記事

姫乃たま 性被害告白した元AV女優自伝に「私も救われた」

自伝『よわむし』で性被害や依存症について告白した大塚咲さん

【自伝『よわむし』で性被害や依存症について告白した大塚咲さん】

 元人気AV女優の大塚咲さんが自伝『よわむし』を世に送り出してから、約1か月が経ちました。レイプに遭ったことからPTSDを発症し、依存症にも悩まされながら、死んでしまった心を取り戻すために大胆な行動をとり続けた日々を振り返ったこの著書は、大きな反響をいまも広げています。決して好意的ではない言葉にも「どうして書こうと思ったんだろう?」と好奇心をつのらせる大塚咲さんに、旧知の仲である地下アイドルでライターの姫乃たまさんが、出版後の反響と、心に傷を負って苦しむ人たち届けたい大塚さんの思いをきいた。

 * * *
 写真家で画家の大塚咲さんが、自伝本『よわむし』(双葉社)を出版しました。

 15歳の時にレイプ被害に遭い、AV女優としての活動期間を経て、どのように現在に至ったのかが、本人の言葉で克明に記されています。まず驚いたのは、人は思い出したくないほどの辛い記憶と、これほどまで誠実に深く向き合えるのかということでした。

 絵描きと写真を仕事にしている大塚さんに対して、私は物書きを生業としているのですが、ここまで心の奥底を文章に出来ない自分が情けなく、ずるい人間に感じられたほどです。文章を書くのは自覚的な行為なので、立ち直れないほどの傷を負う前にどこかで自衛してしまいます。

 一方、ひとりの女性としても、『よわむし』は共感するところが多くありました。私はこどもの頃から、見知らぬ男性が自宅や公衆トイレに付いてきてしまうことが何度もあって、性的な目で見られがちだった未成年の大塚さんのエピソードには、過去の記憶を思い出させられました。

 通学電車で痴漢に遭い、学校では男性教師から告白されて、怖いと思っても当時の私は恐怖を訴えることはできませんでした。自意識過剰だと思われるのも、私なんかが騒ぎ立てることで相手の家族に迷惑がかかるのも怖かったのです。『よわむし』を読んでいたら辛かったことを思いだして、子どもに戻ったように頭が痛くなるまで泣いてしまいました。辛かった気持ちを、辛かったと認められたことで、やっと私は救われたのです。

 しかし、大塚さんはどうしてこんなに辛い過去と向き合うのでしょうか。

 大塚さんはAV女優として活躍していた頃から、いつか自分の体験を伝えたいと思ってレイプ作品に出演することを避けていました。しかし、出演した作品が二次使用されて、レイプ作品の総集編として発売されてしまうことが度々あって、強い拒否反応と悔しさから何度も泣いたと言います。

 辛い日々から時間が経ったとはいえ、『よわむし』の執筆も楽な道のりではありませんでした。傷を乗り越えるまでの日々と、その時々の思考を思い返して文章にする作業は辛く、ひどい目眩を起こして寝込んでしまう日もありました。それでも、大塚さんがこの本の出版を諦めることはありませんでした。

 自分と同じ境遇にいる人や、その周囲の人々、そして加害者やその関係者になってしまった人に届けたい気持ちがあったからです。

「加害者は悪い人間だから、どんなにひどい扱いをしてもいいみたいな風潮に疑問があるんです。誰も被害者や被害者の家族になることがあってはいけないけど、加害者になった人だって、最初から悪いことをするために生まれたわけではなくて、そこに至るまでにいろんなことがあったはずです。私はこの件に関しては被害者ですが、事件に遭ってすぐ、加害者がどうしてそうなってしまったのか考えなければいけないと思いました」

 大塚さんの心は、被害に遭った15歳の日に一度死にました。だからこそ、辛い日々を乗り越えて、この世界で生き抜こうと考えたのです。その日まで普通に存在していたはずの、自分の将来まで加害者に奪われないように、同級生と同じように恋愛だって楽しもうと思いました。

 しかし、好きな男の子が相手でも、性交の際には事件がフラッシュバックしてしまい、年頃の大塚さんにとって性交は修行のような行為になってしまいます。こうした経験から、自分のトラウマと向き合うために、AV業界に足を踏み入れる女性は多いそうです。大塚さんは、AV業界がそうした女性たちのシェルターになっていると感じていました。

