記事

次のパナ100年に向けた“スマホ家電”の第一弾

1/2

“イクメン”や“カジダン”が増えています。にもかかわらず、家事は依然、女性に重くのしかかっている現実がある。家事労働の分担をめぐって、忙しい共働き夫婦の不満は増すばかりですよね。


※パナソニック常務執行役員の中島幸男さん

パナソニックは24日、来年3月に迎える同社の家電事業100周年を記念し、30代から40代の共働き世帯をおもなターゲットにした家電の製品群を「クリエイティブセレクション」の名称で展開すると発表しました。

17年度下期から13の製品を市場投入、20年にかけて製品群を増やし、海外にも展開する計画なんですね。

「100周年はまだ道半ばです。次の100年もよりよい暮らしを目ざすというコンセプトは不変ですが、お客さまの求めるニーズは変化しています」とは、パナソニック常務執行役員コンシューマーマーケティング担当の中島幸男氏のコメントです。

指摘するまでもなく、この100年、日本の家族形態は大きく変化しました。内閣府によると、1980年以降、夫婦ともに雇用者の共働き世帯が増加し、97年以降は共働き世帯数が男性雇用者と無業の妻からなる世帯数を上回っています。

総務省の「労働力調査」によると、共働き世帯数はすでに1000万世帯を超え、いまなお伸び続けています。

そんな現状下において、共働き夫婦からは、家事分担の不満がしばしば聞かれる。というのは、共働きである以上、家事分担は当たり前にもかかわらず、完全に平等にはなっていない。これが、夫婦の不満の種になっているんですね。

そこで、パナソニックは提案した。家事の役割分担ではなく、“家事シェア”です。

その根拠が、IoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)、スマホ操作などの新しい技術です。

あわせて読みたい

「パナソニック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本を分断する母への歌詞批判

    幻冬舎plus

  2. 2

    田原氏 保守に生じたねじれ指摘

    田原総一朗

  3. 3

    「40歳定年制」を考えるべき理由

    城繁幸

  4. 4

    全国民に7万円 困るのは低所得者

    PRESIDENT Online

  5. 5

    よしのり氏「安倍首相を評価」

    小林よしのり

  6. 6

    「おかあさんだから」に千秋共感

    NEWSポストセブン

  7. 7

    「貧困は自己責任」落語家が炎上

    キャリコネニュース

  8. 8

    竹島の日 5人殺した韓国忘れるな

    赤池 まさあき

  9. 9

    保育園はイヤ…潜在保育士の本音

    川名 ゆうじ

  10. 10

    ホンダジェット 納入数で世界一

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。