記事

信長の草履を秀吉が温めていた逸話 信憑性は極めて低い

草履は温めていなかった?(写真提供:NHK 1996年放送『秀吉』より)

【草履は温めていなかった?(写真提供:NHK 1996年放送『秀吉』より)】

 歴史上の人物の中でも、繰り返し映画やドラマに描かれる人気者に織田信長と豊臣秀吉がいる。NHK大河ドラマでも、繰り返し描かれている。多彩なキャストの名演、怪演に、ついつい本当にあったことと思いがちだ。どこまでが史実で、どこからがフィクションなのだろうか。

●『信長 KING OF ZIPANGU』(1992年放送、主演・緒形直人)

 明智光秀(マイケル富岡)の謀叛を知った信長(緒形)は、自ら弓を取り、次々に相手を射倒していく。矢が尽きると薙刀に持ち替えて戦い、森蘭丸(石野太呂字)も雄々しく応戦する。

 本能寺の変に関して信頼性の高い史料である『信長公記』には、信長は初め弓で戦い、その後は槍で戦ったとある。ただし蘭丸が一緒に戦った記述はない。

 信長はとかくドラマでは“派手”になりがちで『功名が辻』(2006年放送、主演・仲間由紀恵)では、舘ひろし演じる信長が本能寺で鉄砲を持って奮戦。歴史作家の井手窪剛氏によると「銃を撃つ信長はドラマ上の演出」である。

●『秀吉』(1996年放送、主演・竹中直人)

〈雪の降るなか、信長(渡哲也)が現われる。さっと草履を揃える秀吉(竹中)。「草履がぬるい、尻に敷いたか」と信長に蹴りつけられた秀吉が答える。「抱いておりました」〉

 誰もが知る“猿”と呼ばれていた頃の秀吉と信長の出会いのシーンだが、「このエピソードは江戸中期以降の『絵本太閤記』が初出で、信憑性は極めて低い」(前出・井手窪氏)というのが定説だ。

※週刊ポスト2017年8月18・25日号

あわせて読みたい

「豊臣秀吉」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    朝日が仏大統領発言でっち上げか

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    内閣改造で消えた小池・野田新党

    PRESIDENT Online

  3. 3

    米国が12月以降に北朝鮮を攻撃か

    高英起

  4. 4

    信用なくてもツキはある安倍首相

    文春オンライン

  5. 5

    議員秘書が明かす蓮舫氏の悪評

    fujipon

  6. 6

    「米軍に勝てない」北幹部が動揺

    高英起

  7. 7

    姜尚中氏語る「戦争回避」の道筋

    亀松太郎

  8. 8

    小林麻耶が海老蔵の家を出た事情

    NEWSポストセブン

  9. 9

    安室奈美恵の引退に衝撃受けるな

    常見陽平

  10. 10

    アラフィフの後悔 1位は「勉強」

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。