記事

SNSの使い分け方は多種多様! 国内3大コンビニエンスストアのSNS活用を徹底解剖(前編)

みなさんはコンビニ業界についてどのような印象をお持ちでしょうか?コンビニ業界は店頭や商品など目に見える箇所での施策の変化も著しいですが、宣伝の仕方や経営戦略などの消費者に見えづらい部分でも注目すべきポイントが多くあります。

今回は、そのようなコンビニ業界の中でも最大手である「セブンイレブン」「ファミリーマート」「ローソン」の3つの企業を取り上げ、特にSNSの活用に着目しながら比較、考察していきます。

■目次
各コンビニの売上やシェア
各コンビニのSNS活用比較
各コンビニのSNS活用事例
まとめ

1. 各コンビニの売上やシェア

まず、各企業の特徴を売り上げや業界シェアなどの視点から見ていきましょう。

下図は、各コンビニの店舗数からコンビニ業界の占有率を算出したものです。なお、各コンビニの店舗数データは2017年7月時のものですが、全コンビニ業界の店舗数は2017年2月時のものとなっており、月次が少々ずれた数値での概算とになっています。その点を把握したうえで参考にしてみてください。

また、2017年7月に経営統合を行ったファミリーマートとサークルKサンクスは別項目で表示していますが、下記文章の占有率の紹介では各コンビニを合計した数値を「ファミリーマート」として紹介しています。

セブンイレブン

セブンイレブンは、アメリカ発のコンビニエンスストアで日本において最大手であり、世界規模でも最多店舗数を誇ります。

「近くて便利」というスローガンからもわかるように配達サービスや物流などで様々な工夫を行っており、他コンビニ事業を扱う企業を先導してきました。PBも好評であり、セブン&アイホールディングスとして人気商品を数多く揃えています。

同企業の店舗数はコンビニ業界の中で36%とNo.1のシェアを誇っており、2016年2月時点での営業利益は約3兆411億円となっています。売り上げも業界最多で年々増加しており、他企業との規模の違いが感じられます。このセブンイレブンに追いつこうと、後述する他企業の統合も進んでいます。

ファミリーマート

ファミリーマートは、日本発祥のコンビニエンスストアで、フランチャイズ方式によって事業を拡大してきました。

また、地域のスパーマーケットやカラオケ、ドラッグストアなどの異業種を定型することで、積極的な店舗展開を行っている点もポイントです。また2017年7月にサークルKサンクスを経営するユニーグループ・ホールディングス社との経営統合を行い、屋号がファミリーマートに統一されることで、市場占有率を上昇させています。

同企業のコンビニ業界内での店舗数シェアは33%で、2016年2月時点での営業利益は約4873億4000万円となっています。2015年の営業利益は前年比で落ち込んだものの、2016年には上昇し、好調を取り戻しています。2017年の経営統合により、更なる利益増加も期待できるのではないでしょうか。

ローソン

ローソンもファミリーマートと同様、日本発祥のコンビニエンスストアで、フランチャイズ方式で事業展開しています。

同社はターゲットの客層を店舗の特徴ごとに分散させており、通常の「ローソン」、健康や美容に配慮した商品を取り扱い、関東圏を中心に出店している「ナチュラルローソン」、低価格で豊富な商品や生鮮所品を取り扱う「ローソン100」の3つの系統の店舗を主軸としています。

同企業のコンビニ業界内での店舗数シェアは24%で、2016年2月時点での営業利益は約7254億1000万円となっています。

2. 各コンビニのSNS比較

それぞれのコンビニは様々なSNSを活用しながら販促をしています。以下に、各企業の活用しているSNSを表にして整理しました。

  セブンイレブン ファミリーマート ローソン
Facebook
Twitter
Instagram
LINE
YouTube
Google+
Pinterest

セブンイレブン

セブンイレブンが活用しているSNSのファン数は以下になります。

  • Facebook:約87万人
  • Twitter:約252万人
  • Instagram:約50万6000人
  • YouTube:約5100人

セブンイレブンは、主要SNSを活用し着実にファン数を獲得しています。特にTwitterのフォロワー数は企業アカウントとしてもトップクラスで、商品紹介やキャンペーンの実施でユーザーを引き付けています。その他にもFacebookやInstagramで安定したSNS運用を行っている印象です。

また、今回ご紹介する企業の中で唯一企業全体としての公式LINEアカウントの活用をしていません。他企業では、LINEで約1000万~2000万のファンを獲得していることもあり、LINEの活用でより効率良くファンへの情報配信や関係性構築を行えると考えられます。しかし、各店舗がLINEアカウントを保有しており、アルバイトの募集や定期的な情報配信を行っています。

ファミリーマート

ファミリーマートが活用しているSNSのファン数は以下になります。

  • Facebook:約55万人
  • Twitter:約80万人
  • LINE:1333万3000万人
  • YouTube:約1万8000人

ファミリーマートは、Instagram以外の主要SNSを活用しています。

セブンイレブンやローソンに比べて全体的なファン数は少ないもののこちらも着実に運用成果を出しています。Twitterではおすすめ商品の紹介やキャンペーン情報を日常的につぶやき、Facebookでは情報配信に加えてFacebook限定のキャンペーンの実施、LINEではクーポンの配布、YouTubeではTVCMなどの動画コンテンツを中心に運用しています。

また、SNS全般を通じたキャラクターとして「日々野優」というキャラクターを設定しているのもポイントです。

http://www.family.co.jp/other/hibino_yu.html

ローソン

ローソンは非常に多くのSNSを活用しています。他企業が活用していない海外で人気のSNSなども積極的に利用しています。国内のほぼ全ての主要ソーシャルを網羅しているといえるでしょう。

  • Facebook:約60万人
  • Twitter:約161万人
  • Instagram:約6万2500人
  • LINE:約2200万人
  • YouTube:約7300人
  • Google+:約6万5000人
  • Pinterest:約1300人

また、ファミリーマートと同様、AIキャラクターの「アキコちゃん」がSNS内で頻繁に登場しキャラクター運用を行っています。キャラクター運用を行うことでユーザー間での認知度が高まり、LINEのスタンプや着せ替えなどの側面からも自社のブランディングができるようになります。

http://www.lawson.co.jp/lab/akiko/

同社はキャラクター利用を得意としており同社の主力商品である「Lチキ」のキャラクターを、Twitterを利用した総選挙キャンペーンで選定するなど、秀逸に活用しています。

あわせて読みたい

「SNS」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    朝日が仏大統領発言でっち上げか

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    内閣改造で消えた小池・野田新党

    PRESIDENT Online

  3. 3

    米国が12月以降に北朝鮮を攻撃か

    高英起

  4. 4

    温泉更衣室の防犯カメラは違法か

    花水木法律事務所

  5. 5

    iPhone X購入の前にWi-Fi導入を

    永江一石

  6. 6

    日本人の稼ぐ力 今や他国の7割に

    THE PAGE

  7. 7

    核武装した北との共存ありえない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    よしのり氏 小池新党はいらない

    小林よしのり

  9. 9

    アラフィフの後悔 1位は「勉強」

    キャリコネニュース

  10. 10

    信用なくてもツキはある安倍首相

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。