記事

SNS援交が蔓延 少女たちを食い物にする悪徳業者も存在

【SNSで「援」「援助」とは?】

 生徒・学生たちの夏休みも終盤、様々な体験を積んでいることだろう。なかには、新学期には、まるで別人になる人もいるかもしれない。それが、彼ら、彼女たちの未来にとって明るい変化であればよいのだが。SNSに広がる謎のハッシュタグ「援」「援助」と、それを利用して脱法管理売春を試みる悪質業者の存在について、ライターの森鷹久氏が追った。

 * * *
 夏休み真っ只中の、8月上旬のある日。東京・池袋の路上のあちこちに、携帯電話を片手に立ちすくむ少女たちの姿があった。公園の入り口、駅構内、交番の横に立つ少女たちは、一見すれば、友達との待ち合わせか、あるいは彼氏とのデートを待ち焦がれているようにも見える。筆者のように穿った見方さえしなければ。

「池袋の“援デリ”がすごい。SNSを巧みに使用する方法で、取締りが全く追いついていない状況」

 こう話すのは、警視庁関係者。援デリとは「援助交際デリヘル」とでもいえばよいだろうか? すなわち「援助交際を装った派遣型性風俗」のことを指す。一般的なデリヘル(派遣型風俗店)との一番の違いは、派遣されてくる女性が、SNSなどを介したやり取りによってやってくる「素人風」の女性である、ということだ。池袋界隈で店舗型性風俗店を営む前田氏(仮名)は、この「援デリ」の台頭により、少女たちが危機にさらされていると断言する。

「性風俗店を営む場合は、店舗型でも派遣型であっても、必ず当局や役所に届け出ます。援デリは業者がやっていることがほとんどだが、そのほとんどはモグリ。逆に言えば、モグリだからこそ援デリをやるしかない。となれば、援デリをやっている業者がまともである訳がなく、そこで働く少女たちも危ない目にあう危険性が非常に高い、ということが言えます」

 池袋駅東口を出て五分ほど歩いたところにあるX公園。白いショートパンツにレイヤードのタンクトップ、ロングの金髪にキャップを被った少女が、スマートフォンを片手に立っていた。10分ほどして現れたのは、スラックスにワイシャツ姿のサラリーマン風の男性。筆者と同じ、30代半ばくらいだろうか。あどけなさの抜けない少女と男性のツーショットには違和感どころか、背景に犯罪めいた何かを想像してしまう。

 2~3分ほど立ち話をした二人は、コンビニへ入ると、飲み物やプリンなどを買い込み近くのラブホテルYに吸い込まれていった。一時間半後、ホテルから一人で出てきた男性は、先ほどのX公園の喫煙所に入り、タバコをくゆらせる。筆者も男性の横に立ち、タバコに火をつけつつ話しかけた。筆者を警察か、もしくは美人局かと疑った男性だが、取材である旨を伝えると素直に応じてくれた。

「ツイッターで“援助してほしい”という書き込みを見て連絡を取り合ったのが先ほどの女の子です。買春だって? とんでもない誤解です。彼女は19才の大学生で、片親で困っていると話していたので三万円支払いました。性行為はしましたが、売春は合法ですよね? 違法なのは管理売春であって、彼女は一人でやっていますよ……」

 男性が筆者に“弁解”をしている頃、ラブホテルYから一人出てきた少女は、池袋駅西口方面へと足早に向かうと、全室ワンルーム型の賃貸マンションに入っていった。3時間ほどして、少女は先ほどと同じ格好でマンションから出てくると、池袋駅北口からすぐのところにあるレンタルビデオ店の入り口に、何かを待つようなそぶりで立つ。そこに現れたのは、またしても40代くらいのサラリーマン風の男性だ。二人は手をつなぎ歩き出すと、どこにも寄らず近くのレンタルルームに入店。今度は2時間近く経って、二人で出てきたかと思えば、落ち合った池袋駅北口付近であっさり別れた。いったい何が起きているのか? 彼女は何者なのか?

