記事

4人に1人が寮住まい"ICU"都内留学の中身

フリーランス編集者・ライター 飯田 樹

秋篠宮家の長女・眞子さまが、同級生の小室圭さんと婚約したことで、2人が通っていた国際基督教大学(ICU)に注目が集まっています。最大の特徴は「都内のキャンパスなのに留学気分」。寮の定員はこの数年で3倍に急拡大しており、在学生の4分の1が寮住まい。留学生も多く、頻繁に英語が飛び交う環境だといいます。ICU卒業生のライター・飯田樹さんが、その内実をリポートします。

■大学の規模は東大のほぼ10分の1

ICUの「独特の校風」は、これまであまり知られてきませんでした。理由のひとつは、卒業生が少ないからでしょう。ICUの在学生は大学院生も含めて約3000人。東大の約2.7万人、慶應の3.3万人、早稲田の5.2万人に比べると、ほぼ10分の1以下の規模です。

「独特」といわれる校風の背景は、いくつか考えられます。文系・理系の区別がない「リベラルアーツ教育」、教員1人に対して学生18人の「少人数教育」、日英両語を公式言語とする「バイリンガリズム」。ほかにも色々ありますが、ICUの卒業生でもある筆者は、「学内寮」の存在が現在の最大の特徴だと考えています。


2017年4月に開寮した「樅寮・楓寮」。各居室の定員は原則2名で、学年の違う学生が同室となる。

■2017年には新しい寮が2棟完成

ICUのキャンパスには約900人分の学内寮があります。在学生の3割が入れる規模があり、その定員数は約10年で3倍程度に急拡大しています。学内寮の歴史は古く、1955年からありますが、2010年~2011年にかけて定員数120名規模の寮が3棟完成。さらに2017年には合計320名が入居できる寮が2棟完成しました。これらの大規模な新寮が完成する前の2009年の入学案内には、寮の総収容定員は290名とあり、当時に比べて収容人数は約3倍に増えています。

寮を急拡大させている理由をICUに問い合わせたところ、以下の回答を得ました。「より多くの国内および国際学生が寮に入れるように環境を整えています。既存の寮も老朽化しており、改修のタイミングが重なりました。学生たちには寮内の多様性を感じながら、学びを深めてほしいと思います」(国際基督教大学学生サービス部)。

ICUとしては、寮を創立以来の重要な教育プログラムの一環と位置づけているそうで、「近年になり寮に力を入れ始めたわけではない」(同上)と言います。しかし、現在は学部生の約25%が寮に入っています(2017年5月1日時点)。学生の4人に1人が学内の寮に住む大学というのは、首都圏では珍しい。この寮と寮生の存在が、校風を一層独特のものにしている、というのが筆者の仮説です。

■コスプレ姿で授業に出る「イニシエ」

ICUの寮には、ユニークな文化やイベントが数多くあります。例えば、4月と9月に新しく寮に入った新入生には、入学後すぐに仮装して学生生活を過ごす「イニシエーション(イニシエ)」というイベントがあります。

このイベントは入学したばかりの1年生にとって衝撃的です。クラスメイトの新入生が、約2週間、寮ごとに決められた珍妙なコスチュームで授業に出てくるからです。筆者も「だいぶ変わった大学に来てしまったな」と度肝を抜かれました。

こうしたイベントも、翌年になると「季節の風物詩」として受け入れられるようになっているから不思議です。筆者も「独特の校風」に違和感をもたなくなっていました。

■寮生の約2割は外国籍の学生

寮では、原則2名1室で共同生活を送ります。また、毎月、30~40名規模で共同生活上の役割分担や寮の運営方針について話し合う「寮会」が行われており、同じ部屋の学生だけでなく、寮に住む他の学生とも関わります。

筆者の学生時代には「友達の友達は友達」という言葉がよく使われていました。ほかの大学より少人数で、学部学科は教養学部アーツサイエンス学科のみであることに加え、他学年や他専攻をつなぐ寮生のネットワークがあるため、ICUでの人間関係はかなり独特なようです。

また、寮には留学生や海外の教育を受けた学生、日本の高校を卒業した学生など、さまざまな背景を持った学生がいます。ICUによれば、現在寮は「平均して2割程度が外国籍の学生」。その影響なのか、「寮生は寮生以外に比べて、外国の教育を受けて9月に入学した学生との距離が近い印象がある」と振り返る卒業生もいました。

