記事

63歳で「キッザニア開業」を決意したワケ

(KCJ GROUP 社長 住谷 栄之資 構成=新田理恵 撮影=向井 渉)

子ども向けの職業体験型テーマパーク「キッザニア」。運営会社の住谷栄之資社長が、メキシコで初めてみたのは61歳のこと。以降、63歳で東京、65歳で関西に施設をオープンさせ、74歳の現在も社長として指揮を採っています。長年勤めた企業を辞めたあと、なぜ挑戦を続けられたのか。そこには「人生100年時代」の働き方のヒントがありました――。

※本稿は7月24日に行われた和歌山県出身の若手ビジネスパーソン向け講演会「わかやま未来会議」の講演抄録です。

■昔からの基本姿勢は「なんとかなる」

私は和歌山県田辺市で生まれ、6歳から大阪の箕面に移りました。大阪に移っても長期の休みには、田辺に帰り海でよく遊んでいました。そのおかげで水泳が人よりも少しできたということもあり、高校、大学時代は水球に夢中になりました。大学を出たあとは、藤田観光に入社。ホテルや外食事業、また今は有名となった直島の開発に従事し、いろんな人と接し、いろんなことを体験し、社会人としての基礎を学びました。


KCJグループ代表取締役社長兼CEOの住谷栄之資氏

4年半勤めたあと、大学で水球をやっていたときの先輩に誘われて始めたのがWDIです。1969年に会社を設立。「ケンタッキーフライドチキン」「トニーローマ」「カプリチョーザ」などを日本国内外で展開し、外食産業を軸に、定年までの35年を費やすことになります。

「トニーローマ」はアメリカで生まれたバーベキューリブのレストランです。1号店は東京・三番町に、2号店はハワイ・ワイキキに出店しました。ワイキキはオープンするまで苦労しました。場所探し、従業員の採用、マーケティングなど、いろんなことを1人でやったわけですが、海外に行って事業を始めることに対して、「なんとかなる」という考え方が僕の基本的なところにあります。

■わずか30分で「わかった、手伝うよ」

米ビバリーヒルズに、料理の味も、雰囲気も非常に良い、優れたコンセプトの「スパゴ(Spago)」というレストランがあります。今でいう地産地消のお店で、その地域でとれた食材を使って提供する。聞いてみれば当たり前の話なのですが、日本は自給率が低く、食品の6割を海外から輸入しているのが現状です。当時はそこまで自給率は低くなかったものの、非常に関心を持ちました。

スパゴのようなレストランをぜひ日本でもやりたいと思った私は、シェフのウルフギャング・パックさんに会いに行きました。すると、わずか30分で「わかった、手伝うよ」という話に。今までいろんな契約を経験してきましたが、これが一番短い時間で成立した契約です。

相手は「この人、本当にやりたいのかな?」と思いながら、こちらの話を聞いています。私はそれほど英語が話せませんでした。でも、「ぜひやりたい!」というパッションが、英語ができなくても伝わったのだと思います。

■4歳と7歳だった「孫」のおかげ

外食事業のほかにも、若い人にできるだけ海外に行ってほしいという思いがあり、留学支援事業などいろいろな仕事を経験。そして60歳という区切りの年にWDIを退職しました。

悠々自適な生活を送ろうとしましたが、一方で「まだ何かできることがあるのかな」という思いも抱いていたところ、米国人の友人からメキシコに面白い施設があるので行ってみないかと誘われたんです。それがキッザニアでした。2004年、61歳のときに見に行きまして、ちょうどニート問題などが言われ出した日本でも、事業として成り立つのではないか、子どもたちの成長に役立つのではないかと感じ、06年10月に「キッザニア東京」を、09年3月に「キッザニア甲子園」をオープンします。


7月に開催された「第8回わかやま未来会議」。その場にいる全員が和歌山関係者ということもあり、アットホームな雰囲気で質問や意見も活発。

メキシコの視察には当時4歳と7歳だった孫も一緒に行きました。もし彼らがいなければ、キッザニアはやっていなかったと思います。孫たちは、海外に住んでいたので、英語は話せるけれどスペイン語は話せませんでした。しかしながら、言葉がわからないのに、一度も帰りたいとは言いませんでした。また、日頃から子どもたちの将来はどうなるのだろうという思いがあったので、「キッザニアが彼らの成長に役立つのでは」と直感的に思ったんです。