「まさに援デリの瞬間です。女性は素人を装い、ツイッターやラインといったSNSで“援助”を呼びかける。いや、ほとんどの場合、業者が少女になりすまして書き込みを行うのです。そこには性行為の種類によって値段が書かれていて、書き込みを見た男性が連絡を取り、会う約束をします。男性は少女たちが、自主的に行っている“援助交際”だと思っているようですが、女性のバックにはモグリの業者がいる。女性たちは金さえもらえば本番行為もやっていますし、管理売春になるので違法です。さらに言えば、モグリ業者だから少女たちの身分もしっかり確認していない。未成年の少女もかなりいると思われ、彼女たちは本当に危うい橋を渡っていることに気がついていない」(前出の前田氏)

 ツイッターに「援」「援助」などと打ち込んで検索してみると、そこには「援助交際」希望の女性のものと思われるアカウントがズラリと並んでいた。本当にこれらの女性たちが、SNSを使って売春行為に手を染めているのか? アイドル顔負けの美少女が、顔出し写真とともに「本番30、口10、手5」などと書き込んでいるわけだから、筆者も思わず見入ってしまうが、にわかに信じがたい。先述のように、業者が少女のふりをして書き込みをしている場合もある。その違和感が何か、少女の写真を画像検索をかけたら、簡単に判明した。

「援助交際を希望しているツイッターの美少女の写真、これは業者が適当に拾ってきた写真です。無名のブロガーや、SNSに上がっている写真を勝手に使用し、援助交際希望の少女像を作り上げているんです」(前出の前田氏)

 筆者は、画像検索でヒットした「援交少女写真」の出元であろうツイッターアカウントに接触し「中の人」である女性に事実関係の確認を取った。女性は、関西地方で地下アイドルとして活動しているようだった。

「冗談じゃないです。私は援助交際はしていません。実は、以前もファンの方から指摘があり、写真の無断使用に気がついたこともありました。通報で偽アカウントは凍結されましたが、また写真が使われているなんて……」

 女性は大変なショックを受けていたようで、再び偽アカウントを通報したが、数日経ったいまでも、偽アカウントは凍結されることなく毎日更新されている。アカウントに書き込んでいる、いわゆる中の人は、女性になりすました業者なのだから、凍結されない限り書き込みを続けるのだ。こういった卑劣な手法で、違法風俗を経営し、また連中に騙されて危険な状態に陥っている少女がどれだけいるのか。取り締まりに追われる当局は、どのくらい正確に現状を把握しているのだろうか? 前述の前田氏が指摘する。

「池袋だけでなく、関西や九州の大都市でも同じことが起きています。援デリで大人にいいように使われた少女たちが、さらに悪い大人に騙されAVに出演したということもある。警察が無能なのではなく、もはや取り締まりが困難な状態なんです」

 法規制が届かないとなれば、あとは良心やモラルに訴えかけるしかなさそうだが、違法業者が聞き入れるはずがない。やはり少女たちに危機感を持ってもらうことが一番の防衛策だろうが、手遅れになる前に、体を売る少女たちが理解してくれる日は来るのか。

あわせて読みたい

「援助交際」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    定年後は蕎麦打ち職人になるな

    内藤忍

  3. 3

    海老蔵と麻耶 歌舞伎界の非常識

    NEWSポストセブン

  4. 4

    今度こそ北朝鮮の崩壊は秒読みか

    自由人

  5. 5

    豊田議員あと一歩で逃げ切り逃す

    文化通信特報版

  6. 6

    金正恩氏が米国への本音を吐露か

    高英起

  7. 7

    安室引退「体力の限界」が要因か

    渡邉裕二

  8. 8

    安倍首相の目的は権力の延命だけ

    小林よしのり

  9. 9

    老後の同窓会は成功者しか来ない

    NEWSポストセブン

  10. 10

    「部落差別を語るな」は間違い

    SYNODOS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。