記事

小・中学生が嫌いな給食メニューは魚 箸使いの苦手感が影響か

【加速する子供の魚離れ(写真/アフロ)】

「釣りを始めたばかりの夫が、海釣りであじが釣れたと大喜び。上機嫌な夫は、“1人1尾だぞ~”と塩焼きにして出したんですが、小2の長女は憂鬱そうな顔をして箸を付けようとしないんです。そういえば、娘にとって丸ごと1尾の魚は初めて。骨の取り方がわからなかったみたい」

 都内で暮らす38才の専業主婦がそう明かしてくれた事例は、決して珍しくない。

 国産水産物流通促進センターの調査(2014年)によると、「骨のある魚料理を上手に食べられるか」という問いに、小・中学生の子供を持つ親3000人の55.9%が「どちらかというと下手」「とても下手」と回答した。

 現代の子供たちはなぜ、魚を上手に食べられなくなったのか。厚労省の国民健康栄養調査によれば、1人1日あたりの魚介類の摂取量は、1950年61.0g、1060年76.9g、1970年87.4g、1980年92.5g、1990年95.3gと増加していったが、1990年をピークに、2000年92.0g、2005年84.0g、2010年72.5g、2015年69.0gと2000年以降は減少の一途。

 食育や食生活学が専門のお茶の水女子大学非常勤講師の松島悦子さんは言う。

「1990年代までは肉よりも魚の方が各調査で上回っていたのですが、2000年以降は魚よりも肉の消費、頻度が上回るようになりました。

 家庭で魚を調理したくなくなったのには、肉より割高、満腹感がない、子供が好まない、子供が骨を取り除くのを面倒がる、調理が面倒、生ゴミの片付けやグリルを洗うのが面倒、といった理由です」

 家庭での魚食が減ったためか、小・中学生が嫌いな給食のメニューのトップは「魚全般」となってしまった(2009年、農林中央金庫調べ)。

 また、鮮魚の購入数量はあじやかれいなどの小型の骨付き魚が減り、鮭やまぐろなど切り身で購入できる大型魚へ移行しているとする研究もある。

 前出の松島さんによれば、これは箸使いの苦手感が影響しているのではないかという。

「骨を取り除きながら食べるのは時間がかかります。食事にその時間をかけられない状況があるのでしょう。子供は大人の食べるのを見て、箸の持ち方を習得していきますから、身近な大人と食卓を共有することが重要です。休日などに時間を作って、焼き魚をきれいに食べられたら、“上手に食べられたね”と褒めながら楽しく食事をすることが理想的です」

 ちなみに、焼き魚の食べ方にもルールがある。

【1】中骨に沿うように、頭から尾に向かって箸で切れ目を入れる。
【2】切れ目から背側の身(上半分)をはがすように、頭から尾に向かって取り、食べる。
【3】同様に、切れ目から腹側の身(下半分)をはがし、食べる。
【4】尾の付け根の中骨の下に箸を入れ、左手で尾を左に引っ張りながら箸を頭の方にスライドして中骨を外す。
【5】骨や小骨、内臓は皿の左上にまとめておく。

 休日のパパの海釣り、三日坊主にならなければ、いい習慣になるのかも。

※女性セブン2017年8月24・31日号

あわせて読みたい

「給食」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    田中みな実 過激なお蔵入り写真

    NEWSポストセブン

  2. 2

    質問力なし 報道のTBSは死んだ

    和田政宗

  3. 3

    橋下氏 解散批判する野党に苦言

    橋下徹

  4. 4

    総理による解散は課題設定の権力

    三浦瑠麗

  5. 5

    小池氏が知事辞任し選挙出馬の噂

    三浦博史

  6. 6

    自民は本気の小池氏を甘く見るな

    安倍宏行

  7. 7

    北の日本攻撃ありうる歴史的背景

    ヒロ

  8. 8

    斉藤・山尾・今井 不倫の共通点

    NEWSポストセブン

  9. 9

    選挙前に分かる自分優先の政治家

    井戸まさえ

  10. 10

    安定目指し変化を恐れる日本社会

    松井博

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。