記事

戦争を描くのが怖かった私に、水木しげる先生が教えてくれたこと 漫画家・今日マチ子が「戦争」を描く理由 - 「文春オンライン」編集部

1/2

 戦後72年。かの戦争体験の声が次第に聞けなくなっている今、証言者たちの“孫世代”の中に、声を拾い、研究を深め、表現をする人たちがいる。

 戦争から遠く離れて、今なぜ戦争を書くのか――。

 インタビューシリーズ第3回は漫画家の今日マチ子さん。2004年から始めたブログ「センネン画報」で注目されて活躍する中で、沖縄ひめゆり学徒隊から想を得て描き、「マームとジプシー」によって舞台化もされた『cocoon』や、『いちご戦争』『アノネ、』『ぱらいそ』と、少女たちの戦争を描き続けている。繊細なタッチそのままに、なぜ戦争を描くのか、理由を伺った。


 

――デビュー作の『センネン画報』をはじめ、今日さんの作品は淡く儚げな少女たちの日常をテーマにしているものも多いと思います。一方で、それとは全く違う「戦争」という非日常を描きはじめたのはどうしてなんですか?

今日 私が初めて戦争をテーマにしたのは、ひめゆりの女の子たちから想を得て描いた『cocoon』(2010年)ですが、これは担当編集者あっての作品なんです。彼女は沖縄出身で、少女目線のひめゆりの物語を描いてほしいと私を訪ねてくれたのですが、ほぼ同世代なのに沖縄戦の話を熱心に詳しく語ってくれたんです。その時に「どうしてこの人はこんなに戦争を語るのだろう」って結構ショックを受けたんですよ。私はどちらかというと、戦争を語ったり向き合うことが怖くて、避けていたので。

――怖かった?

今日 戦争は怖い、とにかく怖いというイメージだけが子どもの頃からあったんです。小学生のときに何度も接した戦争の話とか映像とかが生々しくて、強烈に残っていたんですね。それで、もういい、もうたくさん、という思いが正直あって……。


 

――では、戦争をテーマに漫画を描くことは相当な決断だったのではないですか?

今日 そうですね。まず私なんかには描けないという思いが強かったですし、こういう題材で漫画を描いたり、物語を作ることは何かとリスキーだということもわかっていましたから。ただ、『cocoon』の担当さんがこだわっていた、女の子を描き続けている私に戦争を描いてほしい、という熱意には何とかして応えたかったし、描くことで私なりの意味が見つかるはずだと決意したんです。

――作品に取り組む前には、欠かさず取材をするそうですね。

今日 ライターをしていた時期がありまして、ものを書くには必ず現地を取材するという鉄則が、なんとなくあるんです。『cocoon』は沖縄、『アノネ、』はアウシュビッツ、『ぱらいそ』は長崎を取材しました。

――怖い、描けないと思っていた戦争を、その後もテーマにし続けているのは、『cocoon』を描き終えて何か覚悟ができたからですか?

今日 というか、描ききれない部分が常に出てくるんですよね。『cocoon』は女の子しか出てこなかったから、今度は少年も入れようとか、敵を描こうとか。『アノネ、』は被害者と加害者の両方の視点から描いたものですが、毎回描けなかったことを追いかけている感じです。

有無を言わせない暴力を「ちぎれる」という描写でしているのかもしれない

――戦争を描くにあたっては残酷な場面や暴力描写に向き合わなければならないと思います。『cocoon』に限らず、たとえば『いちご戦争』だと、ポッキーに串刺しにされる少女兵、『ぱらいそ』だと空襲で一瞬にして絶命する少女……。今日さんが暴力を描きながら考えていることとは、どういうことなんでしょうか。


『いちご戦争』(河出書房新社)より

今日 そうですね……、戦争の暴力って、自分の体が一瞬でちぎれる怖さみたいなものだと思っていて、その怖さは忘れないようにして描いています。それまで元気にキャッキャ言っていた少女たちが、一瞬の爆発でちぎれて肉片になって飛び散っていくことの恐怖というか。

――斬られたり、撃たれたりするものとは違う、恐ろしさのようなものですか?

