記事

日米2プラス2 垣間見えた対北朝鮮政策に対する米政権の足並みの乱れ

1/2

出典:外務省ホームページ

 17日に開かれた日米安全保障協議委員会(2プラス2)で両政府は、同盟関係を強化する方針で一致した。核武装を進める北朝鮮への対処が念頭にあるが、武力行使の是非を巡り米政府内でも足並みが乱れているようだ。北朝鮮への経済制裁については、従来非協力的だった中国の出方も注目されている。

◆核ミサイルの脅威を前に他国との連携を探るアメリカ

 ワシントン・ポスト紙(17日)によると、今回の2プラス2でアメリカ側からはティラーソン国務長官とマティス国防長官が出席し、日米の同盟関係を強化する方向で日本側と一致した。両氏は北朝鮮への政治的・経済的圧力を強める一方で、軍事行動も選択肢としてあり得ると認識しているようだ。

同紙は「(アメリカを攻撃可能な北朝鮮のミサイルは)大統領として看過できない」とする米国家安全保障担当補佐官のコメントを掲載している。北朝鮮はグアムへのミサイル発射を一時公言しており、アメリカ国内には相当な危機感が広がっている模様だ。

 こうして高まる緊張の中、英紙フィナンシャル・タイムズは、日本との共同戦線を張りたいという思惑がアメリカ側にあると読む。ティラーソン、マティス両氏は2プラス2の日本との共同記者会見の場で、記者たちを前に日本との相互防衛協定を称賛した。急速に進む北のミサイル開発を受け、同盟国との関係強化を急いでいると同紙は見る。日本は脅威を囲い込む国際線戦の一員として期待されているようだ。

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    水原希子「日本人」発言は捏造

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    解散を要求していたのは野党側

    和田政宗

  3. 3

    豊田議員糾弾は大衆によるリンチ

    小林よしのり

  4. 4

    iPhoneXで生活は全く変わらない

    永江一石

  5. 5

    国民に刺さるのは左翼でない野党

    AbemaTIMES

  6. 6

    水原希子ヘイト騒動 本人も問題?

    メディアゴン

  7. 7

    都知事 秘書の異常待遇言及せず

    週刊金曜日編集部

  8. 8

    車道ベビーカーなら「日本死ね」

    花水木法律事務所

  9. 9

    10月解散総選挙なら自民の不戦勝

    NEWSポストセブン

  10. 10

    最低の解散に河野外相賛成するか

    郷原信郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。