記事

奨学金返済は人生の重荷、結婚など遅れがち

学生時代に借りた奨学金の返済を抱える人たちは、子どもの人数が少なく、結婚も持ち家も遅れがちということがわかった、と報じられています。大分大学の川田準教授などの調査で、わかりました。

主な奨学金の返済期間は、最長20年ですが、返済期間が長くなる人ほど、人生設計に大きな影響が出ている、ということです。

この調査は、文部科学省の助成を受けて、昨年末、全国の25~44歳の1600人にインターネットで調査したものです。

回答者の平均世帯年収は650万円、大学・大学院卒は56%、奨学金を借りたことがある人は2割ほどでした。

子どもの人数では、奨学金の返済がある人は0.56人に対して、返済がない人は0.98人。
未婚率の差については、35~44歳の中でも男性で目立ち、返済がある人は57.1%、返済がない人は42.7%で、15%近い差がありました。

持ち家の取得では、25~35歳では、返済のない方が、持ち家が多い、という結果でした。

奨学金の返済で、その後の人生が大変ということは、よく聞きますが、こうした調査で明らかになったことで、この問題を何とかする必要があるという機運が、もっと高まればよいと思います。

安倍政権でも、返済がいらない奨学金を設けることにしていますが、あまりにも対象人数が少なく、金額も小額です。
民進党の代表選挙でも、財源を含めて議論になっています。
教育の無償化は、超少子社会の日本だからこそ、財源を確保して進めるべき政策です。きちんと説明して、国民の理解を得て、それぞれが可能な負担をしていくことだと思います。

あわせて読みたい

「奨学金」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  2. 2

    山尾議員の不倫相手は恥だと思え

    小林よしのり

  3. 3

    元TBS記者の不起訴に異常な警察

    猪野 亨

  4. 4

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    「米は北攻撃できない」は本当か

    自由人

  6. 6

    米国空軍のB1爆撃機が怖い北朝鮮

    和田政宗

  7. 7

    共産党のデマがはびこる堺市長選

    足立康史

  8. 8

    よしのり氏 山尾氏の謝罪に苦言

    小林よしのり

  9. 9

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    北朝鮮の狙い通りに騒ぐマスコミ

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。