記事

すし飯が固い!? イギリスで独自進化のすしがブーム そのお味は? 体験記

1/2

flickr / Helen ST

 かつては食の不毛地帯と見られていたイギリスだが、現在ではさまざまな国の料理が食べられるようになった。なかでもブームとなっているのはすしで、スーパーの惣菜売場や繁華街のチェーン店で手軽に買い求められる大衆の味となりつつある。現地を訪れ、イギリスのすしを体験してみた。

◆すしブーム到来。イギリスは変わったのか?

 筆者は学生時代、イギリスでホームステイをしたことがあるが、その家のお母さんに生魚を食べると話したところ、「ええーっ」と絶句された経験がある。あれから30年、そのイギリスですしブームが起こっているという。

 今年ロンドンを訪れた際に、衣料品、雑貨、食品販売でイギリス国内に300店以上を展開する「マークス&スペンサー」に行ってみたが、テイクアウト用のサンドイッチやサラダの隣に、パック詰めされたすしが大量に並んでいた。

地方都市ノリッジの店舗でも同様で、ランチタイムの主力商品となっているようだった。生魚に絶句する時代はすでに終了しており、すしはイギリスで大衆化していた。

◆手軽で健康的。客のニーズをとらえてビジネス拡大中

 ガーディアン紙によれば、イギリスのすしの売り上げは急速に伸びており、大手スーパー、セインズベリーでは、1週間に9万パックのすしが売れているという。

シーフードビジネスのサイト『Undercurrent News』によれば、客の目の前で作ったできたてのすしを提供する「すしカウンター」での販売も好調で、同社では現在29あるすしカウンターに加え、来年4月までに21ヶ所を新設する予定だという。

 高級スーパー、ウェイトローズもすしカウンターを続々とオープンさせており、来年1月までにはさらに25カウンターの新設を計画している。同社のすしカウンター運営のパートナーであるSushi Daily社のダニエル・コール氏は、すしの人気上昇に疑う余地はなく、ウェイトローズが急速にすしビジネスを拡大できるのも、すしがチョイス、手軽さ、健康的を求める多くの人々のニーズにマッチするからだと話している。(Undercurrent News)。

◆イギリス人によるイギリス人好みのすしチェーンが人気

 もう一つ、すしブームに貢献しているのが、ハイストリートと呼ばれる繁華街にある、「Wasabi」、「Yo! Sushi」、「Itsu」などのチェーン店だ。いずれも1990年代後半から2000年代前半に1号店が開業しており、この20年でイギリスを代表するすしレストランとなった。ちなみに3社とも創業者は日本人ではない。

 筆者が注目したのは、「Itsu」だ。サンドイッチのファーストフードチェーン、「プレタ・マンジェ」の共同創業者、ジュリアン・メトカルフェ氏が1997年に起こした同社は、国内に70店舗を構える。ガーディアン紙によれば、5年間でセールスを倍増させた人気店とのことだ。

同社ホームページによれば、軽く、栄養価が高く、健康的でおいしい極東の味がコンセプトだ。環境にも配慮し、容器や包装のリサイクルを推進する。マグロもキハダマグロを使用し、絶滅危惧種の本マグロは使わない方針だ。

また、食品廃棄を減らし、作る人の労力を無駄にしないため、すべての店舗で閉店前半額セールを実施している。これは、日本を訪れた際、デパ地下の惣菜が閉店30分前になると半額になることに感心したメトカルフェ氏が採用したものだという。

あわせて読みたい

「寿司」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    定年後は蕎麦打ち職人になるな

    内藤忍

  2. 2

    今度こそ北朝鮮の崩壊は秒読みか

    自由人

  3. 3

    海老蔵と麻耶 歌舞伎界の非常識

    NEWSポストセブン

  4. 4

    真逆に報じられた仏大統領発言

    西村博之/ひろゆき

  5. 5

    豊田議員あと一歩で逃げ切り逃す

    文化通信特報版

  6. 6

    金正恩氏が米国への本音を吐露か

    高英起

  7. 7

    石破氏「解散の意義わからない」

    石破茂

  8. 8

    金正恩氏 史上最高の措置を検討

    ロイター

  9. 9

    北外相 太平洋での水爆実験示唆

    ロイター

  10. 10

    老後の同窓会は成功者しか来ない

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。