記事

ダイエット中の人はなぜジャンクフードを欲するのか

1/2

Lemberg Vector studio / Shutterstock.com

著:Heidi Seageカーディフ・メトロポリタン大学 Lecturer in Psychology)

 控えめに言っても、イギリスのダイエット業界は成功している。イギリスの成人の半数以上が、年間に摂取するカロリーを制限して体重を減らす努力をしている。ただ残念なことに、体重を減らすということは、食事の際にビスケットを控えたりサラダを選べば良い、というほど簡単なことではない。ダイエットの苦労を乗り越えてきた人でさえ、それがいかに難しいかということを知っている

 それでは、強い意思を持っていてもダイエットが非常に難しい理由はどこにあるのだろうか。なぜ私たちは食欲をコントロールすることができないのだろうか。

◆食べ物が出す「サイン」

 スーパーマーケットで美味しそうなものばかりが並んだ陳列棚の横を歩いたり、何か美味しそうな匂いを嗅いで、棚に並んでいるおやつを見てよだれがでてしまう。しかも、それらに含まれるカロリー量や栄養素など関係なく。これは誰にでも経験があることだろう。

 人間の知覚に訴えかけてくる食べ物のサインは無視することが難しく、またそのサインを出しているのは味や匂いだけではない。広告やブランドのロゴも、私たちを誘惑してくるのだ。

 人は空腹になると、ゲルリンというホルモンが脳を刺激することで食べ物のサインに気づきやすくなる。研究者たちは、空腹時の人間の脳は、比較的糖質や脂を多く含んだ不健康な食べ物が出すサインに対して、より強く惹きつけられるようにできているということを発見した。被験者にカロリーの高い食べ物を見せる実験では、このサインが唾液の分泌や食べたいという欲求などの空腹に対する予知反応を引き起こすことがわかっている。

 これらすべてを合わせて考えると、カロリーの高い食べ物が持つ特性は、体重を減らそうと頑張っている人、そして特にダイエットによって空腹を感じている人にとって、非常に難しいチャレンジとなることが多い。

 前向きに考えれば、この魅力的なサインを無視できるように鍛えることは可能かもしれない。ある研究結果によると、カロリーの高い食べ物のサインを無視できるようにパソコンで訓練を受けた人が、逆にそれに注意を向けるように訓練された人と比べて、スナック菓子の消費が少なかった

あわせて読みたい

「ダイエット」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  2. 2

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  3. 3

    iPhone iOS更新で使える11の裏技

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  4. 4

    「米は北攻撃できない」は本当か

    自由人

  5. 5

    松本人志マッチョ化は典型的変節

    文春オンライン

  6. 6

    女性用下着店にいる男性に賛否

    キャリコネニュース

  7. 7

    北朝鮮「米本土到達は不可避」

    ロイター

  8. 8

    「脱デフレは幻想」イオンが証明

    近藤駿介

  9. 9

    中国国境に接する北は崩壊しない

    Chikirin

  10. 10

    正恩氏声明でトランプ氏へ怨み節

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。