記事

民主主義を機能させられないメディア 必要なのは“マスコミ”の新発明?

1/2

[イメージ写真]民主主義の停滞の背景にはメディアの機能不全がある?(Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

 私たちは日々、新聞、テレビ、ネットなどから膨大なニュースを受け取っています。インターネットの登場で、量だけならかつてないほどの規模に膨らんでいるといえるでしょう。一方でここ数年、「民主主義」の機能不全や限界論が語られることが増えてきました。慶應義塾大学SFC研究所の上席所員で起業家の岩田崇氏は、民主主義がうまく機能していないのはメディアが本来果たすべき役割を果たしていないからだと指摘します。メディアが民主主義の生命線だと語る岩田氏に、こうした現状をどう乗り越えるべきかを寄稿してもらいました。

【写真】平成の「地方創生」と昭和の「地方の時代」 住民不在に慣れ切った私たち

民主主義にかかる本当の「コスト」とは?

 民主主義にはコストがかかるとよく言われます。しかし、ほとんどが「選挙」にかかるおカネの話になりがちです。2013年の参院選では約635億円の予算が投開票やポスター掲示などにかかっています。とはいえ一人あたりでは約500円なので、そんな程度とも言える金額です。

 本来考えるべき民主主義のコストは、おカネではなく「手間」です。手間とは、私たち一人ひとりが「情報収集」から「分析」を行い、「意思表示」を行うことです。

 例えば社会保障をどうするか。現状に問題があることは明白ですが、新聞を見ても、テレビを見ても、パッと見では明確な回答は見当たりません。もちろん、新聞各紙を比較して、過去記事検索して、省庁の資料を集め、全局録画でテレビ番組を検証すればアウトラインが見えてくるかもしれませんが、こんなことは日常を生きる普通の生活者はしませんし、できません。

 少し冷静に考えると、まじめに新聞を読んだり、テレビのニュース番組を見たりしても世の中は良くならないじゃないか、と考えることは合理的と言えなくもありません。このあたりは、米国の研究者も“合理的判断に基づく政治的無知”として指摘しています。

 新聞を読み、ニュース番組を見て社会は良くなるのか? その問いに向き合おうとするメディアは見当たらないように見えます。

 一方、デモクラシーは、私たちに自分の頭で合理的、理性的に考えることと、行動を前提とする仕組みです。自分の頭で合理的に考えるには、「情報収集」や「分析」が不可欠ですし、行動としての「意思表示」も必要です。この行動は、デモといったものだけではなく、ある政策についての見解を書き留めておくことや、それをSNSで公開することなども含まれます。

デモクラシーは「民主主義」にあらず?

 デモクラシーを日本語にすると「民主主義」となっていますが、私にはとても違和感があります。「民主制」とすればいいのに、わざわざ“主義”を入れることで、固定的で何かに抗うような語感さえあります。英語には“democratism”という単語がデモクラシーとは別にあり、これは平民主義とか民主主義理論とされています。

 先人たちにとっては、また君主制や身分制社会になるかもしれないという一種の危機感が民主主義という訳語を生み出したのかもしれません。しかし、私達は、民主主義という言葉に、既に出来上がっていて、とても柔軟性に欠けた印象を持っているのではないでしょうか。デモクラシーとは「民主制」(人民による支配)です。社会の基盤となる大切なものですが、ただの制度でもあります。この制度を使いこなすための重要な手段が「メディア」です。

国民一人ひとりが“王”である社会

日本に於ける主権は、私たち国民一人ひとりにあります。主権とは「国家の政治のあり方を 最終的に決める権利のこと」です。あえて別の言い方をすると、一人ひとりが“王”であることが国民主権です。王には名君も暗愚な王もいますが、この“王”は、わがままで不寛容な王ではなく、社会という船全体を背負う「船長」のような意識を持つ王です。

この“王”に正しく情報が伝わらないと国は衰退し、悪くすると滅びます。

現代社会は“王”が忙しいので、代理で議論し考える役割を、議員や内閣に託す形で運営されています。ですので、政治に何かを期待しても“王”の想像以上のアウトプットはまず出ないと考えるのが自然なことです。

