記事

米国の薬物乱用による10代若者の死者数、16年で倍増

Niall McCarthy ,CONTRIBUTOR

TM_SALE / shutterstock
オピオイド系の薬物の使用はここ数年で、米国にまん延する深刻な問題となっている。そうした中で、10代後半の若者たちによるこれらの薬物の過剰摂取とそれによる死者数が、1999~2015年の間に倍増していたことが分かった。

1999年にオピオイド系薬物の過剰摂取で死亡した15~19歳の若者は人口10万人当たり1.6人だったが、2007年には同4.2人に増加。その後、2007~2014年の間には26%減少、同3.1人となったが、2015年には再び増加に転じ、同3.7人となった。

オピオイドによる危機的状況の中、一時的にはこの年齢の若者たちの死者数には減少が見られたものの、1999年以降の全体的な状況の深刻さは変わっていない(2007~2014年には、男子の死者数が3分の1に減少。女子の死者数はこの間、ほぼ同水準で推移した)。

米疾病対策センター(CDC)によれば、死亡した若者たちの大半はオピオイド系薬物の過剰摂取による事故死だ。特にヘロインが原因の場合が多い。また、2000~2014年に薬物の過剰摂取で命を落とした人は、米国全体では約50万人に上っている。


1999~2015年に薬物の過剰摂取で死亡した15~19歳の若者の数(人口10万人当たり)

編集=木内涼子

あわせて読みたい

「ドラッグ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    山尾議員の不倫相手は恥だと思え

    小林よしのり

  2. 2

    よしのり氏 山尾氏の謝罪に苦言

    小林よしのり

  3. 3

    北朝鮮の狙い通りに騒ぐマスコミ

    AbemaTIMES

  4. 4

    共産党のデマがはびこる堺市長選

    足立康史

  5. 5

    豊田・山尾問題は孤独が原因か

    幻冬舎plus

  6. 6

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    正恩氏の下半身まで暴く名物記者

    PRESIDENT Online

  8. 8

    早期解散する自民党の強迫観念

    吉崎達彦(かんべえ)

  9. 9

    米紙 日本の慰安婦像抗議は過剰

    NewSphere

  10. 10

    加計学園 地元の今治市民がデモ

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。