記事

岐阜老人介護施設5人死傷 退職を促された元職員の人物像

【介護現場が虐待を招きやすいのはなぜ?(写真/アフロ)】

「飛騨の小京都」と呼ばれる風光明媚な街の老人介護施設で、不可解な事態が起きている。事件か事故か──注目されているのは死傷した5人の介護にかかわった1人の元職員。この施設でいったい何があったのか。

「“犯人”とは断定できないが、(警察捜査や報道で)Aさんの名前が挙がっていることはみんなが知っています。このまま職員でいれば入所者が不安で夜も眠れなくなるし、職員の気も休まらない。だから彼には退職してもらうことにしたんです」

 苦渋の表情でそう語るのは、高齢の入所者が短期間に5人連続で死傷した『介護老人保健施設 それいゆ』(岐阜県高山市)の折茂謙一理事長だ。

 1997年に開業した『それいゆ』では約80人の職員が働き、約90人の入所者が生活している。

「介護老人保健施設」は公的施設なので、民間の老人ホームに比べて費用が格安。ただし“終身制”ではなく、自宅で生活することを目指して医療ケアを受けたり、リハビリをする施設なので、平均入所期間は1年弱と短い。

「特養ホームなどと比べて、終末期の高齢者は多くないはずなのに、わずか2週間余りの間に3人が死亡、2人が大けがを負ったことは異様な事態です。岐阜県警は事件性があると判断して捜査を進めています」(全国紙社会部記者)

 まず7月31日、門谷富雄さん(享年80)が喉に食べ物を詰まらせて倒れ、搬送先の病院で亡くなった。

 8月6日には石本きん子さん(享年93)が部屋で倒れた状態で見つかり、翌日、搬送先の病院で死亡。施設は「自分で転倒して頭部を打って脳挫傷になった」と説明するが、遺族は「いつも前のめりに転んでいた。頭を打つのは人に押されたからではないか」と疑念を抱く。

 3人目に亡くなった中江幸子さん(享年87)は8月12日夕方、職員が病室を訪れると顔面蒼白で返事がなく、搬送先の病院で翌日死亡したが、経緯が不自然だったことから県警が16日に司法解剖。死因は、外から圧迫された肋骨が肺に刺さった「外傷性血気胸」だった。

 施設側は、「入浴介助の際、胸骨や肋骨を圧迫してヒビが入り、ベッドから車いすに移動する際にずれて肺を傷つけた可能性がある」と説明するが、親族は、12日午後に面会した際、首や胸にあざのような痕があったと指摘する。

「中江さんは昨年暮れから入所していますが、親族にとっては初めて見る痕で、『寝たきりだったので自らの力であざができたとは考えられない』と主張しています。司法解剖の結果、中江さんの胸部には、外部から押さえつけられた際にできる圧迫痕が確認されました。警察は職員による虐待の可能性もあるとみています」(前出・記者)

 15日には91才女性が中江さんと同じく肋骨骨折と外傷性血気胸で入院。その翌日には93才女性が肺挫傷で病院に搬送された。

 今回の件で虐待の有無は不明だが、介護施設における虐待は社会問題になりつつある。厚生労働省の調査によると、介護施設などで虐待の相談や通報があった件数は、2006年度の273件から、2015年度の1640件と急増。虐待と判断された件数も54件から408件に増えた。

◆「夜勤が多すぎる。やってられない」

 5人の死傷者はみな、施設の2階にある認知症専門棟に入所していた。そのフロアは職員が暗証番号を入力しないとエレベーターは動かず、非常階段も施錠されていた。

「5人のかたがけがをしたとされるとき、施設側にはただ1人だけ、全員の介護を担当した男性がいました。それが、32才の元職員Aさんだったので、否が応でも注目されてしまったんです」(前出・記者)

 Aさんは一連の事件の報道が過熱した8月17日付で自主退職。冒頭の通り、『それいゆ』の折茂理事長は、「職員や入所者の不安を抑えるために、Aさんに退職を促した」と説明する。

