記事

お盆休みに、休みについて考える

今年のお盆休みは、山の日の次が土曜日で、6連休になる人もあり、あちこち出かける人も多いと思います。

軽井沢は、このところ、夕方から雨という日が多く、曇りベースの天気で、最高気温は25度超という、避暑地らしい気候になっています。

普段は、あまり車も人も通らない家の前の道も、車や人がひっきりなしに通っています。

お盆休みに、最近報道された「休み」についての記事から、休みについて考えてみます。

ひとつは、先日も取り上げましたが、鈴岡県吉田町が、来年度から、町内の小中学校の夏休みを最短で土日を含めて連続で16日間程度にする方向で検討していることについて。

忙しすぎる教師の負担を軽減するため、ということで、保護者の間でも賛否両論ある、ということです。

私は、父が学者だったので、子どもの頃から夏休みは、軽井沢で1ヶ月くらい一緒に過ごしました。

その時から、大好きな軽井沢に将来は住もうと思っていて、5年前に実現しました。

夏休みは、学校がある時には体験できないことに出会える貴重な期間だと思うので、この町の方針には賛同しかねますが、みなさんは、どのようにお考えでしょうか。

また、先日報じられていたのは、SOMPOホールディングス傘下の損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険は、9月から、育児や介護を抱える社員を対象に週休3日を導入する、ということです。

育児は小学3年生まで、介護は期間は問わず、1ヶ月前に休みを希望する曜日を申請し、給与は週1日分カットされ、時短勤務との併用もできるそうです。

週休3日制は、IT大手のヤフーが4月から、育児・介護のために申請すれば利用できる制度を導入しています。

宅配便大手の佐川急便は、ドライバーの一部に週休3日制を取り入れています。

また、新入社員の48%が、「まわりが残業でも帰る」と考えていることが、日本生産性本部が行った意識調査でわかりました。

「職場の上司、同僚が残業していても、自分の仕事が終わったら帰る」と答えた人が48.7%で、2001年度以降で最高でした。

仕事や休みに関する考え方が変わってきているのだと思います。

日本人は、有給休暇の取得率が半分位で推移していて、海外の人は当然の権利として休暇をとるので、説明してもわかってもらえなかった経験があります。

仕事一辺倒ではなく、家族との生活や休暇を大事にする方向に、働き方改革というからには、もっていってもらいたいと思います。

そうすれば、お盆休みやゴールデンウィークなどに、観光客等が殺到するということも緩和されるのでは、ないでしょうか。

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    1台で4000戸分?EVは本当にエコか

    大西宏

  2. 2

    庵野秀明 学校嫌なら逃げていい

    不登校新聞

  3. 3

    母子家庭の扶助減額は理解不能

    赤石千衣子 CHIEKO AKAISHI

  4. 4

    貴乃花の妻 女将からは評判最悪

    女性自身

  5. 5

    清水建設問題 下請け告発で発覚

    山口利昭

  6. 6

    貴乃花親方へ批判報道に妻が怒り

    女性自身

  7. 7

    よしのり氏 山尾氏守り「満足」

    小林よしのり

  8. 8

    小池劇場の終焉を天敵記者が激白

    AbemaTIMES

  9. 9

    貧乏暮らしが生活保護の基準か

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    死んでも祟る 富岡八幡宮の確執

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。