記事

高齢者区分が「75歳以上」なら90歳まで医療費は3割負担


【政府は高齢者の負担を増やそうとしている】

 政府は政策で「1億総活躍社会」「生涯現役社会」「健康長寿社会」などのキーワードを打ち出しているが、その真意は高齢者を働かせ、なるべく年金を払わないようにするということだ。

 政府に「高齢者は働け」と主張させる“理論的根拠”を与えたのが、日本老年学会と日本老年医学会のワーキンググループが今年1月にまとめた提言だ。

 65歳以上を高齢者と定めた従来の定義を「医学的根拠はない」と否定し、「現在の高齢者は10~20年前と比較して加齢に伴う身体的機能変化の出現が5~10年遅延しており、『若返り現象』がみられています」と、今後は「75歳以上」を高齢者、「90歳以上」を超高齢者と区分することを提案した。

 年金制度は定年後の生活保障であり、受給開始年齢は「サラリーマンの定年年齢+5歳」で決められてきた。そもそも身体的機能の衰えや高齢者かどうかは関係なく、元気な世代が年金で悠々自適の余生を送ることは制度に反していない。

 しかし、学会の提言が出されるや自民党一億総活躍推進本部は前述のように“まだ現役”と65~74歳を「シルバー世代」と名づけて働かせ、年金保険料を払わせて支え手になる社会の構築を打ち出したのである。

 現在の高齢者がサラリーマン時代の保険料の総額を計算すると、驚くべき金額になる。厚労省の標準モデル(現役時代の平均月収40万円で厚生年金に40年加入)の場合、支払った年金保険料の総額は2948万円に達する。老後の蓄えとなる退職金以上の金額を国に保険料として納めてきたのだ。

 現役時代に平均3000万円近い年金保険料を国に納めた高齢者たちに、さらに負担させようというのか。

 それだけではない。高齢者の定義が75歳以上に引き上げられると、現在65~74歳の全国1752万人の医療費負担が1.5倍にハネ上がりかねない。

 年金制度に詳しい「年金博士」こと社会保険労務士の北村庄吾氏が指摘する。

「若返り現象の学会報告がより影響してくるのは医療費です。現行の制度では70歳未満は窓口で払う医療費は3割、74歳までは2割、75歳以上の後期高齢者は原則1割負担となっている。しかし高齢者の定義が75歳以上に引き上げられれば、2割負担だった人は全員3割になり、75歳の後期高齢者に適用されている1割負担も90歳以上の超高齢者だけが対象になる可能性がある」

 かつて70歳以上は「老人医療費無料化」制度の対象だったが、平均寿命を超える90歳まで医療費を3割負担させようとしている。

※週刊ポスト2017年9月1日号

あわせて読みたい

「医療費」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    大雪で帰宅命令より朝出社禁止に

    かさこ

  2. 2

    堀江氏「新幹線高すぎ」に反響

    THE PAGE

  3. 3

    性行為なしの援助交際続ける少女

    渋井哲也

  4. 4

    尾木ママ iPS不正で国の責任指摘

    キャリコネニュース

  5. 5

    白米を食べられない子供が増加中

    NEWSポストセブン

  6. 6

    橋下氏 会見開いた岩上氏を批判

    橋下徹

  7. 7

    青山繁晴氏 首相の平昌行き反対

    AbemaTIMES

  8. 8

    賃金払えない店が潰れるのは正常

    非国民通信

  9. 9

    石破氏 軍オタの左翼と呼ばれる

    AbemaTIMES

  10. 10

    幸福の科学 総裁長男が衝撃退職

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。