記事

超富裕層は今も「マシュマロ2個」を選ぶ

1/2

(行政書士・不動産投資顧問 金森 重樹)

高学歴、高収入、高資産、健康長寿……。それらすべてを手に入れる人の唯一の条件とは、「自制心」。なぜ、そう断言できるのか? 金融資産5億円超の富裕層でもある金森重樹氏が、国内外の疫学調査に基づいて解説する。

■収入の低い人ほどタバコを吸う

前回*は、主に「収入と寿命」の関係について論じました。

世帯収入が上がるにつれて寿命が延びているという調査結果があり**、それによれば「収入上位1%」層は「下位1%」層より男性で14.6年長生き、女性で10.1年長生き、といった内容でした。

以前、報告したように「収入と幸福度」の関係については、ある一定の所得にまで上昇すると「幸福度の上がり方はゼロになる」(飽和点が存在する)のですが、命の長さは飽和点が存在しない。従って、「人の命はお金で買えない」という“定説”は必ずしも正しいとは言えないのではないか、と僕は考えました。

*「タワマン住民が抱く劣等感と寿命の"相関"」http://president.jp/articles/-/22409
**スタンフォード大学のChetty Rとハーバード大学のCutler Dらが、収入と寿命の関係について2016年4月に『The Journal of the American Medical Association(略称:JAMA)』(米国医師会雑誌)に発表。

この調査の中で担当教授らが、収入階層の「下位25%」が“短命”であることについて、相関関係があると判断できた項目は「喫煙、肥満(などの保健行動)」でした。「下位25%」はタバコを吸い、太っている率が顕著に高かったのです。

▼「所得が少ない人は死亡リスクが2倍近く高い」

日本でも興味深い調査がされています。2009年〜2013年度の文部科学省科学研究費による新学術領域研究をまとめた「健康社会格差」に関するリポートで、「教育年数が短い人は教育年数が長い人より死亡リスクが1.5倍高い」「所得が少ない人は所得が多い人より死亡リスクが2倍近く高い」といった事実が判明しました。

このリポートでは、なぜ学歴や所得と健康状態が関係するかについて、いくつかの仮説をあげていますが、そのひとつの仮説として、他人と比べて自分は豊かでないという劣等感(相対的剥奪感)が健康をむしばむ可能性について述べています。それを「相対的剥奪仮説」と呼んでいます。

ある人物が、人より収入が少ないといった劣等感(相対的剥奪感)によって慢性的なストレスを抱えているとします。そのストレスは、ホルモン分泌や自律神経のバランスを崩し、脳の構造や機能を変えることがあります。また劣等感のストレスにより、健康に悪い生活習慣(酒やタバコなど)をあらためることが難しくなり、そうした嗜好品への依存を続けてしまうリスクがあります。その結果、死亡リスクが上昇する、という仮説です。

■「所得と喫煙」の関係を掘り下げ、判明したのは……

今回は、所得と喫煙(と寿命)の関係について掘り下げてみましょう。

まず、そもそもの前提として喫煙が寿命と関係あるのでしょうか。これについては損失余命(lost life expancy=LLC )という考え方があります。



損失余命とは、人間が行う食事や日常の行動などに寿命を短くするリスクがどれくらいあるのかを示したもので、WHO(世界保健機関)をはじめ、各国の医療機関でリスク指標のひとつとして使用されています。

2001年1月に発表された医学雑誌『the BMJ(British Medical Journal)』の内容は次のようなものでした(http://www.bmj.com/content/bmj/320/7226/Letters.full.pdf)

英国の喫煙者は17歳から71歳までに1年5772本(1日15.8本だから1箱未満)、トータルで31万1688本を吸うと推計されます。また、英国の40歳以上の男性医師3万4000人の喫煙習慣を40年間追跡調査した結果出た、喫煙者と非喫煙者の寿命の差は6.5年でした。

こうしたデータを基に、タバコ1本あたりの損失余命を計算すると、1本吸うごとに寿命が11分短くなるという結果が出ました。1日1箱(20本)吸うと、単純計算で11×20=220分寿命が短くなり、1年間だと55.7日。かなり寿命に影響を与えることがわかります。

▼「1日1箱吸う人」は1本ごとに寿命が4.04分短くなる

日本国内でも、喫煙と損失余命の算出が行われています。

大阪工業大学工学部の渡辺信久教授は、タバコを吸い始める年齢を20歳とし、死ぬまで40歳時点でのペースで吸い続けると仮定して計算することで、「1日1箱(20本)吸う人」は、1本吸うごとに寿命が4.04分短くなると算出しています(http://www.oit.ac.jp/env/cardamom/~wastcoex/6_Risk_Percept_Accept/6_Risk_Percept_Accept_OkayamaUni2011_Slide_Wata.pdf)

タバコ1本でどれだけ寿命が短縮するか、その細かい時間は置いておくとして、喫煙が寿命と関係あることはわかりました。そこで次の段階として所得と喫煙の関係について見てみます。これがわかれば、喫煙を介して所得と寿命の関係が明らかになりそうだからです。

あわせて読みたい

「富裕層」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内閣改造で消えた小池・野田新党

    PRESIDENT Online

  2. 2

    信用なくてもツキはある安倍首相

    文春オンライン

  3. 3

    議員秘書が明かす蓮舫氏の悪評

    fujipon

  4. 4

    「米軍に勝てない」北幹部が動揺

    高英起

  5. 5

    姜尚中氏語る「戦争回避」の道筋

    亀松太郎

  6. 6

    米国が12月以降に北朝鮮を攻撃か

    高英起

  7. 7

    朝日が仏大統領発言でっち上げか

    西村博之/ひろゆき

  8. 8

    安室奈美恵の引退に衝撃受けるな

    常見陽平

  9. 9

    アラフィフの後悔 1位は「勉強」

    キャリコネニュース

  10. 10

    小林麻耶が海老蔵の家を出た事情

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。