記事

ストーカー被害 相談してもまだまだ理解されにくいのが現実

1/2
ストーカー被害を認められる苦労

【ストーカー被害を認められる苦労】

 アイドルへクソリプを送り続ける、Twitterでつまらない言葉を次々と送り続ける迷惑行為が少し前に話題になった。このクソリプは、それに対する返答や無視されることが気に入らないなどとエスカレートすると、ストーカー行為に発展する可能性もある。SNS上でのストーカー行為について、昨年5月の小金井ストーカー殺人未遂事件をきっかけに法改正され、ストーカー規制法でも今年1月から対応している。これでストーカー被害者も訴えやすくなったのかといえば、現実はそうでもない。

「数時間おきに『首をしめにいくよ』『今度は息をふさごうか』などとTwitterでつきまとわれていました。ブロックしても、すぐに別のアカウントをつくって同じようにやってくる。あまりにひどいから相談したのですが、『殺す』とか『死ね』とは言われてないからと、被害者だと認めてもらえませんでした。相談にいくのもすごく勇気を出していったのに、警察の人は深刻さを全然、理解してもらえない」

 そうため息をつくのは、都内に住む優依さん(仮名・21歳)。自宅最寄りの警察署へ相談に行ったが、そのときの担当者からは「何が問題かわからない」と言われた。

「被害に遭った方には気の毒ですが、小金井の事件が起きた後だからわかってもらえるかと思っていたのに。直接、危害を加える内容の言葉でないと、被害に遭ったと言えないと言われました」

 いまは、ストーカーの側の事情が変わったのか、数時間おきにSNSで脅される状態はおさまっているというが、いつ復活するかわからないとおびえる日が続いている。

あわせて読みたい

「ストーカー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    大雪で帰宅命令より朝出社禁止に

    かさこ

  2. 2

    幸福の科学 総裁長男が衝撃退職

    女性自身

  3. 3

    橋下氏 会見開いた岩上氏を批判

    橋下徹

  4. 4

    東京は費用対効果的に雪対策ムリ

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    性行為なしの援助交際続ける少女

    渋井哲也

  6. 6

    白米を食べられない子供が増加中

    NEWSポストセブン

  7. 7

    堀江氏「新幹線高すぎ」に反響

    THE PAGE

  8. 8

    センター国語に直木賞作家が挑戦

    NEWSポストセブン

  9. 9

    羽生竜王vs藤井四段 対局は幻に?

    大村綾人

  10. 10

    安倍首相が平昌を欠席すべき理由

    門田隆将

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。