記事

神社の関係者で、戦争の反省を述べた人、神社の戦争責任を述べた人など見たことがない

1/2

8月になっていろいろ考えるんですが、私の知る限りということで話をします。

私はいまだかつて、神社の人、神社本庁にいる人のたぐいが、国家神道への反省、神社の戦争責任、戦争への反省を述べたというのを、見たことも聞いたこともありません。戦後そういった発言が全くなかったかどうかは分かりませんが、神社本庁から靖国神社のようなところ、はたまた一般の神職など、こういった人たちから上のような発言や文書を出したのを知りません。

いや、さすがに関係者の全員がそういったことを反省していない、考えてはいないとは私も思いませんよ。あれは良くなかった、現在の神社の態度はまずいと考えている人もそれなりにはいると思います。しかしその意見がまるで外に聞こえないのも事実でしょう。

たぶんですが、そのような発言をしたら神社の世界から追放もしくはそれに近い扱いをされるんじゃないんですかね。そう考えれば、神社業界がそういう態度なども理解できます。もちろん「いい」「仕方ない」と言っているのじゃありませんよ、ねんのため。

それでですよ、そういったことの反省を示さずして、神社とかが世間にまともに対峙できるのかなと考えます。できない相談じゃないですかね。

「神社本庁」とか、役人でもなんでもないのに、神社の関係者はあたかも公務員、国家機関であるかのような呼称を僭称しています。これだって「いくらなんでも」と考える内部の人たちも少なくないのかもですが、一向に改まりません。つまりは神社の関係者は、最終的には国家神道の復活をねらっているんじゃないんですかね。そうだとしたらとんでもないにも程があるというものです。

仏教界にしてもキリスト教界にしても、さすがに自分たちの戦争責任についてはそれなりに反省はしています。それらをどう評価するかはともかく、少なくとも自分たちの過去を居直ったりはしていないでしょう。しかし神社とか神道とかは、そういったことを反省するという態度がまるでないですね。ポーズとして反省するなんていう態度すらない。つまり神社の幹部たちは、国家神道も、過去の戦争も、ぜんぜん悪くないと本気で考えいるんでしょうね。個人個人の考えはともかく組織としてはそう考えているのでしょう。

あまりにひどい時代錯誤としか思えませんね。たとえばキリスト教会全体だって、過去に宣教師が帝国主義的侵略の先兵になったなんてことにはそれなりに反省しているでしょうし、さすがに現場の宣教師たちだって昔ほどは自分たちの立場や行為を居直ってはいないんじゃないんですかね。少なくとも宗教家だろうがなんだろうが、まともな人間やまともな組織なら、自分たち、自分たちの組織の過去についてそれなりの反省はするでしょう。

あわせて読みたい

「戦争」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    パチンコ団体の無茶な主張に呆れ

    宇佐美典也

  2. 2

    議員秘書が明かす蓮舫氏の悪評

    fujipon

  3. 3

    発言捏造? 水原希子の動画を検証

    西村博之/ひろゆき

  4. 4

    橋下氏「北対策はヤクザに聞け」

    PRESIDENT Online

  5. 5

    解散を要求していたのは野党側

    和田政宗

  6. 6

    キンコン西野「素人の演出迷惑」

    メディアゴン

  7. 7

    よしのり氏「山尾氏は謝罪不要」

    小林よしのり

  8. 8

    民進・岡田氏 解散の違憲性指摘

    岡田克也

  9. 9

    豊田議員糾弾は大衆によるリンチ

    小林よしのり

  10. 10

    姜尚中氏語る「戦争回避」の道筋

    亀松太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。