記事

終わらせるぞ、夏休みの宿題。お盆休みだからこそ、子どもたちが来られる「場」を創って。

1/2

※写真はイメージ(http://photopin.com/)

挨拶をすると、小さな声で「おはようございます」と返してくれた子どもたち。お盆休みの三日間、夏休みの宿題を終わらせることを目標に学習スペースを開放している。それぞれのスケジュールに応じて午前中から来てもいいし、午後からでも構わない。勉強したいことがあれば宿題でなくてもいい。

夏休みは親にとって難しい時期でもある。普段は月曜日から金曜日まで、朝自宅を出て夕方頃に帰宅するまで学校におり、昼食は給食などで賄われる。我が子が誰とどこに出かけているかを心配することもない。しかし、その学校がなくなる夏休みは、親にとって心配事が増えるが、だからといって一か月近く仕事を休むことも現実的ではない。

お盆の時期を中心に仕事を休み、子どもたちと夏休みを過ごす家庭が少なくないのではないかと感じる。いつもなら渋滞する道路も、潰されそうなほど圧迫される満員電車も、この時期は別世界だからだ。

その一方で、お盆だからこそ仕事が休めない職場がある。また、仕事を休むことで収入が減ってしまうため、経済的に休むという選択をすることが難しい家庭もある。そんなお盆の時期だからこそ、学校ではない「場」を開放することで、子どもたちにとっての居場所となり、親の安心につながるのではないか。そう考え、今夏も学習スペースを開放した。

今年は特に来所する子どもたちが多い。一日だけ来所する子もいれば、三日間の来所を希望している子もいる。その理由は三つあると考える。ひとつは、子どもたちが通所する理由(目標)を、”夏休みの宿題を終わらせる”としたこと。子どもはもちろんのこと、宿題は終わらせて提出すべきもので、子どもたちにとっても、親にとっても利用理由が明確になる。

ふたつ目は、昼食が出ること。育て上げネットでは、自分たちで食事を作ることができないため、「地域給食」をコンセプトに商店街の個店やお弁当屋さんで食事をする。食材を仕入れて加工するわけではないため、どうしても割高になってしまうが、店主や店員と子どもたちが顔見知りになりやすく、子どもたちは一定の範囲内ではあるがメニューから好きなものを選択することができる。

毎回似たようなものばかり注文する子どもには、やんわり栄養バランスについて食べながら伝えることもできる。

当初は想定していなかったが、ある個店主からは「どんな形であれお客さまとして来てくれて、一方で地域の子どもたちがお腹いっぱいになってくれるのはとても嬉しい」との言葉をいただいた。

最後、三つ目は交通費が出ることだ。近隣に居住していれば徒歩や自転車で通ってくるが、少し離れた地域から利用する場合には電車代やバス代がネックになる。家庭はそこまで拠出する余力がない。その部分をカバーすることで子どもたちが、家計のことを気にすることなく通うことを親に伝えやすくなった。

それ以外にも、一部ではあるが、地元で”このような場所”に通う自分を友人に知られたくない子どもにとっては、学区も市区町村も越えた場所に行くことは、ある種の安心につながるようだ。

ある中学生は、受験を視野に入れながらも中学一年から英語に苦手意識を持ち、教室の前でいま何をやっているのかわからなくなった。当然、宿題として課されたワークブックも意味がわからない。しかし、宿題は終わらせなければならないということで、ワークブックの問題は空欄で、回答を見て赤字で解を埋める。そのためワークブックは真っ赤となる。

あわせて読みたい

「夏休み」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    朝日が仏大統領発言でっち上げか

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    内閣改造で消えた小池・野田新党

    PRESIDENT Online

  3. 3

    米国が12月以降に北朝鮮を攻撃か

    高英起

  4. 4

    温泉更衣室の防犯カメラは違法か

    花水木法律事務所

  5. 5

    iPhone X購入の前にWi-Fi導入を

    永江一石

  6. 6

    核武装した北との共存ありえない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    よしのり氏 小池新党はいらない

    小林よしのり

  8. 8

    アラフィフの後悔 1位は「勉強」

    キャリコネニュース

  9. 9

    日本人の稼ぐ力 今や他国の7割に

    THE PAGE

  10. 10

    信用なくてもツキはある安倍首相

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。