあちゅうさんとか、色々な文化人の方々もTwitterで話題にしてくださって。嬉しいですね。

「クソリプおじさん図鑑」に集まるクソリプ

撮影:駒井夕香
私の「クソリプおじさん図鑑を書きました」っていうツイートに対しても沢山のクソリプが……。そのツイートを見てクソリプおじさん以外の方々が「これがクソリプか!図鑑で見たまんまだ!」って昆虫採集みたいになってるのが面白かったです。

最初に目に付いたクソリプは「もっとフォロワー数の多い人達は貴女より悩んでいるのだから、我慢しなきゃダメですよ」ってやつで。

他の人も辛いんだから我慢しなさいって意見を押し付けてくるのは「ブラック企業体質おじさん」ですね!(笑)。

みんな我慢してるんだからお前も我慢しろっていう押さえつけは根本的な問題の解決になってないですよね。他の人が辛いことを知ったからといって自分の辛さが無くなる訳じゃない。

ああいうおじさんは風邪で熱が出た人に対して「もっと重病の人も居るんだからそれくらい我慢しろ」って言うんですかね?病院に行くなり薬を飲むなり、その人その人に合わせた対処が必要なんですよ!

前回の記事で様々なクソリプおじさんの種類について話したんですけど、三色おじさん(麻雀の上がり手に「なんで三色狙わないの?」って言ってくるおじさん)が1番人気でしたね。プロ雀士の方々まで話題にしてくださったりとか。

三色おじさんは日本各地にいるんですよ!「あるある」ってすごい書かれたんで、三色おじさんにみんなもイラっとしたりしてたんですね。

私の公式ブログで新種のクソリプおじさんをまとめたんですけど(https://ameblo.jp/yuka-kuramoti/entry-12296503172.html)、どんどん図鑑が更新されていくんですよ。

気になったのは「美味しんぼおじさん」ですかね。記事ツイートに対して「真のクソリプをお前は知らないな」って来て。えっ、山岡さん!?ってなりました。

「こんなクソリプはできそこないだ。明日もう一度来てください、真のクソリプをお見せしますよ」みたいな。真のクソリプって何!?

クソリプとは『言葉のキャッチボールが成立してないリプ』だと思ってるので、受け取った側が「おっ、クソリプおじさんだ」と思ったらそれはもうクソリプなんですよ。そこに真も何もない。受け取った側の気持ち次第だと思います。

真のクソリプじゃない=他のクソリプはもっと酷いんだから……って意味だったなら「ブラック企業体質おじさん」に近いのかなぁ。こういう考えの方、多いんですかね。

撮影:駒井夕香
一番多かったのは最後まで読まないおじさんですかね。条件反射で「地方のファンはいらないって言うんですか!」とか「ファンのことをおじさんと呼ぶなんてバカにしてます!そういう方々のおかげで飯食えてるんだぞ!!!!」みたいな。

別に「私のファンは中年男性ばっかりでーす!!!」って言っているわけじゃないですよ!クソリプ「おじさん」っていうのはあくまで「物の例え」です。もしそれが中高生であってもおじさんって呼びますもん(笑)。

「『クソ』なんて言葉は人を馬鹿にしてる!!!」ってご意見の方も居たんですけど、「クソリプ」の「クソ」は「クソゲー」の「クソ」みたいなもので、どこか憎めない存在という意味が込められてるんですよね。「精神的に悪影響で失礼なリプ」って表現で書き進めると刺々しいコラムになっちゃうので、マイルドな表現のために「クソリプおじさん」というワードにしたのです。

前回の記事もちゃんと最後まで読めば、地方ファンをバカにしているなんて感じないと思うんですよ。

私は現場に来る方も、地方でも雑誌やDVDを買って応援してくださってる方も、みんな大切なファンの方だと思ってます。13年活動してきて、ファンという存在にとても感謝してるし、その気持ちは行動で示しているつもりなので。

なるべく地方のファンの方に会いに行きたいから地方イベントも詰め込むし、移動中もなるべくリプ返しもしてます。決してファンをバカにしていると言われる筋合いはない!と堂々と言えるくらいにはファンの方々を大事にしていると思います。

大切なファンの方々との交流ができる場であるTwitterを楽しくいつまでも続けたいからこそ、前回ああいう記事を書いたんです。

他人の言動を変えるのはとても難しいことなので「クソリプ辞めてください!!」ってわーわー訴えるんじゃなくて、「よーし、クソリプおじさん図鑑作っちゃうぞ〜〜」と自分が楽しめる方向に持って行きたかったんですよね。

ロボットじゃなく人間だから「全く気にしない」ということは出来ない。だから「どうしたら楽しく続けられるか?」を考えた結果です。

何も言えずに病んでTwitterを辞めてしまうことだけは、純粋に応援してくださってるファンの方々に申し訳ないから嫌だったんですよ。

人それぞれ考えがあるので、対立意見も送ってくださって構わないのですが「とりあえず最後までは読んでから意見を送ってほしいなぁ……」というのが本音ですね。

でもこういった「最後まで読まないおじさん」がいる一方で、「地方のファンだけど泣きました。ありがとうございます」って書いてくださるファンの方もいて。

「俺は九州で現場には遠いし仕事も休めなくていけないけど、雑誌やDVDを買って応援していたのが報われた気がします」って言ってもらえて。書いて良かったなって思えました。

撮影:駒井夕香
タレント仲間から反響が大きかったのも嬉しかったですね。「ずっと悩んでたからスッキリした」とか「言いにくかったことを代弁してくれてありがとう」とか。DMやLINEもすごい来たんです。代弁者になろうと思って書いた訳では無かったけど、クソリプおじさんには私だけじゃなくて、みんなが悩んでいたんだなって。

「書籍化してくれ」って声もBLOGOS編集部さんの方に届いてるみたいで。もしも書籍化したら図鑑なのでイラストや分布図も作成しないとですね!「おせっかい科マジレス属おじさんは食事ツイートに現れやすい」とか(笑)。

あわせて読みたい

「グラビア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    定年後は蕎麦打ち職人になるな

    内藤忍

  3. 3

    海老蔵と麻耶 歌舞伎界の非常識

    NEWSポストセブン

  4. 4

    今度こそ北朝鮮の崩壊は秒読みか

    自由人

  5. 5

    豊田議員あと一歩で逃げ切り逃す

    文化通信特報版

  6. 6

    金正恩氏が米国への本音を吐露か

    高英起

  7. 7

    「部落差別を語るな」は間違い

    SYNODOS

  8. 8

    安倍首相の目的は権力の延命だけ

    小林よしのり

  9. 9

    共産の要求激化で選挙協力崩壊か

    猪野 亨

  10. 10

    安室引退「体力の限界」が要因か

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。