記事
  • ヒロ

トロントの南京大虐殺記念日問題

1/2
南京大虐殺?カナダのトロント?オンタリオ州議会?

初めて耳にする方にはその二つが即座に結びつかないと思います。いや、私だって結びつきません。しかし、この動きはずっとありました。トロント市では中華系議員の強い押しもあり、悪名高きロブフォード市長(当時)が推進派に押し切られるように2012年に12月13日を南京大虐殺記念日としてしまいました。この時は南京大虐殺75周年という仕切り目だったことがあります。(こちらでは25年ごとの仕切りをより重視します。)

その後、しばらく落ち着いていたのですが、この半年ぐらい、再びその話題が盛り上がってきてしまいました。理由は今年の12月13日は南京事件から80周年となるからでこれを機に恒常的な記念日としたいという活動家グループ(トロントの「アルファ」)の意向があるようです。

現地の声は断片的に聞こえてきています。日系文化会館という現地の日系のコア施設団体(会員数3500名)が中心となって日本側の主張について交渉を進めてきていますが、併せてなでしこアクション(真実の歴史を世に伝えたいという山本優美子氏を代表とする主に女性の活動グループ)のトロントの方々もかなり活発に動かれているようです。

ご記憶にある方もいらっしゃると思いますが、2015年にバンクーバーに隣接するバーナビー市で慰安婦像建立の計画を察知し、大掛かりな日系グループの反対運動を展開、これが功を奏し、その建立を阻止いたしました。私もその端くれとして、15年4月にバーナビー市長と談判、平和的解決案の提示を経て翌日の市長声明とあいなりました。(ただし、実際には様々な戦略的下地作りでなしえたものであります。)

その時の慰安婦像はかなり前から韓国の職人により制作され、その代金の支払いという問題が相手側にはあったようです。よって、それを建立することで一定の寄付金を集めなければいけないというそもそも論がおかしな状態にあったと記憶しています。そこの陰にちらちら見えたのがアルファであります。正式には世界抗日戦争史実維護連合会というようですが、舌を噛みそうなので通常アルファ(ALPHA)と称しています。これは中華系の強い団体であり、本部はロスにあります。

このアルファを敵に回すとやりにくくなるため、慰安婦像問題の際にはアルファと極力距離を置く戦略はありました。しかし、今回のトロントの南京大虐殺記念日はアルファが直接的に関与しているものと思われ、先行きは楽観視できません。

この問題はたまたま一週間ほど前の日経と産経に「自民党の有志団14名がオンタリオ州議会に手紙を出したことが分かった」(発出したのは6月でずいぶん古い話です。)という記事が出たので今日のブログのトピに上げてみた次第です。ちなみに中国外交部は華春瑩報道官が21日の定例記者会見で「南京大虐殺は抹消を許されない痛ましい歴史であり、歴史を鑑としてのみ戦争の悲劇の再演は避けられる」と述べています。

あわせて読みたい

「南京事件」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  2. 2

    本物?「三億円犯人」に直接取材

    BLOGOS編集部

  3. 3

    「考え方が甘い」時差Bizに指摘

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    石田純一の改憲反対に感じた覚悟

    篠田博之

  5. 5

    秋篠宮さま 小室親子はもう他人

    女性自身

  6. 6

    有休義務化 日本はやせ我慢社会

    自由人

  7. 7

    AI無人店舗は万引きの概念変える

    赤木智弘

  8. 8

    百田氏が憶測で沢田研二叩き謝罪

    女性自身

  9. 9

    築地の営業強行は小池知事の責任

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  10. 10

    サウジ皇太子の脅威だった記者

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。