記事

「戦争に行く」は罰ゲーム?

1/5
ウーマンラッシュアワーの村本大輔さんが先日、こんなツイートをされました。

私は、この村本さんのご意見を否定する気はありません。
それぞれにそれぞれのお考えがあります。
ちなみに村本さんの弟さんは自衛官だそうで、戦争に対してはより思うところがおありだと思います。

また、余談ですが私個人的に村本さんは好きです。
ウーマンラッシュアワーさんも好きです。

ですが、このツイートを見て「ちょっと誤解されてるんじゃないかなー」と感じました。
そして、この誤解は村本さんだけではなく、結構多くの方に見受けられます。
今回は、その「誤解」について。

日本には、自衛隊という組織があります。
そして、「戦争に行く」のは自衛官です。
プラス、普段は企業などに勤務している「即応予備自衛官」、「予備自衛官」も招集されれば、同様です。

まあ、自衛隊は専守防衛なので、「戦争に行く」というより「戦闘行動を含む国防のための活動を行う」という言い方のほうがしっくりくるんですが。

ので、自衛官、即応予備自衛官、予備自衛官のどれにも該当しない人が、いわゆる「戦争に行く」をすることは決してありません。

戦闘はプロがやることです。
所定の訓練を受けた人が、戦闘に関わる所定のお仕事を担当します。
戦車の訓練を受けた人が戦車のお仕事をします。
戦闘機の訓練を受けた人が戦闘機のお仕事をします。
訓練を受けていない人に、それはできません。

自衛官であっても、戦闘機の訓練を受けていない人は戦闘機のお仕事はできません。
自衛官の中でも、「戦闘機のプロ」のみが、その担当をします。

自衛隊は、日本の代表として戦闘をします。
サッカー未経験者がサッカー日本代表に選ばれてワールドカップに出場することはあり得ませんよね。
サッカーのプロのうち、ワールドカップで試合をするに相応しいと選ばれた人だけが出場し、勝利を目指します。

サッカーの素人がワールドカップに出たら、負けてしまいます。
戦闘も同じです。
自衛官ではない人が戦闘に参加したら任務が遂行できません。
ワールドカップで負けても国民の命は無事ですが、戦闘はそうではありません。
任務の失敗が国民の生命や財産に直結するからこそ、それを担当する人は絶対にプロでなければならないんです。

あわせて読みたい

「自衛隊」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    三浦瑠麗氏発言 日英で認識に差

    小林恭子

  2. 2

    羽生結弦 五輪2連覇に複雑な韓国

    文春オンライン

  3. 3

    日韓合意に釘刺された文氏の誤算

    文春オンライン

  4. 4

    東京五輪 真夏回避は日本の責務

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    中学入試に思考力試す超難問出題

    NEWSポストセブン

  6. 6

    「妊娠は管理できる」という幻想

    中野円佳

  7. 7

    60歳以上の待遇劣化が抱える矛盾

    川北英隆

  8. 8

    北が工作員を手配する動機はない

    高英起

  9. 9

    就職難の韓国人女性が五輪に苦言

    NEWSポストセブン

  10. 10

    維新・足立議員が懲罰動議に反論

    足立康史

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。