記事

インターンで"内定"がもらえるとは本当か

1/2

(新卒採用アナリスト・コンサルタント 谷出 正直)

売り手市場といわれる新卒採用。「解禁時期」の見直しなどの影響で、学生が企業で就業体験を行う「インターンシップ」の中身がだんだんと変わってきている。就活生の間では「インターンシップは内定に有利」という噂も広まっているようだ。実態はどうなのか。新卒採用アナリストの谷出正直氏が検証する――。

■「就業体験」と「セミナー」

2018年度卒の新卒採用は、就活生(求職者)が優位な「売り手市場」となっており、7月1日時点で、大学生の内定取得状況が79.1%。前年に比べて、8.0%増えています(リクルートキャリア調べ)。企業の採用意欲は高いまま推移しているため、早くから採用活動に取り組むことで、採用者の人数や質を確保していきたい企業が増えています。この「早くから」に影響を与えているのが「インターンシップ」です。

インターンシップそのものは以前から行われてきましたが、近年、その仕組みや目的が変化してきました。



現在のインターンシップは、「就業体験」と「セミナー型」に分かれます。「就業体験」は、本来のインターンシップの意味であり、実際の仕事を体験する内容になります。インターンシップ期間は5日間から1カ月間、数カ月単位や、長いと1年間や2年間という年単位で行うこともあります。実際の仕事を社員と同じように行えるため、具体的に仕事内容ややりがい、一緒に働く人との関係性、その企業の社風や文化を知ることができます。

一方、長期間の拘束になるので、大学の授業や学生生活に影響を与えます。授業を欠席したり、サークルや部活、学生ならではの自由な時間を使った取り組みができなくなったりします。一部の学生は、留学、休学をして長期間のインターンシップに参加する学生もいるほどです。

対して、「セミナー型」は会社説明会や先輩社員の声を聴くなどセミナー形式のものや、グループワークや課題などに取り組みます。開催日数として1日が多いため「1dayインターンシップ」とも呼ばれます。セミナーであることが多いので、業界や会社、仕事について知ることができます。

手軽に開催できる「1dayインターンシップ」が多くの企業で行われており、インターンシップの本来の意味である、就業体験という実体が伴わないと言われるようになってきました。

■採用広報解禁のルール破りが横行

そういったことから、現在、インターンシップという言葉は「就業体験」と「セミナー型」の両方が言葉の意味に含まれて、使われています。学生にとって、「就業体験」であろうと「セミナー型」であろうと、就職活動の広報解禁前に、企業と接点を持つことはインターンシップ。企業がインターンシップという名称を使った取り組みを行うと、それはインターンシップと認識します。

2017年6月に文部科学省が発表した資料によると、インターンシップに参加した学生の約2割が、インターンシップに参加した企業から内定を取得したという結果があります。インターンシップが新卒採用(就職活動)と密接に関係するようになってきました。

もちろん現在の新卒採用のルールとして、経団連は「採用広報の解禁は3月、選考の解禁は6月」と示しています。ですが、現状は解禁月よりも先に広報や選考が行われています。あくまで経団連が示しているのは指針であり、守るべき強制力はありません。またルールを破ったからといって罰則があるわけでもありません。そのため、ルールを破る企業が続出しています。

特に、売り手の採用環境なので早くから採用活動を行いたいという企業の思いが、よりルールを破る行為へとつながっています。インターンシップの広報が新卒採用の広報としての機能を果たし、また、インターンシップを通じて得た企業と学生との接点が選考としての機能も果たしている、という面もあります。

■インターンシップ増加の理由

この数年間でインターンシップを実施する企業は年々増加しており、また、参加学生も増加しています。なぜ、この数年で増えたのでしょうか?

インターンシップを実施する企業が増加した背景として、1つは、新卒採用が「売り手市場」になっているため、企業が学生に早く接触したいと考えるからです。就職活動中、学生は、一定数の企業の選考にしか進みません。時間的な制約があるため、興味がある企業の全ての選考に参加できないのです。

企業としては、優秀な学生に自社の選考を受けてほしい。そのためには、まずは自社を知ってほしいと考えます。そのため、解禁時期より前から活動ができる「インターンシップ」に注目が集まったのです。

2つ目として、新卒採用のスケジュールが後ろ倒しになり、採用広報解禁までの時間に余裕ができたことが挙げられます。これまで企業は、主に大学3年生、大学院1年生を対象に夏(学生の夏休み中)にインターンシップを実施していました。

ところが、16年度新卒採用から新卒採用のスケジュールが後ろ倒しになりました。それまでの12月広報解禁、4月選考解禁を、それぞれ3月、8月に変更したのです。その結果、早く学生と接点を持ちたい企業が、広報解禁前の動きを積極的にしました。そして、夏だけでなく、秋や冬にもインターンシップが実施されるようになったのです。

特に冬(1月~2月)は、実施企業が多く、夏よりも実施企業数が上回るようになりました。理由は簡単です。新卒採用の広報解禁の直前に企業を知ってもらう。そして、解禁とともにその企業へ応募、選考へとひと続きにつなげたいためです。インターンシップで学生と出会ってから時間がたってしまうと、学生がその企業の印象、イメージを失っていく可能性が高くなり、応募や選考につながりにくくなります。

あわせて読みたい

「就職活動」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    定年後は蕎麦打ち職人になるな

    内藤忍

  3. 3

    海老蔵と麻耶 歌舞伎界の非常識

    NEWSポストセブン

  4. 4

    今度こそ北朝鮮の崩壊は秒読みか

    自由人

  5. 5

    豊田議員あと一歩で逃げ切り逃す

    文化通信特報版

  6. 6

    金正恩氏が米国への本音を吐露か

    高英起

  7. 7

    「部落差別を語るな」は間違い

    SYNODOS

  8. 8

    共産の要求激化で選挙協力崩壊か

    猪野 亨

  9. 9

    安倍首相の目的は権力の延命だけ

    小林よしのり

  10. 10

    老後の同窓会は成功者しか来ない

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。