記事

イエレン議長、金融規制擁護演説でコーン氏の次期総裁の可能性が高まる?

昨日(8月25日)ジャクソンホールで行われたイエレン連銀議長のスピーチでは、市場が期待していた今後の金利引き上げに対する言及はなかった。

市場ではイエレン議長が金融引き締めに言及するのではないか?という予想があったため、言及しなかったこと自体連銀が金利引き上げを急いでいないのではないか?という見方がでたようだ。

その結果、米国国債の金利は低下し、ドルは主要通貨に対し値を下げた。またダウとS&P500は、小幅上昇し、ナスダックは小幅下落した。

イエレン議長は足元の景気や金融政策に言及するかわりに、連銀が10年前の金融危機以降取ってきた金融規制強化策の正当性を擁護した。

トランプ大統領は「2010年のドット=フランク法による金融規制強化により、お金を借りたい人が借りることができなくなっている」と規制緩和を訴えているが、イエレン議長はスピーチの中で「金融規制改革は、不当に信用供与や経済成長を阻害することなく、金融システムの回復力を著しく高めた」と述べた。もっともイエレン議長は今後規制緩和について連銀は再評価・見直しをコミットすると付け加えた。

イエレン議長の任期は来年2月に終了する。トランプ大統領はイエレン氏も次の連銀議長の候補の1人であるとは言っているが、今回のジャクソンホールでのスピーチは、ホワイトハウスにネガティブな印象を与える可能性は大きい。

その結果国家経済会議議長のゲイリー・コーン氏が連銀議長候補にノミネートされる可能性が高まったと思われる。

ゴールドマンザックスの社長を経験したゲイリー・コーン氏が連銀議長を務めることになると、約40年ぶりに経済学者以外の人が連銀議長にを務めることになる。

これから先市場の関心事は次の連銀議長候補に向かっていくだろう。

あわせて読みたい

「ジャネット・イエレン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    大雪で帰宅命令より朝出社禁止に

    かさこ

  2. 2

    幸福の科学 総裁長男が衝撃退職

    女性自身

  3. 3

    橋下氏 会見開いた岩上氏を批判

    橋下徹

  4. 4

    東京は費用対効果的に雪対策ムリ

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    白米を食べられない子供が増加中

    NEWSポストセブン

  6. 6

    性行為なしの援助交際続ける少女

    渋井哲也

  7. 7

    センター国語に直木賞作家が挑戦

    NEWSポストセブン

  8. 8

    堀江氏「新幹線高すぎ」に反響

    THE PAGE

  9. 9

    羽生竜王vs藤井四段 対局は幻に?

    大村綾人

  10. 10

    安倍首相が平昌を欠席すべき理由

    門田隆将

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。