寮に住んでいた卒業生に、英語を使う頻度について聞くと、「日本語よりも英語の方が分かる学生とは英語で話すし、英語で話している学生との会話に加わることもある」という答えでした。学内での人間関係の濃さや、国際性という点で、寮生活は「ICUらしさ」を体現したものになっていることがうかがえます。


大学本館。旧中島飛行機三鷹研究所として使用されていた建物に4階部分を増築し、1953年完成(設計=ヴォーリズ建築事務所)。

■寮の思い出を語りだすと止まらない

ちなみに、ICUではこれまでに約5000人が寮生活を経験しています。学生寮に入っていたことを公言している著名な卒業生は、前国連大使の吉川元偉氏、富士ゼロックス元社長の有馬利夫氏、経済学者の八代尚宏氏など。このうち八代氏は、当時について、「ICUでは3年間第一男子寮に住んでいて、寮で最初にした仕事が風呂焚きでした。寮はガスがまだない時代でした。寮生活は民主的で、“自治”という概念を守りつつ、規律のある共同生活をエンジョイしました」(同窓会ウェブサイトより)と振り返っています。

卒業生との同窓会も寮ごとに行われており、世代を超えた交流があります。数十年前に寮に住んでいたという卒業生に話を聞いたところ、寮の思い出を語りだすと止まらない様子で、次から次へとエピソードを披露してくれました。卒業生が寮の魅力を熱心に語るのも、特徴のひとつです。

■一人暮らしより「お得」な寮費

寮費は「一人暮らし」よりもリーズナブルです。学部学生寮の寮費は初年度合計で約31万円~約57万円。これは、入寮費と年間在寮期間である10カ月間(7月と8月を除くため)の費用合計です。部屋代と光熱水費、インターネット回線使用料が含まれています。

寮によって金額が異なるのは「築年数で差があることや、各寮で部屋の大きさや、1人部屋か2人部屋かなど、施設・設備等に違いがあるため」(国際基督教大学学生サービス部)とのことです。


大学本館前に広がる芝生広場。昼休みには芝生に座って昼食を食べる学生の姿が見られる。

ICUのキャンパスがある東京都三鷹市の家賃相場はワンルームで6.68万円(LIFULL HOME'Sより。8月1日現在)。年間では、家賃だけで約80万円になります。光熱水費を考えると、寮費よりも安い金額で一人暮らしをするのは難しいでしょう。寮に入れば、生活費は安く、さらに多数の留学生と英語でのコミュニケーションもできるとなれば、「4人に1人以上の学生が入寮を希望している」(国際基督教大学学生サービス部)というのもうなずけます。

ただし、生活環境が学内中心になるということは、相応のデメリットもあります。学外での活動に多くの時間を割きたい人には向きませんし、大学の雰囲気に馴染めないと息苦しいこともあるでしょう。

それでも最寄りの武蔵境駅から新宿駅まではJR中央線で19分。三鷹市という便利なところで、リーズナブルな「留学気分」を味わえるとすれば、寮は魅力的な選択肢ではないでしょうか。寮生が増え、ICUの独特の校風には、これからさらに磨きがかかりそうです。今後より個性的な卒業生が輩出されることを期待したいところです。

----------
飯田 樹(いいだ・いつき)
フリーランス編集者・ライター。1989年生まれ。2011年国際基督教大学教養学部卒業。13年早稲田大学大学院政治学研究科修了、マイナビ入社。「マイナビニュース」編集部の編集記者、その他ウェブ媒体運営企業での編集職などを経て、独立。主な分野は、教育、働き方・キャリア、ITなど。
----------

(フリーランス編集者・ライター 飯田 樹 写真提供=国際基督教大学)

あわせて読みたい

「大学」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    水原希子「日本人」発言は捏造

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    解散を要求していたのは野党側

    和田政宗

  3. 3

    豊田議員糾弾は大衆によるリンチ

    小林よしのり

  4. 4

    iPhoneXで生活は全く変わらない

    永江一石

  5. 5

    国民に刺さるのは左翼でない野党

    AbemaTIMES

  6. 6

    都知事 秘書の異常待遇言及せず

    週刊金曜日編集部

  7. 7

    水原希子ヘイト騒動 本人も問題?

    メディアゴン

  8. 8

    車道ベビーカーなら「日本死ね」

    花水木法律事務所

  9. 9

    10月解散総選挙なら自民の不戦勝

    NEWSポストセブン

  10. 10

    河村市長は衆院選出馬やめるべき

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。