記事

熊本・秀岳館の鍛治舎巧監督 「さらば幻想の高校野球」

【熊本・秀岳館の鍛治舎巧監督】

 3季連続で甲子園ベスト4に進出した熊本・秀岳館の鍛治舎巧(かじしゃ・たくみ)監督(66)が退任を発表。就任3年で無名校を甲子園常連に育てた一方、物議を醸す言動も多い指揮官だった。『永遠のPL学園: 六〇年目のゲームセット』などの著書があるノンフィクションライターの柳川悠二氏が、その「本音」に迫った(文中敬称略)。

 * * *
 秀岳館が熊本大会の準決勝で勝利した7月23日の夕刻、同校監督の鍛治舎巧からメールが届いた。鍛治舎は2日前に体調不良を訴え、自ら119番通報して緊急入院(診断は不整脈)。準決勝の采配をコーチの山口幸七に託していた。

《私は至って元気ですが、外出許可が出ません。医師の横暴です(笑)。でも私が球場にいなくても、同じことを山口コーチがしてくれました。以心伝心ですね。良い後継ぎができました。多謝鍛治舎》

 翌日の決勝で九州学院に辛勝した後にも届いた。

《病室で泣いていました! 余りに不甲斐ない試合に(笑)。さらに鍛え上げて再び日本一を目指します》

 熊本大会中のメールのやりとりから、この夏を最後に退任する腹づもりであることがうかがえた。私は、この鍛治舎巧という野球人が大嫌いだった。テレビカメラの前に立てば笑顔を絶やさず、NHKの高校野球解説を務めていた頃と同様、語り口は明快だ。しかし、ファンや報道陣の不興と顰蹙を買う行為も繰り返してきた。

 昨年の選抜では、秀岳館の選手にサイン盗みと疑わしき行為が発覚。試合に勝利し、お立ち台に上がった鍛治舎は「選手たちには紛らわしいことはやってはダメと言っていたので残念に思う」と、“自分は知らなかった”という姿勢を貫いた。

 今年3月には秀岳館の理事長による解任騒動も起き、本人が慌てて火消しに回る一幕もあった。極めつきは早稲田実業と対戦した5月の招待試合だ。5対1とリードした9回2死走者なしから、2番打者を敬遠し、わざわざ清宮幸太郎と勝負する。清宮や早実監督の和泉実は露骨に不快感を示していた。

 この事件のあと、私は鍛治舎の姿勢を本誌(週刊ポスト)で批判した。すると、ある取材現場で日本高等学校野球連盟の関係者に呼び止められた。記事に何か問題があったのだろうかと、ドキリとした。

「よう書いてくれた。あんたの言う通り。あの人は高校野球の監督というより、社会人野球の監督。教育者でもなく、企業人です」

 甲子園で3季連続ベスト4に進出しながら、いつしか鍛治舎は高校野球界で最大のヒールとなっていた。

 そんな彼に対する印象がガラリと変わったのは、この6月だ。秀岳館のグラウンドで、これまでの騒動について質問をぶつけた。

 正直、期待はしていなかった。お茶を濁す発言に終始すると踏んでいた。ところが、彼は本音で私の疑念にぶつかってきた。

 県立岐阜商業を卒業後、早稲田大を経て松下電器(現・パナソニック)で野球を続け、監督も務めたアマチュア球界のエリートが、秀岳館の指揮官に就任したのは2014年4月だった。

「私は高校野球の監督が職業とは思ってない。こんな安い給料のところにわざわざ行きますか? すべて野球界の活性化のためです」

 サイン盗み疑惑に関しては、「責任逃れしたつもりは毛頭ない」と断言。

「(疑われた)本人に聞いてみたら、相手のサインは分からなかった、と話していました。盗もうとしたことは事実です。でもね、どこの学校もやっていますよ。20年以上、解説をしてきましたから、プレーを見ていれば分かります。ただ、全国に恥をさらしました」

 件の敬遠については「あなたはどう思いますか?」と逆質問してきた。招待試合とはいえ無意味に打者を敬遠するのは無気力試合と同じようなものだと私は主張した。

「僕はそうは思わない。多くの熊本の野球ファンが清宮君のバッティングを見に来ていた。早実は2日間で4試合を戦いましたが、清宮君は四死球が多かった。もう一打席あってもいいと思っただけです」

