記事

マンションの敷地からわかること

 マンションは普通、相続でまとまった土地が出たときや、再開発の一環で建設・分譲されることが多いです。そしてそのような場合、出来るだけ正方形や長方形に近い開発しやすい土地に建てられます。

 こうすることにより、柔軟な設計が可能になり日当たりや空間に配慮した、付加価値を取り入れることができるのです。

 しかし、なかなかまとまった土地が出ない地域などでは、L字型やV字型等のいかにも設計に苦慮したマンションしか建てられないこともあります。これは、一部にまとまった土地が出たけれども、その周りの地域の土地をうまく買収できなかったことを物語っています。

 これを逆の視点で見ると、この地域では今後もマンションは立ちにくいということがわかります。つまり、しばらくは高層建築物は出にくいのだから、多少低層階を買っても今が日当たりが良ければ、しばらくは大丈夫だと考えられる訳です。

 次々にマンションが建設される地域では、今は日当たりが良くても、新しいマンションが建つとどうなるかはわかりません。そういう意味では、このマンションはどういう経緯で建設されたのか、確認されると良いでしょう。マンションの敷地からでも、わかることはいろいろあります。

あわせて読みたい

「マンション」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    貴ノ岩叩きで手の平返すマスコミ

    キャリコネニュース

  2. 2

    板尾不倫騒動 ラブホ=SEXは古い

    メディアゴン

  3. 3

    三田佳子次男 元乃木坂に暴行か

    女性自身

  4. 4

    よしのり氏「杉村太蔵見直した」

    小林よしのり

  5. 5

    「レコ大」私物化のドン実名告発

    文春オンライン

  6. 6

    大阪市長の正論を非難する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    朝日新聞は憲法改正の認識が甘い

    小林よしのり

  8. 8

    ユニクロの闇は日本企業の行く末

    fujipon

  9. 9

    日産 会見出ないゴーン氏の思惑

    片山 修

  10. 10

    「アベ辞めろ」入らぬ流行語大賞

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。