今日 抵抗することも、考えることも、恨むこともできない、一瞬で全てが終わることの恐ろしさというか……。そういう有無を言わせない暴力を、身体的に見せつけるのが「ちぎれる」という描写なのかもしれません。


そういう有無を言わせない暴力を、身体的に見せつけるのが「ちぎれる」という描写なのかもしれません


『cocoon』©今日マチ子(秋田書店)2010

――激しい描写とは別に、ちょっとした体の動きがあるコマも印象に残ります。たとえば『cocoon』の中に、洞窟の中で立ったまま眠ってしまう少女の場面がありますよね。


『cocoon』©今日マチ子(秋田書店)2010

今日 この場面は、本当にそういう話が残っていて、それを元に描いているんですけど、今の人だってあまりに疲れて帰りの電車で立ったままウトウトすることありますよね。状況は全く違うけど、身体的に共感できるというか、想像できる回路がそこにある気がするんです。

――一方で、今日さんの作品には甘いものとか、宝石とか、戦争の対極にあるようなものがよく登場しますよね。

今日 特に『ぱらいそ』は大人への過渡期にある女の子だったり、娼婦である少女が登場することもあって、香水とか宝石とか、キラキラしたものを意識的に出しています。もちろん史実通りに細部を描くことも可能なんですけど、それは学習漫画とかで学ぶことができると思うんです。私がやろうと思っていることは、むしろ今の女の子が読んで、ちゃんと通じるようなリアリティーを描き込むこと。現代と戦中がイメージ的にごっちゃになってでも、読んでくれている人に「自分たちの物語」としてちゃんと消化してほしいな、と思っているんです。だから、親しみやすいものを描き込んだり、あるいは身体に訴えるような描写を入れたりしているつもりです。


『ぱらいそ』©今日マチ子(秋田書店)2015

――今日さんが戦争を描く理由はそのあたりにあるのでしょうか。

今日 なぜ戦争を描くのかと言われれば、かつての少女も今の少女も、同じように生きて死んでいったよ、ということを画を通して伝えたいからですね。今も昔も変わらず、同じようなことに悩んだり、笑ったり、疲れたりしていたという。現在が過去と断絶してるわけじゃないことが、感覚として伝わるといいなあと思っています。理想は水木しげる先生の戦争漫画です。

『いちご戦争』は『総員玉砕せよ!』にかなり影響されてるんですよ

――水木作品のどんなところが理想なんですか?

今日 どの時代の人も受けとめることができる人間らしいところ、間抜けなところを描いているところです。水木作品は貸本時代のものも含めて一通りは読んでいて、やっぱり戦争漫画は体験者じゃないと描けないものだと思っていたこともあるんです。状況や時代が持つ細部のリアリティーは、私たち世代にはとても描けないから。でもある時、気がついたんですよね、水木作品の本当にすごいところは、戦争の悲惨さや過酷さを伝えるだけの漫画になっていないところだと。伝わってくるのは、特殊な状況でもサボったり、アホなことをする人間がいるということ。こういう、どの時代の読者も受け止めることができる人間を私も描いていけたらと思っています。


 

――子供の頃から平和教育に辟易したり、恐怖感を持っていた今日さんであっても、水木さんの作品はすんなりと入ってきた感じなんですね。

今日 水木作品は本当に好きですね。実は『いちご戦争』は「少女たちの南方戦線」という架空戦記をモチーフにしているんですが、私の南方イメージは水木先生の『総員玉砕せよ!』にかなり影響されてるんですよ。画風はまったく違うけど(笑)。


『いちご戦争』(河出書房新社)より

――今日さんの作品は一貫して細い線で描かれていますよね。

今日 今はそれほど細い線で描いてもいませんが、他の人と比べると細い方かもしれませんね。昔は0.1ミリのペンで描いていたこともありましたけど。

あわせて読みたい

「戦争」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「自民の勝利は当然」

    小林よしのり

  2. 2

    政治力失った小池氏 出処進退は

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    立憲民主は戦後最弱の野党第一党

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    保育士離職の原因は給与ではない

    石水智尚

  5. 5

    「小池の変」失敗の被害者は国民

    郷原信郎

  6. 6

    維新議員 相手陣営のデマに怒り

    足立康史

  7. 7

    若者は現実政党しか信じなかった

    門田隆将

  8. 8

    リセットされた菅直人氏への逆風

    川名 ゆうじ

  9. 9

    立憲の鍵を握る改憲派・枝野代表

    篠田 英朗

  10. 10

    希望の党失速 敗因は「曖昧さ」

    THE PAGE

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。