記事
  • L.star

「オランダでは新生児の50%はイスラム教徒」はデマ

1/2
某所で「オランダでは新生児の50%はイスラム教徒らしいね」という話をされた。しかし、最近ベビーカー選びのために新生児の乗ったベビーカーをかなり見ていたが、どう考えてもイスラム教徒とおぼしき人たちはそんなに多くない。ぐぐってみると2chソースっぽいのばかりで、だいたいは今年に入ってから。

もうその時点で「オランダが*外国人参政権導入により*ひどいことになっている」というのはガセとか書いたL.star的にはデマだと想像できるが、オランダという単語が入っているわけだし、果たして本当にそうだろうか調べてみた。結論から言うと、表題の通りデマ確定だった。
とりあえずgoogleで一番上にあった

欧米諸国の末路
から引用してみよう。
100年以内に欧米のキリスト文化はイスラム文化に取って変わられるとされる

・フランスの場合
フランスの出生率は1.8人。
イスラム教徒の出生率は、8.1人(!!!!!!!!)。
2027年、フランス人の5人に一人はイスラム教徒に。
39年後(2048年)、フランスはイスラム国家になる。
(要するに過半数がイスラム教徒になるということでしょう。)

・イギリスの場合
イスラム教徒の数はここ30年で、8万2000人から250万人まで30倍増加。
新生児の最も多い名前が「モハメッド」くん

・オランダの場合
新生児の50%(!)はイスラム教徒。15年後、オランダはイスラム国家になる。

・ベルギー
人口の25%はイスラム教徒。新生児の50%はイスラム教徒。

・ドイツ
2050年にイスラム国家に。
ドイツ政府によると、現在欧州には5200万人のイスラム教徒がいる。
それが20年後には、1億400万人まで増加する。

・アメリカ
1970年、アメリカのイスラム教徒はわずか10万人。
それが2008年には900万人(!)まで増加。
30年後、イスラム教徒の数は5000万人まで増える。

出生率8.1とかどう考えてもデマっぽい。ソースは全く見あたらないが、どうやら元ネタは以下のyoutubeっぽい。

Muslim Demographics

しかし最初に見つかったのは実はこいつよりこいつを検証したサイトである。検証の手間が省けてとってもありがたい。

Muslim Demographics -- fact vs. fiction
Muslim Demographics

下の方がずいぶん詳しく検証されているので、参考にしてみよう。なお、どちらも書かれたのは2009年なので、もう1年以上前の話である。2年前に海外で否定されたデマが今になって2chではやっていることになる。

フランスのイスラム人出生率のデータはないそうだが、オランダの場合ムスリム率は約5%、人口は2000万弱だから。100万人弱である。これとオランダの出生率1.66と言う数字から計算するに、新生児の半分がムスリムであるためには、在オランダイスラム人の出生率は26.0にもなる。もはや到底出生率には見えない。

それにそんなに高いのなら、一度ぐらいは10人ぐらいイスラム人の子どもを連れた夫婦を見たことがあるはずだろうが、見たことはない。あるいは統計のトリックでそうなるかもしれないが、そうなるには殆どのムスリム世帯がここ数年以内に何人も子供を産んだ、と言う異常な状況でもない限りあり得ない。

まあ特定区域の、というとそういう地域がある可能性はある。しかし大阪市生野区の例を持って「日本は」と言ってしまうのは完璧な間違いである。

ついでだから他の部分もみていこう。原文の方にソースは示してあるので、必要と思う方はそちらを参照されたし。

トピックス

ランキング

  1. 1

    加計学園の「嘘」は極めて不自然

    大串博志

  2. 2

    新潟少女殺害 容疑者家族に疑問

    女性自身

  3. 3

    なぜ国民は安倍内閣支持するのか

    田原総一朗

  4. 4

    内田前監督に日大OB「情けない」

    文春オンライン

  5. 5

    加計学園はマスコミに全てを語れ

    早川忠孝

  6. 6

    夫の年収1500万円でも半数は不満

    キャリコネニュース

  7. 7

    「ツンデレ外交」失敗した北朝鮮

    自由人

  8. 8

    日大選手の寛大な処分求め嘆願書

    AbemaTIMES

  9. 9

    悪者から逆転した日大選手の謝罪

    かさこ

  10. 10

    日大と首相に共通するルール破り

    志村建世

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。