記事

「赤色」が効果的!多忙なビジネスパーソンのための「疲れ目」対策とは

疲れ目に悩ませられているあなたに…

現代人の悩みの種といえば「疲れ目」。毎日、遅くまでパソコンと向き合い、目を酷使しているビジネスパーソンも多いだろう。

疲れ目を悪化させる生活習慣とは……?

「疲れ目」は、生活習慣によってさらに悪化する恐れがあるという。

「スマートフォンの長時間利用」や「睡眠不足」「エアコンのきいた部屋にいることが多い」「喫煙室など、たばこの煙の蔓延した部屋で過ごすことがある」といった生活習慣は、目にも負担が掛かる。日常生活の中で、当てはまることが多い場合には、何らかの対策が必要と考えられる。

「疲れ目」に負けない目薬の選び方 ポイントは「赤色」

疲れ目対策には様々な方法があるが、忙しいビジネスパーソンには目薬のような「疲れた!」と思った時に手軽にできるケアが理想的だ。そして、多くの目薬の中でも、「赤色」の目薬を選ぶことが重要だという。

何故なら、赤色が特徴の「ビタミンB12」が「疲れ目」対策に有効とされているからだ。「ビタミンB12」は目のピント調節を行っている筋肉に働きかけ、目の疲れをほぐしてくれるとされている。

参天製薬

中でも、参天製薬の「サンテメディカル12」は、ビタミンB12を中心に4つの成分を最大濃度配合(※1)するなど、考え抜かれた12種の有効成分をバランスよく配合。

ピント調節筋(※2)と副交感神経に働いて衰えたピント調節機能を高めるとともに、目の乾きをうるおし、さらに目に栄養を補給して組織代謝機能を促進する、眼疲労改善目薬となっている。

また、コンタクトユーザーには「ソフトサンティア ひとみストレッチ」がオススメだという。

参天製薬

目の疲れの大きな原因である、ピント調節筋(※2)のコリをほぐす2種類の成分、組織代謝を促進するビタミンB6を最大濃度配合(※3) 。防腐剤は無添加(※4)なので、すべてのタイプのコンタクトレンズ(カラーレンズを除く)を装着したまま点眼することができる。

赤色の目薬を取り入れれば、疲れ目に打ち勝ち、多忙な日々を乗り切ることができるだろう。

◆関連リンク
自分に合った目薬の選び方、知っていますか?/参天製薬
キーワードは「赤色」!現代人の悩みの種 あの「疲れ目」に負けない目薬の選び方とは - ソーシャルトレンドニュース

(※1)一般用眼科用薬製造販売承認基準の最大濃度配合:ビタミンB12、ネオスチグミンメチル硫酸塩、コンドロイチン硫酸エステルナトリウム、クロルフェニラミンマレイン酸塩
(※2)毛様体筋
(※3)一般用眼科用薬製造販売承認基準の最大濃度
(※4)防腐剤(ベンザルコニウム塩化物など)は配合していません。

[ PR企画 / 参天製薬株式会社 ]

あわせて読みたい

「ストレス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「小室哲哉は気の毒」

    小林よしのり

  2. 2

    河野氏の韓国強硬外交は歴代突出

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    小室引退 実に後味の悪い文春砲

    渡邉裕二

  4. 4

    小室哲哉 3年前から妻とぶつかる

    THE PAGE

  5. 5

    外国人も失望? 蔓延する残念和食

    NEWSポストセブン

  6. 6

    年収1000万円の銀行員が続々転職

    キャリコネニュース

  7. 7

    タイで男を買い妊娠した30代女性

    fujipon

  8. 8

    高須院長 南北合同の五輪に激怒

    NEWSポストセブン

  9. 9

    小室引退に坂上忍が辛口コメント

    NEWSポストセブン

  10. 10

    童貞イジりの解消で失われる文化

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。