記事

左利きがタブーだった時代、ヨネスケは箸を右手で持つように

『突撃! 隣の晩ごはん』のヨネスケも左利きを自粛(公式HPより)

【『突撃! 隣の晩ごはん』のヨネスケも左利きを自粛(公式HPより)】

 かつて左利きは“矯正すべき欠点”として疎まれ、幼い頃に厳しくしつけられた人が多い。

「小学校でからかわれるのが嫌で、必死に矯正しました」(50代男性)
「“女の子の左利きはお嫁に行けない”と言われ、母から徹底的に直されました。お箸や鉛筆を左手で持とうとすると、すぐに物差しで手を叩かれたことを思い出します」(60代女性)

 この、「左利き=欠点」という図式は、テレビの世界でも同じだった。芸能評論家の肥留間正明さんが振り返る。

「昔はドラマや映画の箸を持つシーンや字を書くシーンでは、左利きの役者さんも右利きに直されていました。きちんとした家で育てられた役ならば、食事するときに左で箸を持つのではなく、右でしょうと」

 日常生活でも、テレビの中でも、左利きは隠すものだった。だが、1973年に麻丘めぐみの『わたしの彼は左きき』がリリースされると、少しだが、風向きが変わる。50万枚を売り上げた大ヒットソングとなり、麻丘は紅白歌合戦出場も果たした。

「最初、曲名を見た時『タブーに触れて大丈夫かな』と思ったんです。心配をよそに、曲は大ヒット。これをきっかけに左利きにスポットライトが当たり、左利き用のはさみや包丁が売られるようになりました」(麻丘)

 さらに、「左利きは隠すもの」という風潮にも風穴があいた。

「左利きのファンから“今まで恥ずかしいと思っていたけど、恥ずかしがらずに学校に行けるようになった”とか、“自慢になった”“自信になった”とお手紙が届いて、いまだにお礼を言われるんです。タブー視されていたものが魅力に変わって、みんなが喜んでくれた。貢献できてよかったなと嬉しかったです」(麻丘)

 これを機にテレビでも、少しずつ左利きの出演者が増えたが、批判も少なくなかった。例えば、1985年に始まったワイドショー『ルックルックこんにちは』(日本テレビ系)の中の名物コーナー『突撃! 隣の晩ごはん』のヨネスケ(69才)。

 同コーナーで、食事をする際、当初、ヨネスケは利き手である左手で箸を持って食べていた。

「高齢の視聴者から“左手でお箸を持つのはいかがなものか!?”とクレームが数多く入り、途中からヨネスケさんは右手で箸を持つようになったんです」(当時を知る日テレ関係者)

「左利き」が“個性“として認められるようになったのは、2000年代に入ってからである。『左ききのトリセツ』(グラフ社刊)などの著書がある動物学者の實吉達郎さんが解説する。

「ピンク・レディーの『サウスポー』が流行った1980年代あたりから、“左利きの方がかっこいい”という風潮が生まれはじめました。東京の一部の家庭では矯正せずそのまま育てていましたが、まだ全国的ではなかった。全国に広まったのは、2000年代に入ってからです。『サウスポー』を聴いて、王貞治に熱狂した世代が親になったとき、“左利きも個性の一つだから、そのままにしよう”と考えたのかもしれません」

 実際、2000年1月の朝日新聞の『声』欄には「左利き矯正、しつけと違う」という投書が掲載され、左利きを直そうとすることは少数派を排斥することにつながるのではないかという議論がなされている。

 また、同じ時期に誰もが使いやすい商品を開発する『ユニバーサルデザイン』という概念も広まり、左利きも右利きも使えるはさみや包丁が一般的になった。このように、左利きにとって暮らしやすい世の中になったことも、左利きが増えた一因だろう。

※女性セブン2017年9月7日号

あわせて読みたい

「マイノリティ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    デリヘルに素人専門が増えた理由

    PRESIDENT Online

  2. 2

    質問力なし 報道のTBSは死んだ

    和田政宗

  3. 3

    小池氏会見まるでイキった大学生

    キャリコネニュース

  4. 4

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  5. 5

    橋下氏 解散批判する野党に苦言

    橋下徹

  6. 6

    小池氏登場で自民圧勝は不確実に

    近藤駿介

  7. 7

    北外相「米爆撃機撃墜の権利も」

    ロイター

  8. 8

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  9. 9

    自民は本気の小池氏を甘く見るな

    安倍宏行

  10. 10

    宣戦布告発言は米と北の戦争抑止

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。