記事

映画化も 鳥人間コンテストの魅力は見えない苦労とはかなさ

【今年、40回を迎える『鳥人間コンテスト』(公式HPより)】

 毎年夏に琵琶湖で行われる人力飛行機による大会『鳥人間コンテスト』(8月23日放送・日本テレビ系)。今年で40回を迎え、根強いファンを持つこのコンテストは、土屋太鳳主演で映画化され、ますます注目度が高まっている。以前から熱烈ファンというコラムニストのペリー荻野さんがその魅力について分析する。

 * * *
 夏と言えば、鳥人間の季節! というわけで、『鳥人間コンテスト2017』である。かくいうペリーも、このコンテストの原点ともいえる『びっくり日本新記録』で、「自作飛行機で本気で空を飛ぼうとする」出場者の情熱にびっくり仰天して以来、熱烈ファンになったひとり。現地に泊まりがけで取材に行ったこともある。

 今年は、記念すべき40回大会にして、この番組から生まれた映画『トリガール』も公開。そこで改めて「これはただならぬ番組だ」と感じた事も経験も含めて、日本が生んだすげー番組、『鳥人間コンテスト』について書いてみたい。

 現在は「滑空機部門」「人力プロペラ機部門」の二部門で競われるが、そもそもこのコンテストの面白さは人力で人はどれだけ空を飛べるかを競うというとてつもなくシンプルなところにある。でっかい機体を飛ばし続ける人力の限界をどれだけ引き延ばせるか、各チームは機体に工夫を凝らし、パイロットを養成し、風を読む。

『トリガール』では、見渡す限りメガネ男子に囲まれて「眼鏡市場かっ!!」と絶叫していた理系大学1年生(1浪で20歳)の鳥山ゆきな(土屋太鳳)が二枚目先輩パイロット(高杉真宙)にスカウトされ、毒舌男の相棒(間宮祥太朗)とともにパイロットを目指す姿が描かれる。連日、ウッキーッとなりながら自転車で走りに走って体を鍛え上げ、太らないように食事も制限。半端な気持ちではパイロットにはなれないのである。

 番組ホームページで今年のコンテスト出場校のプロフィールを見ると、実際、遠距離恋愛の彼女にも会えず、ひたすら準備を進めるパイロットもいるらしい。大学チームの場合、「先輩の悔しさを後輩が受け継ぎ、新記録を目指す」というケースが多い。しかし、現場で見ていると、テレビ画面で注目を集めるパイロットの後ろにいるチームの面々の姿にぐっとくるのである。機体制作のため資金面でも力を合わせ、いざ本番となると運搬も大変。当日までに機体を組み上げて整備して、さらにプラットホームに運び上げるのがまた一苦労なのだ。

 番組放送時間は2時間だが、収録は1日目が朝7時30分から、2日目が朝6時から。飛ぶのも大変だが、準備するスタッフの大変さも想像以上だ。毎年、プラットホームを設営し、チームとの連絡も密にして、完璧に準備しても台風など天候不順で当日、残念…というケースも過去にはあった。

 もちろん、設計図から始まる事前審査も慎重に行われる。今年、初出場の『広島工業大学HIT Sky Project』は、書類審査で14回落ち続けたという。表には出ない(あえて出さない)関係者の下支えがあってのコンテストだと思うと、ますます各チームのフライトが貴重なものだと思えてくる。

 どんな素晴らしい記録を出した機体でも、着水したら、バラバラだ。ちょっとはかない感じもこのコンテストの魅力。飛び出した途端、ドボンと落下する機体もまた愛しい。そうそう、『トリガール』の出演者、ひこにゃんの隣に『びっくり日本新記録』でおなじみの轟二郎の名前が! 私同様、この名前にピンときた人は、どんな役で出演するか、確認せずにはいられないはず。実に心憎い配役です。

あわせて読みたい

「イベント」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    定年後は蕎麦打ち職人になるな

    内藤忍

  2. 2

    今度こそ北朝鮮の崩壊は秒読みか

    自由人

  3. 3

    海老蔵と麻耶 歌舞伎界の非常識

    NEWSポストセブン

  4. 4

    真逆に報じられた仏大統領発言

    西村博之/ひろゆき

  5. 5

    豊田議員あと一歩で逃げ切り逃す

    文化通信特報版

  6. 6

    金正恩氏が米国への本音を吐露か

    高英起

  7. 7

    金正恩氏 史上最高の措置を検討

    ロイター

  8. 8

    老後の同窓会は成功者しか来ない

    NEWSポストセブン

  9. 9

    石破氏「解散の意義わからない」

    石破茂

  10. 10

    北外相 太平洋での水爆実験示唆

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。