 しかし、性犯罪に遭った女性が、性産業に身を置く心理は理解されづらいようで、出版に伴ってニュースサイトで公開された大塚さんのインタビューには、真意を汲み取れないコメントが多く目に留まりました。

 本の内容を読まないまま、「レイプに遭った人がAV女優になる意味がわからない」と書く人や、私が恐れていたように「自意識過剰なのでは?」と書き込む人もいたのです

 私には心ないコメントを書き込んでいる人が、性犯罪の被害に遭った人や、AV女優の経歴を持っている人を自分とは全く違う人間だと思い込んでいるように思えました。もはや、大塚さんが実在しない人物のように捉えられているのを感じたのです。恐らく、もし直接顔を合わせたら、コメントに書いたようなことは緊張して言えないというよりも、彼女が生きているとわかったことで言えなくなると思うのです。面と向かったら、自分と同じ生きている人間なのですから。

 しかし、大塚さん自身はこうしたコメントについて、憤りよりも、見ることができてよかったと話していました。

「作者として想定内の反応だったのもありますけど、いろんな人がいるってわかったので、私としてはこういう声を聞けてよかったと思っています。でも、ほかの被害者の子の目には入れたくないので、そこは考慮するべきでした。よく、芸名で活動しているやつの言うことなんか信じられないと書かれますけど、そういうことを言う人が何をしてくるかわからないから、本名で活動できないのが業界では暗黙の了解になっているんです。でも私は反対に彼らのことを知りたいと思っています。どういう生活をしていて、何を考えていて、どういう時にどういう気持ちであのコメントを書いてるのかなって」

 大塚さんは事件の日から一貫して、人の寂しさや弱さを見つめ続けてきました。被害者にも、加害者にも、人間にはそれぞれの傷や考えがあります。

 犯罪を防ぐには、被害の実態だけでなく、加害の深層も知るべきだと言われています。大塚さんが言うように、加害者も生まれついての犯罪者ではなかったはずです。ですが、どこかで変わってしまう。その変わる兆候、犯罪に至る前触れのようなものを察することができれば、被害はぐんと減ると予想されるからです。

 犯罪対策ではなく、大塚さんは好奇心と探究心が強かったため、加害者はなぜ、自分を襲ったのかを考え続けました。加害者がしたことは紛れもない犯罪で罰を受けるべき事実ですが、大塚さんは長い年月をかけて被害だけでなく加害者のことも考え続けた結果、「赦す」ことができると思えるようになったと話します。もちろん、赦さないことも生き方のひとつではありますが、大塚さんは赦すことを選びました。

 大塚さんの思いは、『よわむし』と共に世界に広がって、出版後には、男女問わず全国から共感や悩みの声が手紙が届くようになりました。

「AV女優になったからいまがあるので後悔はしていないけど、もし私と同じ境遇の人がいたら、自分のような無茶はしないでほしいです。被害に遭ってAV女優になったころ、最悪の状態だった私は、普通に生きてゆける未来はあるのかと絶望していました。あの頃の私にもし言葉が届くなら『その状態は、PTSDはいつか抜けられるよ』と伝えたい。依存症もあったので私は時間がかかったけれど、かつての私と同じように苦しんでいる女の子には、必ず終わる日がきてよくなると伝えたい」

 大塚さんは弱さや傷を抱えるすべての人の幸せを願っています。

あわせて読みたい

「AV女優」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    秋篠宮さま 小室親子はもう他人

    女性自身

  2. 2

    朝日「安倍支持ネット民は貧乏」

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    沢田研二の公演中止は罪深き甘え

    常見陽平

  4. 4

    よしのり氏「沢田研二は哀れ」

    小林よしのり

  5. 5

    謎の会社、ギガファイル便を直撃

    BLOGOS編集部

  6. 6

    若者が野党を批判する理由に衝撃

    猪野 亨

  7. 7

    18歳の47% 将来も新聞読まない

    宮崎正

  8. 8

    田原氏が佐々淳行氏との激論回顧

    田原総一朗

  9. 9

    老人は賃貸困難 50代で部屋探せ

    MONEY VOICE

  10. 10

    歌姫の発言でトランプ氏ピンチに

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。