記事

終戦記念日なので今年も靖国神社に行ってきた

2017年8月15日。小雨交じりの靖国神社へ参拝に行ってきました。

終戦記念日当日に靖国神社を訪れるのは3度目ですが、あいにくの空模様もあってか、今年は参拝客が少なく感じます。

5年前の参拝と大きく違ったのは、高齢者の参拝客が減っていたこと。

終戦記念日の靖国・それぞれの祈り - BLOGOS(2012年8月15日)

終戦から72年。遺族の高齢化を肌で感じる一日となりました。

終戦記念日の靖国神社はお祭り騒ぎ

九段下の駅を降りて坂道…には警察の皆様。暑い中ご苦労様です。

靖国神社へ向かう道では様々な団体がPRに繰り出しています。まずは東京オリンピックに台湾として出させろ!とのこと。

憲法改正を求める市民団体。櫻井よしこさんのとこですね。

幸福の科学出版の「ザ・リバティ」。他にも宗教団体の勧誘たくさんやってたなあ。皆さんそうなんですけど、終戦記念日の靖国神社って、特別な場所なわけじゃないですか。人がたくさん来るからってのはわかりますけど、ここを勧誘の場所にするのやめません?なんかこう、さもしいというか、みっともないというか、恥ずかしい気持ちになりますよね。

そんな勧誘を振り切り靖国神社へ到着。完全無宗教の僕ですら、ここに来ると身が引き締まる思いがします。

中央のテントでは、毎年集会をやっています。

右側の皆さんも元気ハツラツ。

これまた毎年恒例の日本軍コスプレの皆さん。

行進してます。若い子もいるね。

参道はそれなりに賑やかですが、お社が近づいてくるにつれ、ピリッとした空気に。

本殿に到着しました。黙祷まであと10分、というところです。

2017年8月15日正午。黙祷。

皆さんそれぞれに手を合わせ、祈っていらっしゃいました。

今年は、街宣車と機動隊の小競り合いもなく、実に平和な靖国参拝でした。本来こうあるべきですよね。



終戦から72年、リアルで戦争を知っている人たちがどんどん減っていきます。毎年この時期になると「戦争の記憶」みたいな企画が山ほど出てきて「もういいよ」と思いますが、毎年1回でもしっかりと戦争の凄惨さを伝えていかないと、「やっちゃえ中韓」みたいなお気楽な人たちが増えてきたり、逆に「話せば分かる」みたいなお花畑な人も出てくる。

人の歴史は戦争の歴史。今日も世界のあちこちでドンパチやって人が死んでいます。2度と世界大戦を起こさないために自分はどうしたらいいか、世界の、アジアの安全保障はどうなっているのか、8月15日くらいは少し考えてみませんか?

あわせて読みたい

「終戦記念日」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    デリヘルに素人専門が増えた理由

    PRESIDENT Online

  2. 2

    質問力なし 報道のTBSは死んだ

    和田政宗

  3. 3

    小池氏会見まるでイキった大学生

    キャリコネニュース

  4. 4

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  5. 5

    橋下氏 解散批判する野党に苦言

    橋下徹

  6. 6

    小池氏登場で自民圧勝は不確実に

    近藤駿介

  7. 7

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  8. 8

    北外相「米爆撃機撃墜の権利も」

    ロイター

  9. 9

    宣戦布告発言は米と北の戦争抑止

    篠田 英朗

  10. 10

    小池結党宣言は安倍会見を陳腐に

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。