記事

AIとロボットは人の仕事を奪うか〜法事

Pepper導師が読経や説法を担当 SF感ある“IT葬儀”登場

これは意外性のある展開で、あちこちで話題となっている。概ね不評なのだが、みんなが飛びつくところを見ると(私もだが)、案外目の付け所は良いのかもしれない。

よく、AIロボットが人間の仕事を奪うかということが話題となるが、果たして僧侶はロボットが取って代わることのできる職業だろうか?

人の僧侶がやっている具体的な作業は、決まりきったものと会葬者や弔われる対象ごとに異なるものとがあり得るとして、昔は決まりきった作業なら機械で代替可能だけど人を相手にする作業は無理と言われたものだ。しかし、今は、ディープラーニング僧侶がどこまでできるか、はっきりしたことは言えない。人とのコミュニケーションが機械にできないとは言い切れない段階に来ていそうではある。

それに対して、僧侶の場合は信仰がネックになるという反論があろう。
しかし、現代人の「信仰」というのがどこまでネックになるのかは疑問だ。人間の僧侶が執り行う儀式に対して、参集者が宗教心からそれをありがたがっているのかというと、そうは言えないような気がする。

そもそも信仰心が鍵であれば、宗派の異なる葬儀、場合によっては神式やキリスト教式でも執り行われる葬儀に、多くの人が違和感なくどれにも参列することなどあり得ないはずだ。信仰心をもつ人は、しばしば他の宗教による儀式に参列を拒んだりもする。ただし、最近では法王クラスが他の宗教指導者と儀式を共にしたりするので、なんとも言い難いのだが。

葬儀にデジタル技術やITが入り込むのが違和感ということも言えなかろう。すでに遺影はデジタル技術が大幅に取り入れられて、華やかな背景付きとなっているし、装飾というかお供えというかも、ITによる高度化が提案されれば、受け入れられるかもしれない。

読経だって、宗教心のない者にとっては、音声データにより流されることもあり得るところだ。もうそこまでくれば、ロボット型のスピーカーがお経らしき音声を流すのだってありかもしれない。

時間になったので、ここで終わり。結局、そうまでして仏式の葬式にこだわるのもわからなくなってくるのだ。

あわせて読みたい

「Pepper」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    若い世代ほど麻生氏支持のワケ

    永江一石

  2. 2

    小西氏罵倒 自衛官の屈辱に理解

    中田宏

  3. 3

    小室さん母 出勤往復にタクシー

    女性自身

  4. 4

    防衛省が国民の敵発言を隠ぺいか

    小西洋之

  5. 5

    林大臣が通う「個室ヨガ」の実態

    NEWSポストセブン

  6. 6

    逆効果?野党の#MeToo運動に苦言

    大西宏

  7. 7

    林大臣 公用車でキャバクラヨガ?

    文春オンライン

  8. 8

    希望と民進「国民民主党」で合意

    民進党

  9. 9

    世論理由に辞任求めるのは間違い

    常見陽平

  10. 10

    内閣支持率3割切るも野党は低迷

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。