つまり、民主制の生命線は“王”に情報を伝え、判断をサポートするメディアにあるのです。

[図]コミュニケーション不全で社会が衰退する構造図

 「船頭多くして船山に登る」のことわざを想起して、そんなにたくさん“王”がいたら社会が混乱するのではという人もいると思いますが、国民主権の社会とは、全員が“王”となる素養を持つことを前提として、それぞれの持ち場で役割を分担する社会を指します。“王”は船長としてだけでなく、料理や医療、備品管理、観測など各機関の担当となることもあるのです。経営や軍事の領域では情報共有が組織のパフォーマンスに大きく影響することは常識となっています。情報が伝わらない状態を図にすると下図の様になります。

現代社会の「3要素」を理解するリテラシー

 では、“王”に正しく情報が伝わるようにすればいいじゃないかと思う人もいるかもしれません。ただ、問題はもうちょっとややこしいのです。

 共産主義国家や独裁国家などを除いて、現代社会は(1)法の支配(Rule of Law)、(2)民主制(Democracy)、(3)資本主義経済(Capitalist economy)の3つの要素できています。

 先進国なのに公文書が官僚の裁量で廃棄される、「一億総中流」だったはずが相対的貧困率で先進30か国中4位と格差のある社会になっている、世界一カネのかからないオリンピックだったはずなのに約3兆円ともいわれる巨大予算になる――などのような社会の機能不全は、この法の支配(Rule of Law)、(2)民主制(Democracy)への理解に基づく改良、アップデートによってある程度は解消可能と言えます。

 しかし(3)資本主義経済(Capitalist economy)は計画経済のように管理できるものではなく、往々にして人にあまり考えさせないで儲けることを優先します。賢い“王”よりも、情報弱者の“王”にお金を使わせようとします。現代の社会は“賢い王”が求められているのに、(2)と(3)で矛盾しているのです。たとえば、スマートフォンは、文明の利器として人の可能性を拡げる”賢い王”をサポートするツールになったかもしれませんが、現実は情報弱者と呼ばれる人々から広く売上を上げる集金ツールとして機能しています。

 新聞の購読者減少が続き、テレビの総視聴率も低下していますが、新聞社やテレビ局を見ると、報道という本業に力を入れるよりも、企業体としては、不動産やゲームに投資して儲ける方が確実で、株主からは評価されると言わんばかりにも見えます。

 この状態が続くと、私たちは社会を成り立たせている3要素をよく知らなくなっていきます。3要素は私たちの社会を動かすエンジンでもあるので、エンジンの仕組みが分からないドライバー(=王)の増加は、乗り物を改良する発想を持たない人の増加を意味し、文明の停滞をも意味し(映画「マッドマックス」の世界ですね)、長期的には資本主義経済を行き詰まらせます。文明の停滞は一種の破滅です。

 その予防には、エンジンの分解、清掃、再組立ができる教養の一般化が必要です。2020年から小学校で導入が予定されている「プログラミング教育」は、この教養の習得と地続きだと位置づけることができます。

 プログラミング教育と言っても、プログラマーを養成するわけでも、別にコードを打ち込む能力でもなく、社会のあらゆる仕組みをプログラミング的思考で、つまり論理的に捉え、考える視点を持つことが本質です。

 現在30~40代である団塊ジュニア世代が日本社会でいまひとつ存在感が希薄なのは、この発想が希薄であるためではないかと私は考えています。大人こそ、技術進化によって近未来の変化の振り幅が大きく広がっている現代社会について、もう一度、学び直す必要があります。

あわせて読みたい

「マスコミ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「安倍晋三記念小学校」嘘と判明

    和田政宗

  2. 2

    希望維新の合流進めたい安倍首相

    NEWSポストセブン

  3. 3

    籠池氏の嘘 拡散した朝日は無視?

    和田政宗

  4. 4

    内田樹氏の安倍政権分析に納得

    マガジン9

  5. 5

    よしのり氏「罠にはまった文春」

    小林よしのり

  6. 6

    よしのり氏 山尾氏の改憲案見よ

    小林よしのり

  7. 7

    日本が核禁止条約に署名しない訳

    河野太郎

  8. 8

    強姦が日常 元北朝鮮女性兵語る

    BBCニュース

  9. 9

    名古屋は地元離れぬ下層民の楽園

    SeaSkyWind

  10. 10

    詩織さん事件 超党派議連が追及

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。