記事

【ゲノム編集の未来】

ゲノム編集に関する報道が相次いでいます。遺伝子を狙い通りに書き換えるゲノム編集の新しい技術=CRISPR/Cas (クリスパー・キャス9))に私自身が初めて接したのは2年前のThe Economistの記事ですが、最新号にも登場しています。 

Newsweekも、研究を牽引しているジェニファー・ダウドナ(Jennifer Doudna)教授を特集。ダウドナ教授は、 "CRISPRのスター"と呼ばれ、ことしの日本国際賞の生命科学分野を受賞。文章のコピペのように遺伝子を編集できるというのでびっくりです。

[画像をブログで見る]
(The Economist)

The Economistの最新号にはGenetic engineering and transplantation – Cracking down on PERVs – CRISPR/Cas 9 gene editing may make pigs into organ donors for peopleゲノム編集と臓器移植~ブタ内在性レトロウイルス感染の防止~CRISPER/Cas9技術によるゲノム編集でブタの臓器がヒトに移植されることも)を掲載。

この中で、臓器移植を待っている患者がことし7月時点でアメリカだけで11万7000人にのぼり、「臓器の供給源を増やすことが必要だ」としています。

ブタの臓器をヒトに移植すると拒絶反応が起きるほか、PERV=ブタ内在性レトロウイルスが患者に感染するリスクがあるということです。

これを避けるため、米バイオテック企業のeGenesisのヤン( Luhan Yang)博士(31歳)らは、CRISPR/Cas 9と呼ばれるゲノム編集の技術を用いて、PERVを除去した上で安全に移植する方法を研究していて、PERV のない子ブタを30匹つくりだすことに成功したとのこと。

次は、拒絶反応が起きないよう、拒絶反応を起こすブタの遺伝子を取り除くことを目指しています。

記事は「ヒトに受け入れやすい遺伝子をブタの臓器に注入することにできるようになるかもしれない。そうなれば、特別な養豚場でヒトの臓器の代替を生産する日も近くなる」と結んでいます。

New York Timesは、In Breakthrough, Scientists Edit a Dangerous Mutation From Genes in Human Embryos (技術の躍進で科学者らはヒトの受精卵の遺伝子から危険な変異をゲノム編集で修正)と伝えています。

この中で、アメリカのOregon Health and Science Universityのミタリポフ(Shoukhrat Mitalipov)博士ら科学者グループがCRISPR/Cas9のゲノム編集技術をヒトの受精卵に使って、遺伝性の心臓病を引き起こす遺伝子変異を効率よく修復する実験に初めて成功したことを英科学誌Natureで発表したとしています。

これについて記事では「この研究は画期的な道しるべとなるもので、いつの日にか赤ちゃんを遺伝性疾患から守ることになる」と評価すると同時に「かつては恐れられ、考えられなかったヒトの遺伝子操作の事例でもあり、今後、デザインベイビーを作りだす動きが出るのではないかという倫理的な懸念が広がるだろう」と指摘しています。

この記事で「人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな一歩だ」とコメントしているのが、CRISPR/Cas9の研究を一気に加速させたカリフォルニア大学のジェニファー・ダウドナ (Jennifer Doudna)教授です。

Newsweekがダウドナ教授のインタビューを掲載しています。

タイトルはGENE EDITING COULD STOP CANCER, DIABETES AND BIOTERRORISM: AN INTERVIEW WITH CRISPR SCIENTIST JENNIFER DOUDNA (ゲノム編集は、ガン、糖尿病それにバイオテロリズムを抑止できる可能性も~CRISPR科学者のダウドナ教授のインタビュー)。

上記、ミタリポフ博士らの研究について聞かれ「 CRISPR技術を使って遺伝子を狙い通りに書き換えるゲノム編集について私たちが発表して約5 年。まさか(一般紙の) New York Timesの見出しで見ることになるとは思いもしなかった」とゲノム編集技術の研究がどんどん進んでいることを驚いている様子でした。

さらに「世界の科学者、医療関係者には CRISPRを用いた臨床研究を急がないようお願いしたい」とも述べていて、世論が新しい技術を受け入れる時間が必要だという考えを示しました。

あわせて読みたい

「ヒトゲノム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    朝日が仏大統領発言でっち上げか

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    内閣改造で消えた小池・野田新党

    PRESIDENT Online

  3. 3

    米国が12月以降に北朝鮮を攻撃か

    高英起

  4. 4

    温泉更衣室の防犯カメラは違法か

    花水木法律事務所

  5. 5

    iPhone X購入の前にWi-Fi導入を

    永江一石

  6. 6

    よしのり氏 小池新党はいらない

    小林よしのり

  7. 7

    核武装した北との共存ありえない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    アラフィフの後悔 1位は「勉強」

    キャリコネニュース

  9. 9

    日本人の稼ぐ力 今や他国の7割に

    THE PAGE

  10. 10

    小林麻耶が海老蔵の家を出た事情

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。