記事

不動産投資を否定する人の「3つの特徴」

1/2

image

ブログやメールマガジンで、不動産投資に関する記事を書くと、否定的な反応をする人がいます。陰でコソコソしないで、堂々と言ってもらえば、きちんと説明するのですが、どうやらそんな行動力もない人たちばかりのようです。

いつも言っているように、投資には必ずリスクがあります。しかし、リスクばかり心配していたら、何もできません。投資に限らず、人生自体がリスクの連続です。大切なのは、重箱の隅を突くようにリスクを指摘して悦に入ることではなく、リスクとどう付き合ってコントロールしていくかの具体案を立て、実行することです。

不動産投資にネガティブな批判をする人には、こんな特徴があります。

特徴1 先入観や偏見が強すぎる

「不動産投資=危険」あるいは「借り入れ=悪いこと」といった先入観や偏見を持っていて、はなから投資対象として除外して考えています。私自身も以前はそのような偏見だらけの男で、「呪縛」から解き放たれるまでに生まれてから50年近くかかったので、その心境はよく理解できます(笑)。

確かに、金融商品に比べれば不動産は投資金額も大きいですし、流動性も低くなります。しかし、その見返りとして十分なリターンが期待できるのであれば、投資対象として、バイアスをかけず、素直に検討してみれば良いだけのことです。

特徴2 正しい情報を収集できていない

不動産といっても、その投資対象は千差万別です。投資信託にも様々な投資対象があるのと同じです。

しかし、国内不動産と言うと、人口減少で貸家の空室問題がこれから深刻化するので不動産投資は危険といったステレオタイプな判断をしていまうのです。現実を見ると、同じ不動産でも東京の都心部の利便性の良い中古ワンルームマンションは空室がほとんど無く、日本全体の不動産投資環境とは大きく異なります。

あるいは、不動産が経年劣化で価格が下落するので、家賃が入ってもリターンにつながらないという意見もあります。しかし、これも調べてみれば中古の不動産に関しては経年劣化による価格下落は想定より小さく、上昇するか下落するかは、むしろ市場環境に影響されることがわかります。

どれも、ちょっと調べればわかることばかりです。正しい情報のインプット無しに、正しい結論は出てきません。

あわせて読みたい

「不動産」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  2. 2

    本物?「三億円犯人」に直接取材

    BLOGOS編集部

  3. 3

    「考え方が甘い」時差Bizに指摘

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    石田純一の改憲反対に感じた覚悟

    篠田博之

  5. 5

    秋篠宮さま 小室親子はもう他人

    女性自身

  6. 6

    有休義務化 日本はやせ我慢社会

    自由人

  7. 7

    百田氏が憶測で沢田研二叩き謝罪

    女性自身

  8. 8

    築地の営業強行は小池知事の責任

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    AI無人店舗は万引きの概念変える

    赤木智弘

  10. 10

    業界人が「干される」実態を告白

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。