記事

「贅沢してない」食費バカ高世帯の常套句

1/2

世帯年収760万円の4人家族で、毎月の家計は2万5000円の赤字。家族は「贅沢しているつもりはない」というが、調べてみると毎月12万円の食費がかかっていた。なぜ「贅沢しているつもりはない」と思っていたのか。その悪しき仕組みをFPの横山光昭氏が解き明かす。

■食費でパンクする家庭の常套句は……

●家族構成(4人家族)
会社員のLさん(46)/専業主婦の妻(44)/小学校6年生の長男/小学校3年生の次男
●手取り収入(月) 38万6000円(夫)、0円(妻)
●年収(額面/ボーナス込み) 760万円(夫)
●貯蓄 210万円

「特別いいものを食べているわけではないし、贅沢もしていないと思うんですけど……」

ご夫婦で口をそろえて言うのは、会社員のLさん(46)と専業主婦の妻(44)。悩みは思うようにお金が貯まらないということ。手取り月収が38万円を超えているのに、毎月赤字になるのだそうです。

ご家族は、ご夫婦と小学6年と小学3年の息子さんの4人。夫の年収は760万円ほどです。やりくりで難しさを感じているのは食費で、給料日が来るまでは安心できず、特に給料日前は食材の買い控えをするなど、食事の内容に波があるということです。

家計簿をつけても長続きせず、支出の細かな状況はすぐにはつかめません。そのため、聞き取りをしながら各費目の金額を推測していきました。



▼食費は12万円「贅沢なもの食べているわけではない」

すると、食費が毎月12万円もかかっていることが分かったのです。

月により多少の前後はあるでしょう。また、食事には外食も含まれています。しかし、そうは言っても、これはかかりすぎです。ご夫婦ともにその額に目を丸くしていました。

「生活費がずいぶんかかっているとは思っていたけれど、食費だけでこれほどかかっていたなんて」

そして、冒頭の発言となりました。「特別いいものや贅沢なものを食べているわけではない」。これは、食費の高い家庭からよく聞く言葉です。

 

■なぜ専業主婦の妻は食費に「糸目をつけない」のか?

確認したところ、たしかにLさん宅のご家族は特に「美食家」ではありません。高級食材を使ったり、特別なこだわりを持ったりしているわけでもありません。ただひとつ大事にしていることが、「みんなが食べたいメニューを食べる」ということでした。

「夫は懸命に働いてくれますし、子どもたちも日々をエネルギッシュに生きています。私は主婦として、そんな“男たち”への栄養補給をしっかりやりたい、彼らが食べたいと思うものを食べさせてあげたい、という気持ちがありました」(妻)

というわけで、「食べたいと思ったものは、その日のうちに食べないと気が済まない」という状況だといいます。冷蔵庫にない食材をわざわざ買いに出向くことがよくあり、すしやピザなどのデリバリーサービスやネットスーパーなどもよく利用するそうです。

これらは食費の高い家庭に共通する特徴です。端的に言えば、食べることに関してまったく無計画なのです。ひとつひとつの食材や商品は、高額ではないでしょうが、食べたいものを今食べたいという衝動が強く、「次の機会にしよう」という歯止めが利きません。欲望のままにお金を使ってしまっているのです。このことは食費だけでなく日用品にも同じことが言えました。



▼「今食べたい=今欲しい=今買いたい」歯止めなき消費衝動

そういったお金の使い方・考え方が家計全体に影響していて、全体的に支出が膨らみ、赤字家計になっていたのです。貯蓄は何とか210万円を維持しているものの、子どもの教育費や老後資金、その他のイレギュラーな支出への備えを考慮すると、40代としては心もとない金額です。

あわせて読みたい

「家計」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    デリヘルに素人専門が増えた理由

    PRESIDENT Online

  2. 2

    質問力なし 報道のTBSは死んだ

    和田政宗

  3. 3

    小池氏会見まるでイキった大学生

    キャリコネニュース

  4. 4

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  5. 5

    橋下氏 解散批判する野党に苦言

    橋下徹

  6. 6

    小池氏登場で自民圧勝は不確実に

    近藤駿介

  7. 7

    北外相「米爆撃機撃墜の権利も」

    ロイター

  8. 8

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  9. 9

    自民は本気の小池氏を甘く見るな

    安倍宏行

  10. 10

    宣戦布告発言は米と北の戦争抑止

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。