記事

JT加熱式たばこ 無臭にこだわり続けた開発苦労は報われるか

1/2


【JTの加熱式たばこ「Ploom TECH」】

 受動喫煙防止の観点から、煙たがられる一方のスモーカー。だが、そんな肩身の狭い愛煙家の強い味方になりつつあるのが、火を使わず煙も少ない「加熱式たばこ」だ。

 ここわずか1年ほどの間に、従来の紙巻たばこから加熱式に乗り換えた喫煙者が急増。たばこ市場全体に占める加熱式たばこのシェアは15%を超え、2020年には30%になるとの予測もある。

 普及の先駆けとなったのは、米フィリップ・モリスが2016年4月から日本で発売した『IQOS(アイコス)』である。

 同社は専用たばこの葉を燃やさずに電気で高温加熱し、発生した蒸気を吸い込む方式を開発。ニコチンは含有しているものの、燃やさないことで発生する有害性成分の9割削減に成功したと発表。「たばこはやめたくないが、煙で周囲に迷惑もかけたくない」という喫煙者の悩みを見事に解消させた。

 一方、アイコスに負けじとオンラインを主体に販売拡大中なのが、日本たばこ産業(JT)の加熱式たばこ『Ploom TECH(プルーム・テック)』である。

 プルーム・テックはすでに昨年3月より福岡市限定で発売されていたが、注文が殺到。あまりの反響の大きさに生産が追い付かず、一旦販売中止となっていた。そして、ようやく満を持して東京での拡販にこぎつけた。新宿と銀座の大都市ではプルーム・テックが体感できる専門店をオープンさせ、連日、加熱式たばこに興味津々のスモーカーたちで賑わっている。

 それほど注目を浴びるプルーム・テックとはどんなたばこなのか。JTたばこ事業本部の担当者である高橋正尚氏(EPマーケティング部次長)が説明する。

「プルーム・テックは加熱式たばこの括りには入りますが、たばこの葉を直接高温で加熱しているわけではありません。

 カートリッジ内にあるリキッドを熱し、その際に出た蒸気をたばこ葉の詰まった専用カプセルを通して使用する「低温加熱方式」の仕組みになっています。言ってみれば、下から蒸気を通して中の成分だけを抽出するアロマオイルみたいなもの。味わいは水出しコーヒーのイメージといったら分かりやすいかもしれません」


【JTたばこ事業本部・EPマーケティング部次長の高橋正尚氏】

 たばこの葉を直接高温で加熱するアイコスと違い、プルーム・テックは低温加熱方式のため、においの発生を大幅に減少させているのが最大の特徴といえる。JTの調べでは紙巻きたばこの煙のにおいの濃さを100%とすると、プルーム・テックはわずか0.2%以下。実際、高橋氏に目の前で吸ってもらったが、臭覚を研ぎ澄ませてもまったくにおいを感じないレベルだ。

 どうしてそこまで“無臭”にこだわったのか。やはり、非喫煙者への配慮が最大の目的だと高橋氏はいう。

「われわれたばこメーカーとしては、もちろんたばこを吸われる方に支持されることがビジネス上大事ではありますが、『吸う人と吸わない人との共存』を会社ビジョンに掲げてマナー啓発や分煙活動を進めていく中で、たばこを吸われない方から理解を得ることも大事にしています。そのためには、たばこの臭いをいかに抑えるかといった課題には常に取り組んでいます。

 紙巻きたばこから発生するにおいは喫煙者でも気にされる方が多くなりました。髪の毛や衣服ににおいがついたり、壁が汚れたりといった不満から、周りへの配慮でプライベート空間でしかたばこを吸えないといった声まで様々いただきます。そういった意味では、プルーム・テックは双方から認めていただける商品だと自負しています」

 においの解消によって分断されていた喫煙者と非喫煙者のコミュニケーションが徐々に復活しているという。

「紙巻きたばこの喫煙は禁止されているものの、プルーム・テックは使用できるという場所が増えています。

“No SMOKING.Ploom TECH Only”という表示がある外食店では、席を外さなくてもたばこを吸う方と吸われない方が会話ができると好評ですし、自宅でも換気扇下やベランダが喫煙場所だったのが、普通に食卓やソファで吸えることから家族団らんの時間が増えたと喜ばれる方もいました」(高橋氏)

あわせて読みたい

「タバコ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    水原希子「日本人」発言は捏造

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    解散を要求していたのは野党側

    和田政宗

  3. 3

    豊田議員糾弾は大衆によるリンチ

    小林よしのり

  4. 4

    国民に刺さるのは左翼でない野党

    AbemaTIMES

  5. 5

    iPhoneXで生活は全く変わらない

    永江一石

  6. 6

    車道ベビーカーなら「日本死ね」

    花水木法律事務所

  7. 7

    都知事 秘書の異常待遇言及せず

    週刊金曜日編集部

  8. 8

    河村市長は衆院選出馬やめるべき

    早川忠孝

  9. 9

    10月解散総選挙なら自民の不戦勝

    NEWSポストセブン

  10. 10

    水原希子ヘイト騒動 本人も問題?

    メディアゴン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。