記事

東京新聞・望月記者の質問の水準を問うブログ記事は水準に達しているか?

1/2

 和田参議院議員が「東京新聞・望月記者の質問は水準に達しているか?( http://blogos.com/article/240281/ )」というなかなか刺激的なタイトルの記事をアップされました。放っておけばいいのでしょうが、まあ刺激的で面白いですので、私は一丁このブログ記事の水準を評価させて頂こうと思います。

 因みに記者会見について私は質問を受ける側ですが、和田議員の古巣のNHKの記者さん含め少なからぬ記者さんから、「週刊誌や他のメディアの情報をもとに質問をしている」と思しき、和田議員に言わせると「レベルが低い」質問を受ける事は相応にあります。とはいえ、まあ記者会見における質問を私自身がやったことがあるわけではなく、この点については和田議員に一日の長があるわけですから、和田議員が自らの経験に基づいて望月記者の質問を評価されるなら、それはそれでいいのだろうと思います。

 ところで私の前職は、弁護士だったりします。弁護士というのは、一般の方々の感覚とは異なり、法廷で弁論をする仕事というよりは、文書で自らの主張を相手に伝える仕事であり(裁判の主張はほとんど文書でなされます。)、自らの主張を相手にきちんと伝える文書を書く事については、私に一日の長があろうかと思います。という事で、弁護士視点から見て、和田議員のこのブログ記事が水準に達したものかどうか、誠に恐縮ながら勝手に評価させて頂こうと思います。

 弁護士の文書に限りませんが、ある事実に対する自らの評価を主張する文書(例えば望月記者の質問についての和田議員の評価を主張する和田議員のこのブログ記事がまさにこれに当たります)を書く際の定番の書き方は、①規範の鼎立 ②具体的事実に対する基準のあてはめ ③結論としての評価 の三段階を踏みます。

順を追って説明すると、①評価するには基準が必要ですので自分の評価基準となる規範を、何故その規範を使う事が正当なのか、その理由を含めて説明します。②次に、その規範に具体的事実がどのように当てはまるか理由を付して説明します。これがある事によって、その文書を読んだ人が、反論することが可能になります。逆に言うとこれによって自らの主張が、言いっぱなしでなく、反論にも応じられる責任ある言論となるわけです。

③ ①と②の結果を受けて、その現実をどう評価するか、その結論を書きます。③の結論としての評価は、①と②がある事で、恣意的なものではなく、きちんとした理由のあるものであり、反論にも対応できる責任ある主張であると、人に伝えることができるわけです。

あわせて読みたい

「マスコミ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    人気グラドル 枕営業告白の真意

    文化通信特報版

  2. 2

    NHK受信料700億円増も用途に疑問

    わんこ☆そば

  3. 3

    民進議員 無所属・岡田氏を批判

    櫻井充

  4. 4

    韓国籍離脱者が急増 兵役逃れで

    NewSphere

  5. 5

    年収1000万円の銀行員が続々転職

    キャリコネニュース

  6. 6

    相撲協会が貴乃花の支援者を提訴

    NEWSポストセブン

  7. 7

    農水省 一太郎→Word移行の本質

    大隅典子

  8. 8

    河野氏の韓国強硬外交は歴代突出

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    橋下氏 統一会派破談に「当然」

    橋下徹

  10. 10

    首相 北朝鮮情勢「むしろ悪化」

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。