記事

東京新聞・望月記者の質問は水準に達しているか?

東京新聞の望月衣塑子記者による官房長官会見での質問。

ジャーナリストとして水準に達しているのかと疑問に思う質問があまりに多い。

週刊誌や他のメディアの情報をもとに質問をしているが、これは素人でも出来る質問。

私もジャーナリストとして数々の記者会見に出席してきたが、こういう記者は必ずいる。レベルが低い。

「こういう話があるが」と聞く場合はあるが、あくまで自分で裏付け取材をした上で、情報源の秘匿が必要であったり最後の一部分だけ詰めきれない時に使う質問の仕方。

この文春オンラインのインタビューでも望月記者は思い込みが多い。しっかり調査報道すべきものを、「きっとそうだ」はジャーナリズムではない。

望月記者は記者経験がそれなりにあるわけだが、これまで記者として何をやってきたのだろうか。今のようなことの繰り返しだったのだろうか。

ジャーナリズム全体がこの程度と思われてしまうとすれば悲しいこと。

ただ、あくまで質問は自由であり、聞かれたほうは真摯に質問に答える必要がある。しかし質問時間は無尽蔵にあるわけでなく、他の記者も質問がある。

だからこそ、質問にもクオリティーが求められる。それがジャーナリストとしての気概ではないだろうか。

『私が菅官房長官に「大きな声」で質問する理由 東京新聞・望月衣塑子記者インタビュー#1』(文春オンライン)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170811-00003766-bunshun-pol

あわせて読みたい

「東京新聞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの生ビール販売中止は正解

    ヒロ

  2. 2

    小室圭氏留学 皇室パワー利用か

    NEWSポストセブン

  3. 3

    「ドラクエ式」が被災地で大活躍

    中妻穣太

  4. 4

    山本太郎氏の品位欠く罵声に呆れ

    早川忠孝

  5. 5

    橋下氏「定数増法案は戦後最悪」

    AbemaTIMES

  6. 6

    田原氏「麻原彰晃はマジメな男」

    田原総一朗

  7. 7

    枝野幸男氏「私こそ保守本流」

    キャリコネニュース

  8. 8

    豪雨よりも欧州視察 立民に呆れ

    櫻井充

  9. 9

    川上量生氏 五輪事業辞任を説明

    川上量生

  10. 10

    野党の卑しい不信任決議案に反対

    足立康史

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。