 当日は、「夏の甲子園で対戦するかもしれないから」とも説明していたが──。

「そう言いましたよ。だけど、僕は早実の投手陣では(西東京大会で)東海大菅生に負けるんじゃないかと思っているから。熊本のファンには、本当に最後のチャンスだと思ったんです」

 鍛治舎が予見した通り、早実は西東京大会決勝で東海大菅生に敗れた。その慧眼にも驚かされた。

◆エースの完投はいらない

 監督に就任する年、鍛治舎は自身が率いていた中学硬式野球のオール枚方ボーイズの選手をごっそり入学させ、秀岳館を瞬く間に強豪に育て上げた。しかし、熊本出身者が一人もいないメンバー構成は「大阪第2代表」とも揶揄された。

 川上哲治を生んだ、高校野球の盛んな熊本を戦う難しさとして、伝統校と戦うと、どうしても不利な判定になると鍛治舎は話した。

「私は就任してからこの3年、公式戦の主審に対して、『○・△・×』の評価を付けていた。熊本の伝統校とやる時の主審はすべて『×』の主審ですよ(笑)」

 この人は胸の内を隠せない人だ。もちろん、パナソニックの専務や中継解説者を務めてきたから「建前」を語ることも求められる。それでも高校野球への率直すぎる思いを言葉や行動に出さずにはいられない。だからこそ、二枚舌に見えたり、保守的な高校球界で“異物”として扱われたりする。

 それが分かると、好感すら持ててくる。鍛治舎は高校野球に一石を投じるべく、縁もゆかりもなかった熊本にやって来た。この夏は名門・横浜と1回戦で対戦。川端健斗と田浦文丸というWエースの継投で、6対4で勝利した。休息日を挟んだ2日後、再び鍛治舎のもとを訪ねた。

「一大会で一人の投手が600球も投げるのは、その投手の将来を思ったら避けたほうがいい。私は複数の投手を育て、継投策を採ってきた。今大会は完投する投手が少ないですよね。そういうところは一石を投じた意味があったかな」

 秀岳館の打者はファーストストライクからフルスイングし、追い込まれたら一転、ノーステップ打法に変わる。これは鍛治舎がアマチュア野球の日本代表にコーチとして帯同した当時、世界最強といわれたキューバに対抗すべく用いた策だ。

「追い込まれたら一握り短くバットを持って、センターから反対方向に身体ごとぶつけていくようにする。ノーステップだから目線がぶれず、低めのボール球に手を出さなくなる。今では作新学院も花咲徳栄も、木更津総合も取り入れている。新しい風は吹かせられた」

 メールでは、鍛治舎は主に投手担当のコーチである山口を後継者に考えている様子だった。しかし、鍛治舎を熊本に呼んだ87歳になる中川静也理事長は、前任監督・久木田拡吉の復帰を考えているようだ。

「せっかく(メンバーに入っていない)2年生は秋に向けて練習させようと熊本に残してきたのに、練習の内容に関して何も報告がない。揉めて辞めるつもりはありませんが……」

 最後の最後まで、鍛治舎の周りには“波風”が立っている。

※週刊ポスト2017年9月1日号

あわせて読みたい

「高校野球」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    山尾議員の不倫相手は恥だと思え

    小林よしのり

  2. 2

    北朝鮮の狙い通りに騒ぐマスコミ

    AbemaTIMES

  3. 3

    よしのり氏 山尾氏の謝罪に苦言

    小林よしのり

  4. 4

    共産党のデマがはびこる堺市長選

    足立康史

  5. 5

    豊田・山尾問題は孤独が原因か

    幻冬舎plus

  6. 6

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    正恩氏の下半身まで暴く名物記者

    PRESIDENT Online

  8. 8

    加計学園 地元の今治市民がデモ

    田中龍作

  9. 9

    早期解散する自民党の強迫観念

    吉崎達彦(かんべえ)

  10. 10

    文大統領の北朝鮮支援は理解不能

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。