記事

インスタで“脱ぐ”女性が増加 6人が語るそれぞれの動機


【インスタ女子は増えているが…(写真はイメージ)】

 写真を共有できるスマホ向けアプリ「Instagram」の利用者は世界で7億人。現在、ここに自慢の美ボディ写真を投稿する女性が増えている。

 もちろん、フルヌードが投稿されているわけではない。Instagramのコミュニティガイドラインには、以下のような記述がある。

〈さまざまな理由から、Instagramではヌード画像を許可していません。それには、性行為や性器、衣服を着けていない臀部のアップの写真、ビデオ、デジタル処理で作成されたコンテンツなどが含まれます。また、女性の乳首の写真も含まれますが、乳房切除術後の瘢痕や授乳をしている女性の写真は許可されます。ヌードの絵画や彫刻の写真も許可されています〉

 こうしたことから、乳首を露出しない範囲での、ギリギリのセミヌードが投稿されているのである。彼女たちはなぜ、自身の裸身をさらすのか。そうした女性の一人、熊本アイさん(28。アカウント:eye.1010)は、以下のように語る。

「本業はメイドリフレ店長ですが、3年ほど前から、知り合いのカメラマンさんのヌードモデルを始めました。アップしているのは、プロの方やワークショップの生徒さんに撮ってもらった写真。Instagramの規約に引っかからないギリギリラインの露出の写真を選んでいますが、たまに削除されたり、アカウント停止の警告があることも(笑い)。アップしたくてもできないよい写真が山ほどあります!!」

 ここでは熊本さんの他、年齢も職業も異なる5人の女性が、Instagramに自身のヌードを投稿する理由を語ってくれた。

「兼業主婦ですが、アラフィフ世代に入ったので少しでも綺麗な姿を残しておきたくて始めました。旦那さんのいない時にこっそり寝室などで自撮りしています。詐欺写真は嫌なので加工アプリは使わず、体のラインが少しでも美しく見えるように撮影角度を工夫してたくさん撮り、アップしているのは奇跡の1枚(笑い)。『若いね』『年上にサバを読んでいるんじゃないの?』というコメントをもらうと、やっぱり嬉しいですね」(れいさん・48。アカウント:reina921919)

「職業はWebライターです。自己表現をしたい気持ちがあり、プロカメラマンに撮影していただいた写真を投稿しています。昔から、胸、お尻、肌をよく褒めてもらっていたのですが、最近は『腰からお尻にかけての曲線美がいい』と言ってもらえることが多いです。反応で一番嬉しかったのは、『ずっと前から、ほんまに綺麗な人やな~と思ってました』と、ダイレクトメールをいただいたことです」(seina2500さん・23。アカウント:seina2500)

「モデルをしています。以前から露出のあるカッコイイ写真に憧れていて、仕事で付き合いのあるカメラマンさんに、なんとなくその場のノリでセクシー写真を撮ってもらったことがきっかけで、アップするようになりました。自分の体で好きなところは正直ありませんが、男性が好むムチムチ体型かと(笑い)。コメントでは、セクシーより、綺麗、可愛い、カッコイイって言葉が何よりも嬉しいです」(らんこさん・27。アカウント:ranko.o)

「タレントです。仕事で知り合ったカメラマンに撮っていただき、5月くらいからアップしています。グラビア活動で今後DVDなどを出す予定があるので、アピールしたいと思って。自分の体で一番好きな箇所はお尻。男性に大きいと喜ばれるので」(工藤ともえさん・25。アカウント:tomo_o9898)

「SNSを通じてカメラマンから突然ヌード撮影の依頼があったんです。家事手伝いをしていてモデル経験はなかったのですが、若くて体が綺麗なうちに形に残しておきたいという思いが湧いてきて依頼を受けました。
 SNSに掲載したら、いろんな方から褒めてもらえ、それが嬉しくて。撮影中に自分を解放していく感覚も楽しいので、この活動を続けています。自分では、お尻が大きい分(笑い)、ウエストのくびれが綺麗かなと思っています」(橘彩乃さん・26。アカウント:ayano.t_0325)

※週刊ポスト2017年9月1日号

あわせて読みたい

「Instagram」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    朝日が仏大統領発言でっち上げか

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    内閣改造で消えた小池・野田新党

    PRESIDENT Online

  3. 3

    米国が12月以降に北朝鮮を攻撃か

    高英起

  4. 4

    温泉更衣室の防犯カメラは違法か

    花水木法律事務所

  5. 5

    iPhone X購入の前にWi-Fi導入を

    永江一石

  6. 6

    核武装した北との共存ありえない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    よしのり氏 小池新党はいらない

    小林よしのり

  8. 8

    アラフィフの後悔 1位は「勉強」

    キャリコネニュース

  9. 9

    日本人の稼ぐ力 今や他国の7割に

    THE PAGE

  10. 10

    小林麻耶が海老蔵の家を出た事情

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。