記事

子どもの貧困、児童扶養手当etc

子どもの貧困について、国連児童基金(ユニセフ)が、先日、先進国中心の 経済協力開発機構(OECD)や欧州連合(EU)に加盟する41ヶ国についての 報告書を発表しました。

子どもの貧困や不平等の状況を順位付けしたもの です。対象にした10分野のうち、日本は「貧困の撲滅」で23位、家庭の所得 格差を比べた「不平等の削減」で32位と下位でした。

日本は、「飢餓の解消と 栄養改善」や「働きがいのある人間らしい仕事」の分野でいずれも1位でした が、相対的な貧困割合や所得格差で課題があることが、改めてわかりました。

この10分野は、「持続可能な開発目標(SDGs)」の17分野の中から、子どもに 関連の深い項目を選び、SDGsに関する先進国の子どもの状況をまとめた のは初めて、ということです。総合評価では、ノルウェーやドイツの順位が高く、 日本は12位でした。

子どもの貧困にも関係しますが、昨日13日、厚生労働省 は、低所得のひとり親家庭向けの児童扶養手当について、支給方法を見直す 方針を決めた、と報じられています。現在は4ヶ月ごとにまとめて支給して いますが、2ヶ月ごとに、2019年からする、ということです。

児童扶養手当を 受給しているのは、全国で約140万世帯(2015年度)です。金額は、所得に 応じて細かく定められていて、この児童扶養手当が大きな役割を果たしている ひとり親家庭が多くなっています。

4ヶ月に1度だと、手当を支給された月に 出費がかさむと、翌月以降の家計が苦しくなったり、「やりくりが難しい」として、 見直しを求める声が、以前からあったものです。

できれば毎月が、給食費や 家賃など、月ごとに支払うものが多いので、よいと思いますが、2ヶ月ごとに なったのは、一歩前進だと思います。

各地で、貧困家庭の子どもために、 学習支援や食事を提供する子ども食堂などが行われています。行政も そうした子どもたちや家庭の身になって、制度を見直していってほしいと 思います。

最近の軽井沢で見られる花、キキョウ、オミナエシ、コスモス、ツキミソウなど です。







あわせて読みたい

「子どもの貧困」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    パチンコ団体の無茶な主張に呆れ

    宇佐美典也

  2. 2

    発言捏造? 水原希子の動画を検証

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    解散を要求していたのは野党側

    和田政宗

  4. 4

    キンコン西野「素人の演出迷惑」

    メディアゴン

  5. 5

    よしのり氏「山尾氏は謝罪不要」

    小林よしのり

  6. 6

    豊田議員糾弾は大衆によるリンチ

    小林よしのり

  7. 7

    議員秘書が明かす蓮舫氏の悪評

    fujipon

  8. 8

    民進・岡田氏 解散の違憲性指摘

    岡田克也

  9. 9

    橋下氏「北対策はヤクザに聞け」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    トランプ氏 国連演説で北に警告

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。