■熱意、意欲、パッション

メキシコのキッザニアで初めて知った言葉が「エデュテインメント(楽しみながら学ぶ)」でした。エデュケーションとエンターテインメントを掛け合わせた言葉で、「子どもたちに生きる力を身につけてほしい」というのが、キッザニアの基本コンセプトです。

子どものうちから職業意識を身につけていると、勉強への向き合い方も違ってきます。憧れの仕事に就くためには勉強しなければいけないと考え、仕事のために勉強をするようになります。キッザニアに来場した子どもたちの親御さんから、子どもたちのそういった変化をよく聞きます。

企業が若い人に何を期待しているのかというと、熱意、意欲、パッションだと聞きます。そして、こういうものは、小さい頃から培っていかないと、なかなか身につきません。

加えて、若い人に身につけてほしいのは、「クリティカルシンキング」。物事を深く考える力のことです。それから「クリエイティビティ」。欧米人に比べ、日本人はこの能力が劣っていると言われていますが、これからますます重要性を増すと思います。そして、「コミュニケーション」。「私はちゃんとコミュニケーションをとっている」と言う人も、本当に内容をタイムリーに伝え合えているのかというと、疑わしい部分があると思います。人間同士、コミュニケーションをいかにうまくとっていくかがすごく大事。こうしたことも、子どものうちからキッザニアの中で体験してもらえればと思っています。

■ITの時代、ますます人間力が大切に

人間は欲望から、新しいものを発明してきました。でも、今皆さんに何が欲しいかと質問しても、なかなか出てこないんですよね。新しい機能やバリエーションが追加されたりはしますが、今までにないもので、人間が欲しいと思うものがもうない。この状況で、今後経済をインフレのほうにもっていくのは至難の業だと感じています。


KCJグループ代表取締役社長兼CEOの住谷栄之資氏。

日本の人口は1億2675万人。これが50年後には8674万人に減少すると言われています。出生数も減り続けて、昨年は100万人を割りました。その上、シェアリングエコノミーなどが盛んになると、ますますモノが売れないですよね。さらにITの分野ではAR(拡張現実)やVR(仮想現実)といった技術が発展し、自分で創造することができない人が増えている気がします。

非常に難しい時代です。けれど、そんな状況でも僕は、人間の力を発揮することで社会をより良くすることができるのではないかと思います。科学技術が進化するほど、「人間力」が退化していきます。「人間力」とは、体力、知力、五感、思いやり、コミュニケーション力など、人と人が関わっていくための基本的な力のこと。これをもっともっと強めていかなければいけません。身近な例を言えば、エレベーターやエスカレーターを使うより階段を歩く方が足の筋力を高められます。

時代のキーワードは、「サイエンス」と「アート」だと考えています。アートとは、つまり人間ということ。この掛け合わせです。そして「ソーシャル」。ITが発達した今だからこそ、より意識して、みんなで話し合う機会を持ち、知恵を出し合っていくことが大切ではないでしょうか。

----------

住谷栄之資(すみたに・えいのすけ)
KCJ GROUP 社長
1943年、和歌山県田辺市生まれ。慶應義塾大学商学部卒業後、藤田観光に入社。直島開発プロジェクトを手掛ける。69年、WDIに入社後、取締役として主に外食事業に経営参画。ケンタッキーフライドチキン、トニーローマ、ハードロックカフェなどのライセンスを取得し、開発運営。同社を60歳で退職後、キッズシティージャパン(現:KCJ GROUP)を立ち上げ、日本でのキッザニアのライセンスを取得。2006年にキッザニア東京、09年にキッザニア甲子園をオープン。

----------

あわせて読みたい

「企業経営」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  2. 2

    山尾議員の不倫相手は恥だと思え

    小林よしのり

  3. 3

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    「米は北攻撃できない」は本当か

    自由人

  5. 5

    元TBS記者の不起訴に異常な警察

    猪野 亨

  6. 6

    米国空軍のB1爆撃機が怖い北朝鮮

    和田政宗

  7. 7

    共産党のデマがはびこる堺市長選

    足立康史

  8. 8

    よしのり氏 山尾氏の謝罪に苦言

    小林よしのり

  9. 9

    「脱デフレは幻想」イオンが証明

    近藤駿介

  10. 10

    勝手に説明省くかんぽ生命に怒り

    krmmk3

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。