記事

パリ地域の観光客、今年は過去最大の勢い=観光局

[パリ 22日 ロイター] - フランス観光当局によると、今年上半期にパリ地域を訪れた観光客は2008年の統計開始以来最多の1640万人となり、通年でも過去最大に達する勢いを見せている。

2015年11月に130人の死者が出た同時多発攻撃で一時落ち込んだが、強い回復が裏付けられた。ただ、先週スペインのバルセロナで起きた攻撃事件で訪問を再考する人もいる可能性はあるという。

パリ地域の観光局責任者は、7、8月が好調で、9月の予約も順調なことから、通年では3200万─3400万人になる可能性があるとしている。

2016年は3000万人、2015年は3200万人だった。

バルセロナについては、いまは観光部門が打撃を受ける公算が大きいものの、パリやニューヨークの経験から回復は見込めると述べた。

上半期のパリ地域観光客は前年同期比10.2%増。外国人は米国と中国を中心に14.9%増加した。英国からの観光客は、欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)に伴う不透明感によるポンド相場下落を背景に減少した。

あわせて読みたい

「フランス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  2. 2

    那覇市長選 与党が敗北した要因

    田中龍作

  3. 3

    韓国また合意棚上げ? 注目の判決

    tenten99

  4. 4

    サウジ記者殺害 米IT企業が窮地?

    幻冬舎plus

  5. 5

    3億円事件告白 出版社の仕込みか

    tokyo editor

  6. 6

    50人以上応募 音喜多新党に期待

    早川忠孝

  7. 7

    文大統領の苦しい国家運営と外交

    ヒロ

  8. 8

    マツコが悟った松田聖子のすごさ

    SmartFLASH

  9. 9

    「汚い顔は失礼」神田うのが炎上

    女性自身

  10. 10

    堀江氏「もう一度東大受ける」

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。