記事

テンプレートメッセージに思う

このところ、民進党代表選について、どう見てもテンプレートとおぼしき文面でのメールやメッセーがが続々届き、ちと、辟易している。

文面には特徴がある。

①自分は党員・サポーターでもないが民進党を応援している
②今回の代表選はどちらの候補も議論をしようという姿勢が見えて好感を持つ(と一応、両方を褒める)
③その上で、テレビやSNSを通して、ふたりには明確な違いがあることがわかった
④一方であれば応援はできないし、民進党は終わりだ(③までに比して結論が極端・・)

とにかく文章が長い(笑)というのも共通なんだけど、かいつまんで言えば、特定一方への投票を促す内容。

そのことを言いたいがために、「あなたの選挙区にも私の親戚や友だちが住んでいるので、今回の行動は注視しています!」等々、ソフトに票をちらつかせてプレッシャーをかけてくる手法は、まさに、日本の民主主義が今も松田道雄先生いわくの「明治的支配」の延長上にあるということを強く感じさせるものである。

まあ、票を見せたら、政治家はなびくと思われているんだろうな。そう思うと余計情けない。

あわせて読みたい

「民進党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドラッグストアがセブンを淘汰か

    MAG2 NEWS

  2. 2

    野田前首相 愛媛知事を招致せよ

    野田佳彦

  3. 3

    若く見せたい男が注意すべき3点

    内藤忍

  4. 4

    なぜ民放コント番組は消滅したか

    メディアゴン

  5. 5

    教養教育を軽視する日本の問題点

    SeaSkyWind

  6. 6

    老舗かまぼこ店が起こした大改革

    MAG2 NEWS

  7. 7

    日銀が敗北宣言 貧乏になる日本

    MONEY VOICE

  8. 8

    NHK記者左遷が事実なら抗議する

    阪口徳雄

  9. 9

    公明・山口氏 内閣支持率は脆弱

    ロイター

  10. 10

    自民議員「行政歪められてない」

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。