「最初はAさんを自宅待機にしたが、報道が過熱したので退職してもらった。Aさんが入所者に乱暴をしたという話は一切なく、Aさんを犯人と断定などしていません。あくまで関係者の不安を取り除くための処置です」

 退職によってAさんはさらに注目され、新聞やテレビの報道は過熱。Aさんはテレビの取材を受けて「5人を介助した際に異常はなかった。自分は100%やっていない」と関与を否定した。

 施設を辞めなければならなかった32才のAさんとはどんな人物なのか。Aさんの知人が話す。

「4人きょうだいの3人目で、公務員の両親は10年以上前に離婚しているそうです。今は『それいゆ』から車で15分ぐらいの一軒家で、母と兄と3人で暮らしています。地元の工業高校を卒業した後、数か月ごとに家電量販店など、さまざまな職を転々としていました。『それいゆ』で働いていたのも1年ぐらいで、その前も高山市にある別の介護老人保健施設『B』で働いていました。介護の仕事についたのは、『B』が初めてだったそうです」

 身長は170cmほどで、細身の体形。短髪に切り揃えていて、一見すると穏やかそうな雰囲気だが、近所の住民はこう明かす。

「Aさんの家はきょうだいげんかが絶えず、窓ガラスが割れるような大きな音を出すこともけっこうあって、警察が駆けつけたこともあります。ある時も、Aさんが『自家用車を壊された』と大騒ぎをして警察を呼んだのですが、結局、自分が運転していて車をぶつけたことを忘れていただけのようなんです」

 Aさんの前の職場である介護施設『B』の関係者はこう証言する。

「『B』に勤めていた期間も1年弱でした。辞めたきっかけは、入所者に対して乱暴な言動があったことを施設側が問題視したからだそうです。また、Aさんが在籍中、同僚の携帯電話をポットかコップに水没させるトラブルが起きていたのですが、Aさんの退職後は起きなくなりました」

 こんな不穏な話も聞こえてきた。

「『それいゆ』でもパソコンが水浸しになって故障するという騒動が起きていたんです。一体、誰がやったのかははっきりしないのですが…」(『それいゆ』関係者)

 介護の仕事は体力的にもきつく、ストレスが溜まりやすい仕事だ。休みも少なく、ふさぎこんでしまうことも多い。『それいゆ』の勤務形態は他の施設より厳しく、月に8~9回の夜勤をこなす職員もいたという。

「Aさんは周囲に『夜勤が多い。減らしてほしいといくらお願いしても聞いてもらえない。もうやってられない』と不満を漏らしていたそうです。同僚から、“つきあいにくい人”と思われていたことも、『それいゆ』を辞めることになってしまった原因ではないでしょうか」(前出・Aさんの知人)

 今回の問題の真相はわからない。ただ、介護現場が虐待を招きやすい構造になっていることは確かだ。ケアマネジャーの経験を持つ淑徳大学の結城康博教授(社会福祉学)が指摘する。

「高齢化で施設が増える一方、給料が安い介護職員は慢性的な人材不足を抱えているので、技術や経験、モラルの低い職員が増えているように感じます。また、職員の研修制度を整えていない施設も増えています。たとえば認知症の入所者が暴力的になったり悪口を言ったりしたとき、経験の少ない職員だとケアできず、逆恨みから虐待に走ることもある。職員の待遇改善や研修制度の充実が急務です」

“被害者”が認知症を患っていることもあり、決定的な証言がなく、警察の捜査は長期化が予想されている。真相解明が待たれる。

※女性セブン2017年9月7日号

あわせて読みたい

「介護」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  2. 2

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  3. 3

    共産と協力へ 前原氏は支離滅裂

    和田政宗

  4. 4

    核放棄で北に6兆円 報道の思惑

    NEWSポストセブン

  5. 5

    正恩氏声明が「読めない」と話題

    ロイター

  6. 6

    小池新党は選挙対策「互助会」か

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    フジ「ENGEI」 古臭い設定の謎

    メディアゴン

  8. 8

    iPhone iOS更新で使える11の裏技

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  9. 9

    難民「射殺か」 武器使用は可能

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。